« 巨人軍といえば・・・読売でしょう。 | トップページ | CD一枚の価値 Part1 »

2009年7月13日 (月)

AKB48との握手の感想(千里セルシー)

Namida01 行って来ました。大阪握手会。
僕みたいなトーシローなAKB48ファンは、個人ごとに行われるコアなビッグサイト握手会には、参加せず、一粒で4度(3度)おいしい?握手会にいきました。
・・・っていうか、地方人には劇場版CDをGETするのは難しい・・・(汗)

まぁ、そんな事はどうでもいいので、本編スタート。

当日は、ホント暑かった。
およそ8年ぶりの千里セルシーは、思っていたよりも小さく、こじんまりとした印象を受けました。
しかし、お客さんの数はホント多くてビックリ。
僕は、大阪だから少ないのでは?なんて思っていたんですけど、AKB48の人気も全国区になってきたのか?ステージに近いところは鮨詰め状態でした。

当然僕は、そんなところにいるはずもなく、早々と後方へ移動。
ワンフロアー上のステージ正面の位置を確保して、とりあえずジャンプが出来るエリアを確保して・・・待つ事、約30分。
ステージ後方のエレベータから降りてくるメンバー。
その時点で、ファンの皆さんのテンションが上がりまくりで・・・キャーキャーと。

そのまま袖のテントに入ったと思ったら、マイクを持ってステージ上へ。

よみうりランドと同じように「会いたかった」「10年桜」を歌って、トークコーナー。

ネ申テレビの話。
前回放送の「悟りを開け」以降も「チームBによるアニメ制作」などの撮影が終わっているとの事。
あと今回の握手会メンバーの中で、唯一”ネ申の洗礼”を受けていないメンバーいる・・・とのことで、松井珠理奈さんが「出てみたい」とのコメント。
そして最後に「涙サプライズ」を歌って、ミニコンサートは終了。

まぁここまでは、他のサイトでも語られる事なんでしょうから、駆け足で書きましたが、今回のブログで僕が書きたかったのは、ここから。
そう握手会なんです。

今回、なんだかんだとありまして、握手券が3枚保有しておりました。
そして今回の握手会の列ごとの振り分けが下記のように決定。

①前田 高橋 多田 板野

②渡辺 篠田 小嶋 柏木

③大島 松井 小野 宮澤

注意:篠田さんは15:30でメディア出演のため退場。

なんと、よみうりとは違って、3列ですよ。
こうなれば、DDと呼ばれても結構。もちろん全員と握手ですよ。

・・・ってなわけで、まずは15:30で退場してしまう篠田さん狙いで、握手会の整理券番号が呼ばれるのを待つ。

しかし、段取りが上手くいかず、どんどん時間だけが過ぎてしまい、僕の整理券番号は、2000番以降だったために、結局篠田さんとは握手できず。残念。
(篠田さんは、当初予定していた15:30ではなく、15:45分くらいまで、握手をしていてくれたのに・・・握手は出来なくても、その気持ちだけでも嬉しかったよ。篠田さんって、ホント素敵な人ですね)

しかし、まだ②には、まゆゆ(渡辺麻友)もいるし、小嶋さん、柏木さんがいるからね。
それに③は優子ちゃんがいるから、最後にしたかったし、①は、いきなりあっちゃん(前田敦子)だから、プレッシャーがかかりすぎる。そういった諸々の理由で、②からスタート。

②-1 渡辺麻友
初めて近くで見たけど、予想通りのアニメ声でした。でも、それがまゆゆのキャラにピッタリ。
ホント笑顔が素敵で、癒されましたよ。特に、あの”目”は、かわいいね。

②-2 小嶋陽菜
AKB48の主力メンバーの一人なのだし、見た目的にも自由人って感じだから、もっと適当な握手をされると思っていましたが、しっかりと目を見て対応してくれた事にビックリ。
まゆゆの後だったから(?)ものすごいオトナの女性って感じがしました。

②-3 柏木由紀
正直言って、あまり興味はなかったんだけど・・・。
じっさいに握手をしてみてビックリ。ホント美人さんでした。
でも、お高くとまっているわけでもなく、親しみやすかったです。
当初は、前の2人が、けっこう強烈な個性を持っているので、あっさりと終わってしまうかと思いましたが、かなり印象に残りましたよ。

続いては、①へ。
ここは、前々から”一度は握手をしてみたい”と興味を持っているメンバーがたくさんいるので、少し緊張気味でした。

①-1 前田敦子
顔がホント小さいね。
テレビとかでステージ上でのパフォーマンスを見たり、先日の総選挙の映像なんかを見ると、かなりオーラがあるように思ったけど、そんな事はなく、どちらかと言えば気さくな感じがした。
話しかければ、しっかりと少し耳を傾けて、あの目をキラキラさせながら聴いてくれるし・・・何よりも握手の時に、しっかり”ギュ”っと握ってくれた。
絶対的なエースなのに、あんなにぶっちぎりのエースなのに、こういう気持ちで活動が出来るあっちゃんって凄いと思った。
彼女の人気の理由が、また一つわかった。

①-2 高橋みなみ
たかみなは、ちっちゃかった。
あっちゃんの影に隠れちゃうくらい、ちっちゃかった。
ステージの上では、あんな大きな存在感があるのに不思議な感じがした。

握手は、予想通り目を見ながらしっかりと握ってくれた。
何度も書いて申し訳ないけど、ちっちゃいから上を見上げながらの握手ばかりで、首が疲れると思うんだけど、そんな事は微塵も表情に出さず、僕の言葉にも頷いてくれた。
たかみなは、絶対にファンを大事にしていると思っていたけど、やはりその通りだった。

①-3 多田愛佳
みゃお(宮崎美穂)が体調不良ということで、急遽大阪遠征組として出演した多田さん。
①グループは、チームAというより、AKB48の”顔”的なメンバーばかりだったから、さぞや緊張された事でしょう。
僕も勉強不足だったから、あんまり気の利いた言葉をかけられなかったけど、笑顔で受け答えをしてくれて嬉しかったよ。

①-4 板野友美
板野さんは、見た目的にギャルって感じだけど、意外とおとなしくて、照れ屋なんじゃないかな?
握手は前田・高橋の二人の”ギュ”が強かったので、相対的に、かなりお上品な感じがしましたが、これが普通なんですよね。
でも、しっかりと受け答えもしてくれたし・・・やっぱり板野さんもイイ子だなぁ。

さて、最後に③です。
これは、はっきり言って勝負列ですからね。
推しはいるし、今回一番生で見たかったメンバーはいるし・・・ホント勝負列です。

③-1 大島優子
やっぱカワイイわぁ。
あのくりくりっとした目で、満面の笑みで見つめられたら・・・なんでも許してしまいそう。
握手は、整理番号が4000番弱だったから、お疲れなのか?力は弱めだったけど、その分、相手の話をしっかり目を見て頷きながら聞いてくれて「やっぱり大島優子はサイコー」って感じですね。

③-2 松井珠理奈
今回一番握手をして確かめたかったのが・・・この松井珠理奈さん。
握手の前に彼女が8月5日にリリースされるSKE48のCD告知をしていたんだけど、それが上手でね。ホントに12歳なのか?って疑ってしまうほどでしたよ。
あと・・・彼女のダンスが上手なのか?僕には、ちょっと理解できないけど、とにかく彼女はダンスをすっごく頑張っている。
腕の動き、足の動き、ステップの大きさ・・・とにかく、どんな動きでも他のメンバーよりも大きく、躍動感をガンガン感じました。

そして実際に握手。
先程のCD発売の話を聞いていたので「CD買いますね」って話しかけたら、すっごく喜んでくれて、「ありがとうございます。よろしくお願いします」って、とっても元気な声で答えてくれました。握手も力強くて、好印象です。
弱冠12歳でありながら、すでにAKB48、そしてSKE48での自分の立場や役割を理解している彼女。ホント、もうオトナだよね。
でも、目の前の笑顔は、やっぱり12歳の子供らしさの残る無邪気な感じがして・・・彼女の事、ホント応援したくなりました。

③-3 小野恵令奈
えれぴょん(小野恵令奈)って、ホントちっちゃくてかわいいね。
話しかけると上目遣いで答えているくれるんだけど、それがキュートなんだよ。
でも、その目は、けっこう力があって、単にカワイイだけじゃない女の子なんだなって思いました。
(松井さんとの握手が、スタッフに引き剥がされるくらいまで、二人とも握手しっぱなしで長くなってしまったので、えれぴょんとは超高速に・・・(泣))

③-4 宮澤佐江
さぁトリは佐江ちゃんです。
今回もミニライブでのダンスは、ダントツにかっこよくて、前回と同じくスポーティな感じで、溢れんばかりの笑顔がとっても似合っていました。
握手もしっかりしてくるし、声をかければ「ハイ頑張ります。ありがとうございます」と、これまた満面の笑顔で答えてくれる。

今回、会場には約4時間くらいいましたが、佐江ちゃんがファンの皆さんへのサービスをしていたんだじゃないかな?
ちょっと握手会の列で間隔があけば、常に客席に向かって手を振っていた彼女の姿が今でも目に焼きついています。

総括すると・・・ありきたりな言葉で申し訳ないけど、今回のメンバーも、素敵なメンバーですよ。
まぁアイドルの握手会に行った事がない人や、AKB48(SKE48)の握手会しか行った事がない人には、わからないかもしれませんが、ここまで真剣に握手する、お客さんの言葉に耳を傾けてくれるアイドルなんて、そんなにいないですよ。
まして、彼女達は紅白に出場し、冠番組を地上波で持っており、オリコンでも上位を獲得しているアイドルですよ。

そこまでのステータスに全然到達していないアイドルでもイベントに行けば、握手は手を出しているだけ、さらに笑顔どころか、目も合わせず、露骨とは言わないけど明らかに腰が引けて、握手をする事に対する拒否反応を示している・・・そんな事は珍しい事ではありません。

そう思って彼女達を見てあげてください。
もし行かれた方がいるならば・・・昨日の千里セルシーでの握手会、先々週のよみうりランドの握手会の時の事を思い出してください。

彼女達の素晴らしさを再認識できるでしょう。
今、AKB48が大好きで、応援している皆さん。
ホント彼女達は”応援する価値”のあるアイドルですよ。

残念ながら、今後は仕事で予定が埋まっているため、握手会には参加できません。しかし、とっても良い思い出が出来ました。

メンバーの皆さん、ありがとう。

|

« 巨人軍といえば・・・読売でしょう。 | トップページ | CD一枚の価値 Part1 »

AKB48」カテゴリの記事

ヲタ活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48との握手の感想(千里セルシー):

« 巨人軍といえば・・・読売でしょう。 | トップページ | CD一枚の価値 Part1 »