« それが性(さが)ってヤツですよ | トップページ | 感情移入方アイドル »

2009年5月12日 (火)

あっちゃん

512 言われるまで、わからなかった。

AKB48を語る上で欠かすことのできない人物の一人。
それが”あっちゃん”こと前田敦子である。
一見すると、そんなに目立つタイプではない。むしろ後方でおとなしくしているタイプのような印象を受ける。
しかし、この女の子こそが、AKB48の不動のセンターなのである。
今まで数多くのアイドルを見てきたが、彼女のようなセンターは初めてだ。

今までのパターンで行けば、センターポジションと言うのは、とにかくテレビに映りたい、早くソロデビューしたい・・・みたいな”前へ前へ”タイプだったのだが、彼女の場合は、そういう貪欲さが全くない。
しかし彼女には何か人を惹きつける何かがあるのは事実だ。それだけはわかる。
そこで、彼女の事を注視していると、だんだんセンターポジションを堅守している理由が見えてきたのだ。

そう彼女の最大の武器は”自然体"なのである。
格闘技で言えば、合気道のような身のこなし方で、他のライバルと互角に渡り合っている。
センターだからと言って、肩に力が入っておらず、譲るときには躊躇なくポジションを譲り、脇役に徹する。しかし最終的には、やはりセンターの定位置に戻っている。
意外と気が強いのではないだろうか?

そして、あの表情。
どこか頼りないような、守ってあげたくなるような・・・。
AKB48のフロントは、どちらかと言えば玄人っぽい、攻撃的なメンバーが多い中で、あっちゃんの存在は、逆に目立つ。真っ黒な画用紙に、真っ白な点がぽつんとあるような感じで。
おそらく、彼女のファンの多くは、気が強くて、どぉー見ても相手にしてくれなさそうなメンバーの中で、ただ一人、気弱な感じで頑張っている彼女を見て「僕が(私が)応援しなくっちゃ」的な感情を持ち応援しているに違いない。

あと・・・今やアイドルの必須うアイテムになった”笑い”に関しても同様に自然体だ。
本人は、あまり笑いを取ろうとして言っているわけではないだろうが、思わず吹き出してしまうような・・・どこかコミカルな動きをしたり、ユーモラスな発言をする。
俗に言う天然系なのだが、常識はあるので、イメージを壊すような事はない絶妙なバランス感覚の持ち主。

僕が思うに・・・まだまだ彼女には伸びシロがある。
あの”太田プロ”が見込んだのだから、こんなものでは終わらないんじゃないかな?

|

« それが性(さが)ってヤツですよ | トップページ | 感情移入方アイドル »

AKB48ソロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっちゃん:

« それが性(さが)ってヤツですよ | トップページ | 感情移入方アイドル »