« アイドル遊び | トップページ | 戦いは始まっている・・・決戦は10月末。 »

2009年9月14日 (月)

AKB48の"RIVER”で、今までの流れが変わる

昨日の夜。富士急ハイランドで行われた”サルオバサン祭り”の一環で開催された野外コンサート。

それまでの強い日差しが消え、爽やかな風が吹く秋の夜。

「AKB48」の力強い声が響いた。

オープニングは、ラップ調で・・・まるでラグビーのニュージーランド代表であるオールブラックスが試合前に行う”ハカ”のようだった。
元来、この”ハカ”はマオリ族の戦士が戦いの前に、己の気持ちを鼓舞するために行う儀式。
いよいよAKB48が本気で頂点を目指し、戦いを挑んだ・・・そう、この「RIVER」はAKB48の宣戦布告なのだ!!と、僕は思う。

聴いていて、楽しいというよりも、その迫力に、思わず鳥肌が立ちました。
今度のAKB48は本気ですよ。
オリコン1位獲得は、もちろんのこと。そうライバルと言われるモーニング娘。に対しても、かなりのインパクトを与えようとしているに違いありません。

楽曲的には、今までのAKB48が歌ってきた「みんなで仲良くお祭りソング」というものではなく、どちらかと言えば、今のモーニング娘。が歌っている路線に近いものがあります。
しかし、聞いた感想は全く違ったもので・・・AKB48の歌声には強い意志が感じられ、本当に圧倒されますよ。

ダンスだって”言い訳Maybe」と比べても格段に上達していて、驚きました。
それまで、モーニング娘。には絶対に敵わないだろうと思っていたダンスのスキルが、今や同じか、それ以上のスキルにまで高められていて、この曲に賭ける意気込みを感じましたね。

とにかく、この楽曲はCDで聴くよりも、生でライブで聴いてほしい。そして、この迫力を肌で感じてほしい。
今まで、皆さんが知っているAKB48は、そこにはいません。
しかし新曲「RIVER」で、ますます彼女達のファンになる事は間違いないでしょう。

また、この14thシングルにカップリングで収録されるアンダーガールズが歌う「君のことが好きだから」は、前回の大人っぽい路線から一転。今までのAKB48が歌ってきたような爽やかで楽しい青春ソングに仕上がっており、今までのファンの皆さんにとっても、まったく違和感なく受け入れる事ができる楽曲だと思いますよ。

同様に収録されるシアターガールズの「ひこうき雲」は、もはやコンサートの定番ソングであり、AKB48について興味を持っている人ならば、誰でも知っているにちがいない名曲です。

このあたりも、本当に上手い戦略ですよね。
まだ結果が予測できない実験的な楽曲を選抜チームには歌わせるが、同様に人気メンバーで構成されるアンダーガールズには、これまでの路線を踏襲した楽曲を歌わせ、さらに新しく出来たシアターガールズにはコンサートで必ず盛り上がる鉄板とも言うべき定番の名曲を歌わせる。
十分過ぎるほどのリスク分散、そしてリスクヘッジが行われているんですよね。

そして、このCDには、この3曲が収録されているのは当然の事なんですが、さらに同3曲のPVと、毎回好評の特典映像では選抜メンバーとデートした気分になる映像が収録されたDVDが同梱されるだけではなく、恒例となった全国握手会の参加券、来年も開催される”AKB48 リクエストアワーセットリスト100 2010”の楽曲への投票券までも付いた贅沢極まりないシングルが、なんと驚きの税込み1600円ですよ。

これまでは推しが選抜に選ばれなかったから、買っても意味がない・・・との理由でCDを購入しなかった人たちも、今度は全員が、どれかしらの楽曲を歌っていますからね。購入しないわけにはいかないでしょ。
しかも、投票券が付いているんですから、推しが出演する楽曲に投票して来年のAXでのライブで、その姿をを見に行けるように頑張らないわけにはいかないでしょ。

今回の14thシングルは、AKB48のファン総動員で購入し、その上に今までモーニング娘。の楽曲が好きだった人たちにもAKB48の楽曲を聴いてもらえ、あわよくば購入してもらえる可能性が高いですからね。
モーニング娘の41st(←これも偶然か)シングル「気まぐれプリンセス」の発売一週間前にモーニング娘。のファンを切り崩して勝負をつけてしまおうという考えかもしれませんね。
そして、もちろんオリコン1位を獲得して、この楽曲を引っさげて、前回の”イロモノ枠”ではなく、本当の意味での紅白歌合戦出場を狙っていると思いますよ。
なんてったって、コンサートでNHKホールを使い、すイエんサーにも登場してNHKとのパイプは、スタッフ的には、かなり強固なものになっているのは間違いないわけで・・・あとは、放送局の上層部を納得させるだけの事実だけが必要となっているに違いないと思われるだけに・・・この楽曲が、時期的にも、今年におけるラストチャンスなんですよね。

このようにAKB48陣営の本気の挑戦をしかけてくるのですが、一方の国民的アイドルであるモーニング娘。そしてアップフロントは、どんな楽曲を我々に聞かせてくれ、どのような戦略をとってくるのか?
本当に楽しみです。

そうそう・・・書き忘れたんだけど、この”RIVER”の選抜メンバーに、松井珠理奈がいなかったんだよ。(たぶん・・・)
きっと、珠理奈はSKE48のエースとして、AKB48とは少し距離を置くようにするのかな?

|

« アイドル遊び | トップページ | 戦いは始まっている・・・決戦は10月末。 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

いよいよ出ましたね『RIVER』
紅白出場に向けて 冬の陣 の
幕開けですねw

僕個人の妄想なんですがAKB48って
ドーム公演の夢が叶ったら解散するんじゃないでしょうか?
それくらい秋元氏の絵図通りにうまく
突っ走っていると思います。

紅白よりも今年のセットリストの
一位の方が気になりますがw


投稿: ひとなり | 2009年9月15日 (火) 17時54分

”冬の陣”
ひとなりさん、うまいですね。
そうですよ。
今回のAKB48は本気ですよ。

東京ドーム公演が実現したら、解散ですか。
意外と近いうちにやれてしまいそうな気がするので、実際にそうなるか?わかりませんけど・・・少なくとも秋元氏ですからね。
おニャン子も、人気が翳ってからではなく、まだ人気が会った頃に解散させましたからね。
そう考えると、そういうのも、ありそうですね。

投稿: かめさん@管理人 | 2009年9月17日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48の"RIVER”で、今までの流れが変わる:

« アイドル遊び | トップページ | 戦いは始まっている・・・決戦は10月末。 »