« 戦争とアイドル | トップページ | Buono!の新曲「TAKE IT EASY!」 »

2009年8月16日 (日)

盆休み特別企画第2弾 倉持明日香「小橋の小話」総集編

ついに念願の小橋さんへの逆水平を達成した倉持さんですが、その道のりは、けっして平坦なものではありませんでした。
最初はAKベストテンでスポットライトとして登場。
その当時は「小橋の小話」と聞いてもメンバーは、小声で「えっ、何?」と他のメンバーに質問しているような状態でした。

5273 しかし、そんなアウェイな環境の中でも倉持さんは堂々と披露したのです。
第一回登場(5/27) 小橋の小話(スポットライト・32位15点)

全日本プロレスのテーマの中スケッチブックを抱えた倉持さん登場。

「今日は、私が溺愛するプロレスラー小橋健太選手について熱く語りたいと思います」
ここで佐田さんやスタッフ数人から笑い声が聞こえる。
でもメンバーからは無反応。

5272_2 こんな事では負けない倉持さん、負けずに続行!!

「プロレスラーは、この世に星の数ほどいます。しかし小橋健太選手みたいに素敵な人はいません」
ここで高橋さん苦笑い。

「プロレスラーがレスラーになる前の職業と言えば、レスリング、柔道、力士が一般的ですが、小橋選手は違います。小橋選手がレスラーになる前にやっていた仕事は・・・サラリーマン」
ここでメンバーからも歓声が上がる。

「しかも大手企業の京セラに勤めていました」

さらに盛り上がるメンバー達。ここから「小橋の小話」ブレイクがスタートしたのです。

このときの放送で倉持さんが発表したのは、レスラーと言えば凶暴で怖いイメージだが、小橋選手は大きなギャップがある。そのギャップとは・・・について熱く語り続けました。

5271_2 「汗かき・・・だからクーラーは一年中16度」
「珍英語・・・大手企業に勤めていたので、練習中調子が出てくると英語が飛び出すのが、その内容は、よくわからない」

思いのたけを熱く語りつくした倉持さんは「いやあ素晴らしい」の声と共に扉の向こうへ姿を消しました。

第二回登場(6/10) 小橋の小話(第3位185点)

今回も颯爽とテーマソングに乗って登場。
前回と同じくスケッチブック片手に立つ姿には、以前のような自信の無さは伺えない。
メンバーからも、かなり期待されているようで声がかかる。

6103 今回のテーマは、小橋選手のニックネームについて
倉持さんによると小橋選手は人気者であるがゆえにニックネームがたくさんあるとのこと。

代表的なものを上げていくと・・・
・オレンジクラッシュ
・熱き青春の握り拳
・熱き魂の握り拳
・黒小橋
・鉄人

そして、ついには

・ミスタープロレス

と呼ばれるまでになりました・・・が、

まだまだ進化を続ける小橋選手は、やがて神の領域へ
(静まり返るスタジオ内)

・絶対王者
・ジャパニーズレジェンド
・伝説の男
・プロレスの女神に愛された男

6102そして現在は!!

・チョップ小橋
スタジオ内大爆笑

6101 今回も倉持さんは「いやあ素晴らしい」の声と共に扉の向こうへ姿を消した。

805 そして前回・・・ついに
第三回登場(8/5) 小橋の小話(1位202点)
で見事1位を獲得。(詳しくは8/7のブログを見てください)
そして、今回、倉持さん念願のプロレス観戦&小橋選手訪問となったわけです。

K01会場であるJCBホールに先に着いたのは、今回一緒にプロレス観戦をおこなう秋元さんと河西さん。
しばらく今回の主賓である倉持さんを待っていると、小橋&ノアグッズに身を包んだ倉持さん登場。
さっそく何の準備もしていない二人に対してダメ出し。

K02 しかし、こんな事で時間を潰してしまっては・・・と言う事で、早速選手の控え室に向かうと先方に大きな体をした”いかにも”って感じのレスラーが囲み取材を受けている。
そう、この人こそが小橋健太だったのだ。

インタビューの合間を縫って秋元さんが、非常に丁寧な言葉遣いで小橋選手に声をかける。
(ホント、秋元さんは素晴らしいよ。きっとイイトコのお嬢さんなんだろうな)
あいかわらず倉持さんは緊張のためか、声を出す事もできない状態。
そんな様子を見かねて、今度は河西さんが小橋選手に「試合に勝ったら、倉持に向かってガッツポーズをしてほしい」と言うむちゃぶり。
小橋選手は苦笑いをしながら「試合中は、全く忘れちゃうんだ」と大人の対応。
結局、終始倉持さんは黙ったままでした。

ところ変わって・・・今度は試合会場へ。
K05  小橋選手も出場する3対3の団体戦。
河西さんは、初めてのプロレスに恐怖感を抱き、泣きそうな状態になっているものの秋元さんと倉持さんはプラカードを掲げて小橋コールと共にヒートアップ!!

K07 試合は残念ながら一緒にタッグを組んだ選手がツープラトン攻撃を食らって無念のスリーカウント。
それでも小橋選手は、倉持さんというわけではなく、見に来てくれたファン全員に対してガッツポーズをして感謝の気持ちを表現した。

K08 この光景を見た秋元&倉持は・・・号泣。

最後に三人で今回招待していただいたお礼を言いに、小橋選手に挨拶に行き・・・そこで自分のタオルを使ってもらったり、がっちりと握手をしたりといった楽しい時間を過ごす。

そして本当に最後になって・・・倉持さんが小橋選手に声を書ける。
「逆水平してもいいですか?」
小橋選手は快く受けてくれて厚い胸板を前に突き出す。そして倉持さん、渾身の逆水平。

「ペチッ」

あまりの貧弱な音に思わず小橋さんも苦笑い。
しかし小橋さんは優く声をかけてくれたんだよ。「もっといいよ」

思わぬ展開に驚く倉持さんだが、すぐに我に帰り、今度は連続攻撃をさせてもらう。

K11たしかに一発の破壊力って言うのは先程と変化がないかもしれないが、それでも連続攻撃をする事でトータルの威力は上がるはず。そう願って、高速で打ち込むと。

K12 「パン、パン、パン・・・」

この攻撃を食らった小橋選手も「おっ」ていう感じになって、倉持さんに合格だとサインを送る。
倉持さん、本当に嬉しそうな表情で「ありがとうございます」と深々と頭を下げる。
といった感じで・・・小橋選手にして倉持さんの夢のような一日は終了。

K13

いやぁ、ホントおもしろかったよ。
でも、まさか、ここまで企画が発展するとは思わなかったね。
・・・ということは、もしかしたら「AKB48×読売巨人軍」の次は「AKB48×ノア」かな???

|

« 戦争とアイドル | トップページ | Buono!の新曲「TAKE IT EASY!」 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

今回の流れは面白かったですねー。
こういう感じの流れって
AKBINGO 初でしたからね。
こんな感じで番組企画が
転がっていけば毎回視る楽しみも
増えるんですけどねw

投稿: ひとなり | 2009年8月18日 (火) 17時43分

なかなか、こういう企画って、定番化するのは難しいですよね。
どうしたって、前交渉とか、利権なんかが絡んでくるので・・・。

それでもAKBINGOは、今までのアイドル番組としては、かなり頑張っている方なので、これからも期待してますよ。

投稿: かめさん@管理人 | 2009年8月20日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盆休み特別企画第2弾 倉持明日香「小橋の小話」総集編:

« 戦争とアイドル | トップページ | Buono!の新曲「TAKE IT EASY!」 »