« ℃-ute「EVERYDAY 絶好調!!」が9月16日発売 | トップページ | ハローな話題 アメとムチ »

2009年8月31日 (月)

アイドル三国志

もう話題的には古い話なんだけど・・・レッドクリフって映画があって、DVDも発売になったり、地上波で放送されたりしているじゃないですか?
あれってタイトルだけ見たら、三国志史上最大の戦いである赤壁の戦いを直訳しただけなんで・・・どうかな?って思ったんだけど、内容的には、ホントにおもしろいね。

最初”三国志”好きな僕は、公開当初にはイメージが壊れないように見るつもりはなかったんだけど、テレビで放送していたのを、ちょっと見てみたら、ハマりました。
趙雲が阿斗を助けるシーンだけで感動。(腹の中では、そんな疫病神なんて、どーでもいいよ・・・と思ったりもしましたが(汗)
唯一問題点と言えば、関羽が少し貧相かなって思ったところと、武器がショボイね。
だけど、その他はいいんじゃないかな?
北方三国志みたいな男気溢れる映画になっているところに好感が持てました

それでね。これで終わってしまったら、単なる映画DVDの宣伝になっちゃうんだけど、終わらないのが、このブログのいいところ?

三国志って、今のハロプロ、AKB48、アイドリングに当てはまらないかなぁ・・・って考えたわけですよ。

まずは”魏”
これは、最大の知名度を誇るハロプロでしょうね。
なんだかんだ言って、メンバーは実力者が多く、粒が揃っているし、小学生からママドルまで、幅広い人材を持っている点を見ても、的を得ていると思います。
イベント抽選券封入でCD売上を伸ばす作戦等、賛否両論があるにしても、やっぱ時代の先端を走っているのは、間違いないわけで。

あとは君主・・・つまり、つんく♂氏の事ね・・・が多芸に秀でているって事や気にいらないと、すぐに見切りをつけてしまうところも似てるかな?

続いて”蜀”
ここはAKB48かな。
一度は滅んだ漢王朝の復活を目指しているところなんて、秋元氏が”おニャン子復活を狙っているところと被らないですかね。
他にもセンターよりも、周囲を取り巻く他のメンバーの方が個性が強かったりするので、それぞれ個人的なファンが多いところも特徴かな?
あと”蜀"が山深い地域ってことと、AKBシアターがビルの上にあるって言うのも同じ?

最後は”呉”
これは、アイドリング!!!ですよね。
海の近くに強固な領土(フジテレビ)を持ち、目立たなくも優秀なスタッフを布陣しているところとか。
歌よりもバラエティに力を入れているところなんて、地上軍よりも水軍に入れていた呉の戦略に近いと思わない・・・ん~ちょっと無理があるかな?(笑)

そして、この前のAKBアイドリングのデビューは、まさにレッドクリフ。そう赤壁の戦いだよ。

これって魏vs蜀呉連合の戦いだから・・・でも、これでもハロプロは生き延びて、前ののシングル「しょうがない 夢追い人」でオリコン1位を獲得しちゃうし、この前の「なんちゃって恋愛」も2位だからね。
やっぱり、なんだかんだ言ってもハロプロは強いね。
いくらAKB48やアイドリング!!!が力をつけてきたとはいえ、やはり簡単に追い落とすのは、難しいよ。

|

« ℃-ute「EVERYDAY 絶好調!!」が9月16日発売 | トップページ | ハローな話題 アメとムチ »

AKB48」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

アイドリング!!!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドル三国志:

« ℃-ute「EVERYDAY 絶好調!!」が9月16日発売 | トップページ | ハローな話題 アメとムチ »