« 芸能界・・・捨てる神あれば拾う神あり | トップページ | 「言い訳Maybe!」&「飛べないアゲハチョウ」 »

2009年7月26日 (日)

今年の26時間テレビは”まなみのりさ”と”優樹菜”だったね

26時間テレビ・・・ぜんぜん期待していなかったけど、意外と楽しめたね。

Kinositayukina02 アイドルヲタとしては、やはり一番楽しかったのは、木下優樹菜だね。
昨日も書いたけど、あの肩を露出したダラダラしたTシャツが、個人的にはお気に入りでした。
後半は、苦情があったのか?ノースリーブのTシャツになっちゃったけど、それはそれでOKです。

でもねぇ、やっぱりあのダラダラTシャツはいいよ。
肩からキャミがチラッと見える肩が、とってもいい。
これにショートパンツをはいて、足を組まれたら、もうたまらんよ。

まぁこれが26時間テレビの優樹菜・・・そのまんまなんだけど(汗)

優樹菜ちゃんをヘキサゴンで知った方には元気がないように見えたかもしれないけど、僕的にはバカをやっている姿よりも、ひな壇でボンヤリとしている姿の方が、僕的には、めっちゃ可愛く見えました。
三輪車の時の涙もよかったよね。やっぱり優樹菜ちゃんは、あのオーディションで見たときと同じ優しい女の子だったんだって、改めて認識しましたよ。

次は、やはり”まなみのりさ”でしょう。
”泣きドル”の称号は、今や彼女達の専売特許です。
スタートから思うように出来なくて、失敗してしまった事を悔やんで泣きながらスタートしたのが懐かしいですね。
ゴールの瞬間も涙。三人で抱き合う時も涙。もちろんインタビューも涙。
でも最後は笑顔も見ることが出来たし・・・契約書もゲットしたし・・・ホントよかったね。

この三輪車12時間耐久レースで一番注目された参加者だと言っても過言ではないでしょう。
優勝した仙台放送よりも、ヘキサゴンチームよりも・・・とにかくテレビ新広島の順位が気になりましたからね。

あの胡散臭い金髪ヤローが、まさかポニーキャニオンだったとは予想もしませんでした。
最後の最後にサプライズですよ。
まさに”涙サプライズ”です。
もう大丈夫です。とりあえず3年は安泰ですよ。
ただ・・・ちょっとキャラが弱いから、本気で頑張らないと、すぐに忘れ去られてしまいそうですから、これからの頑張りに期待ですね。

それにしても・・・やっぱり何事でも目標に向かって頑張っている姿はいいよ。
そして”涙”
”涙”があってこそ、感動だよ。
フジテレビの26時間テレビは涙なんて不要だと僕は今でも思っているけど、アイドルに限っては”涙”は必須アイテム。
もし”涙”が無理ならば、笑わせろ。アイドル自身が笑うんじゃなくて、見ている視聴者を笑わせろ。

そのどちらも出来ない・・・笑顔だけのアイドルなんて、もはや存在価値はないよ。

ちなみに”まなみのりさ”についてミニ知識。

Manaminorisa01 メンバーは
みのり(左)岡山みのり
まなみ(中)谷野愛美
りさ(右)松前吏紗

共にアクターズスクール広島の出身で、perfumeの後輩にあたる。
CDはシングルを3枚リリースしている。

あとは・・・。
モーニング娘。が出ていたんだけど。
これって、どんなバーターなんだろうね。

里田+矢口の自転車=辻+モーニング娘。の新曲披露

っていう構図なのかな?

今や日本テレビだけでなく、テレビ東京までAKB48に乗っ取られてしまったハロプロとしては、セールス先をフジテレビやテレビ朝日に変更せざるを得なかったのかな?

それにしてもさぁ・・・午前中の出演時、楽曲の内容とバックに流れていたレースの映像が、ここまでリンクしないのもスゴイって言うか、笑ってしまうよね。
一生懸命、汗だくになって三輪車をこいでいるのに、愛だの恋だの歌って、挙句の果てにはテレビを買いかえるとか、めんどくさいだなんてセリフまで・・・もうホント内容的には最悪だよ。

さらにゴール間際での出演。
これもタイミング的には最悪。
はっきり言って、真剣勝負に無駄な演出は必要ないんだよ。
今回のモーニング娘。の出演は、どれも無駄以外の何ものでもない。
初めてかもしれない・・・彼女達に、ここまで嫌悪感を感じたのは。

約11時間45分という長時間に渡って三輪車をこぎ続け、各チームが一丸となってゴールに向かってライダーに対して、真剣に声援を送っている会場。
ヘキサゴンメンバーだって、スタートから、そのレースの模様を見ているから、涙を見せているメンバーがたくさんいる。

そんな状況でラブマは、どうなんでしょう?

つんく♂氏は、オールマイティに使える応援歌「陽は、また昇る」みたいなのを、こういう時のために作っておかなければいかんよ。

こんな内容では単に歌が流れたってだけで、全然セールスには貢献できないと思うよ。
むしろファン以外はジャマっていうか、不快に感じたんじゃないの?

ホント仕事を取ってきて、テレビに出演すればいいとだけ思っていたら大間違い。
たしかに事務所へは出演料は入ってくるのかもしれないけど、それが時と場合によっては、仇となり今後の活動に影響する事だってあるんだから、そのあたりを事務所は真剣に考えないといかんよ。
ホント、最近のアップフロント、特にモーニング娘。に関してのプロモーションは、おかしいと思う。

それに引き換え℃-uteの郵便局連動企画は、とってもクリーンなイメージで、好感が持てるよ。

まぁこんな嫌な気分もしたけど・・・
最後はよかったね。あーいう真剣なシーンでなくて、みんなで和気藹々としているシーンで見るモーニング娘。やOGのみんなの笑顔は、ホント素敵でした。

小川さん、ますます可愛くなったなぁ。いい笑顔だったよ。

でも、やっぱり優樹菜だな。
笑顔・涙・そして笑顔。僕は、女性で一番好きな表情って言うのは、泣いた後の笑顔なんですよ。

とにかく今年の26時間テレビの優樹菜は神でした。

P.S.
まぁ、こんな感じでフジテレビの26時間テレビは終わりましたが、はたして来月末、総選挙当日におこなわれる日本テレビの24時間テレビは、どんなドラマを見せてくれるのでしょうかね。

|

« 芸能界・・・捨てる神あれば拾う神あり | トップページ | 「言い訳Maybe!」&「飛べないアゲハチョウ」 »

ハロプロ」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の26時間テレビは”まなみのりさ”と”優樹菜”だったね:

« 芸能界・・・捨てる神あれば拾う神あり | トップページ | 「言い訳Maybe!」&「飛べないアゲハチョウ」 »