« アイドル冬の時代 | トップページ | お誕生日おめでとう »

2009年6月23日 (火)

スタジオライブ

『涙サプライズ」が、いよいよ明日発売という事で・・・新曲発売ともなるとテレビへの出演が増えてくる。
一般的には歌番組へ出演するんだけど、自分達の冠番組を持っている場合は、その番組内で披露される。
ここで、よく話題になる3つのアイドルグループなんだけど、現段階でトップを走っているハロプロ→モーニング娘。は、ハロモニが終了してしまい、ハロプロ全体で見ても、最後の砦であった平日深夜の10分枠番組が終了してしまった。
現在では「美女放談」が、それらに変わるアップフロント系アイドルの出演番組となっているが、これは対談がメインなので、ここで新曲発表なんて事はないと思われます。

一方、AKB48とアイドリング!!!は、皆さんもご存知のとおり冠番組を持っています。
それも地上波ですからね。この差は大きいですよ。
とにかく音楽なんてものは聴いてもらわなくては、その良し悪しなんて判断できないものですからね。お気に入りのアイドル(アーティスト)だから・・・って理由だけで、無条件にCDを買ってくれる人なんて、ほとんどいないでしょうから、とにかく聴いてもらうチャンスをゲットしなくては!!

たぶん、こういう文章をハロヲタの皆さんが読んだりすると「ネットでPVが配信されているじゃないか!!」なんていう人がいるかもしれないけど、ネットとテレビって、根本的に違うんだよね。

ネットは、とにかく興味があって、検索しないと見つからない。
たとえば、モーニング娘。に興味があって、しかも新曲が発売される事を知っている・・・少なくとも、そういう人じゃないと、PVを見る行為にたどり着けないんだよね。
でもテレビは、たしかにAKB48やアイドリング!!!に興味がある人じゃないとチャンネルを合わせないのかもしれないけど・・・中には、何らかの理由で深夜までテレビをつけっぱなしにしていた人が偶然見るって事もあるじゃないですか?
僕は、その”偶然のきっかけ"ってヤツが、新しいファンを増やす一つの大きな方法だと思うんですよ。

さて、話は変わるんですけど。
このような冠番組で新曲発表時に放送されるスタジオライブ。
やっぱり慣れているスタジオで、慣れているスタッフが撮る映像って違うよね。
笑顔一つを見てもめっちゃ自然だもんね。
あと、とにかくカメラ割が最高だよ。きっと何度も撮影が出来るからだと思うんだけど、一曲の中でのみどころをしっかり押さえてくれている。
ホント、実際にコンサートに行って、ステージを見ていたら、こういう目の動きをするんだろうな。って思うようなカメラワークなんだよね。

あと、このスタジオライブの映像を見ると、通常のゲームとかをやっている放送では見えない部分が見えてくるんですよね。
それは、番組スタッフに好かれているメンバー。

たしかに、番組の本編同様、スタジオライブの映像も事務所サイドがチェックするので、あからさまな事はできないけど、カメラさんや編集担当が、細かいところで”贔屓”してくれているメンバーって言うのが、必ず存在するんです。

これは、何曲かスタジオライブを見てみないとわかんないことなんだけどね。
たとえば、ソロパートを長めに撮ってくれるとか、誰を撮ってもいいシーンでソロショットを入れてもらえる、一人だけ違う振り付けの時には、しっかりとクローズアップしてくれる等々・・・。

Sudoumaasa01_2 僕が、それを最も感じたのはBerryz工房の須藤茉麻ちゃん(写真)だね。
彼女って、Berryz工房の中では、いわゆるバックメンバーで、新曲を出しても、ほどんどソロパートもないので、普通の歌番組に出演した時には「どこにいるの?」状態なんだけど、なぜかスタジオライブの時には、フロントメンバーと変わらないくらいソロショットが多いんだよね。

まぁこれくらいで大幅な人気が出てくるなんて事はないと思うけど、やっぱり芸能人だから、表現している姿を多くの人に見てもらいたいと思っているに違いないからね。
さっきの「偶然のきっかけ」じゃないけど、こういう些細な事が大きなチャンスに繋がる・・・なんて事もあるかもしれないから。

それに、こういうふうにスタッフに好かれているメンバーって、きっと性格がいいんだろうなぁ・・・って勝手に想像しちゃって応援したくなっちゃうんだよね。
まぁ、こんなところがアイドルオタクなんでしょうけど・・・(汗)

|

« アイドル冬の時代 | トップページ | お誕生日おめでとう »

AKB48」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタジオライブ:

« アイドル冬の時代 | トップページ | お誕生日おめでとう »