« 大島優子ブログスタート&モーニング娘。新曲宇宙初オンエアー | トップページ | 「気まぐれプリンセス」も、い~んじゃなぁい?+ヲタ活予定 »

2009年9月17日 (木)

AKB48”サルオバサン祭り”の感想

なんか邪推ばかりして、あまり富士急ハイランドのコンサートを楽しんでいなかったように思われたかもしれませんが・・・そんなことはありません。
思いっきり楽しんできましたよ。

僕みたいな素人にもわかるような各チームの代表曲を歌ってくれたり、もちろんシングル曲も歌ってくれて・・・やっぱり何よりも新曲が聴けたのはよかったですね。

またまた新曲について書いちゃうけど・・・とにかく新曲はダンスが激しくてね。
今までは、新曲が出る度にネット上では、あっちゃん(前田敦子)や篠田さん(篠田麻里子)なんかが、ダンスの力を抜いているなんていう非難の言葉が飛んだりしていましたが、今回の”RIVER”は、そんな手を抜いている余裕なんてないくらいハードなダンス内容で、あの”たかみな(高橋みなみ)”でさえ、歌い終わった後は肩で息をしていたくらいですからね。たぶん、あっちゃんは息が切れて話せなかったんじゃないかな?
もうホントそれくらいハードなダンスなんですけど・・・それが、めっちゃカッコイイんですよ。

曲調は、今までとは全く違った感じです。
いろんなところでも言われているように最初はラップ調です。
正直、これを最初に聴いた時には「やっちまったなぁ」って思ったんですよ。
もしかしたら、モーニング娘。の
「HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~」みたいな感じになってしまったら、ファンには楽しめても一般にはウケルはずがないから、これはコケると・・・。
でも、そんな心配は杞憂に終わり、曲がスタートすれば、一転して覚えやすい曲調になり、その曲と熱い気持ちを込めたメッセージ性の強い歌詞が一体となっており、かなり胸に響くと思いますよ。

さてコンサートの度に行っている・・・恒例の、今回の気になった人物ですけど・・・。
今回のサルオバサン祭りでの注目メンバーは、この5人です。(あまり前と変わってないかな?)

・松井珠理奈
・秋元才加
・宮澤佐江
・柏木由紀
・増田有華

珠理奈は、ホント久しぶりに見たって感じでしたね。
武道館で見ることが出来なくて、名古屋での24時間テレビでも見ることが出来なくて・・・もしかして、もう見ることが出来なくなってしまうのでは?なんて少し思ったりしていただけに、今回のイベントで珠理奈の笑顔を見ることが出来たとき、嬉しいと言うよりも、少しホッとしました。

それにしても、珠理奈って、ますます可愛くなってますね。
今回も双眼鏡で見たりしたんだけど、その時に「あれ、こんな可愛い子いたかなぁ?」って思ってみていたら、それが珠理奈だったんですよ。
やっぱり、この時期の女の子って言うのは、良い悪い関係なく短い期間で、心だけでなく見た目的にも大きく変化する時期ですから、珠理奈の美少女度がアップするのを期待せずにはいられませんね。

秋元さんは、やっぱりスゴイよ。あれだけ才能があるのに、腰が凄く低くてホント良い子だなって思うよ。
とにかく話せば笑いを取れるし、歌えば誰よりも安定感があるし、ダンスだって大きくてカッコイイし。
やっぱり努力をしているんだなって思うけど、その一端が見えたのが、秋元さんの体。
別に胸が大きいとか、お尻がカワイイとか言うんじゃなくて、見事に鍛えられた腹筋や上腕二頭筋が、客席からも良く見えて、普段からの努力が感じられましたよ。
こんな感じで、もう文句を言うところがないんだよね。
ただ、強いて言わせてもらえば、秋元さんって、このままいくと単なる”器用貧乏”で終わっちゃうかもしれませんよ。
だから、僕個人の意見としては、早めに自分の目指す方向性を決めるべきだと思うんだよね。

佐江ちゃんは、ダンスの安定感は抜群だね。
特に新曲のRIVERでは佐江ちゃんの実力が発揮されてます。
あーいう動作の一つ一つを、しっかりと決めていくダンスは、きっと佐江ちゃんにピッタリなはず。だから本当にカッコイイですよ。
さらに終演後には、前回の武道館と同様、秋元才加さんと共にステージ中央に立ち、客席に向かって誰よりも深々と頭を下げる姿を見て、その気持ちに感動し、思わず涙がこぼれそうになりましたよ。
だって今回は無料のコンサートですからね。どちらかと言えば、こんなに素晴らしいステージを見せてもらった僕らが頭を下げなくてはならないのに・・・。

やっぱAKB48の教育システムって、たいしたもんだよ。

柏木さんは、とにかく頑張ったね。
チームBのキャプテンとして、だいぶ自覚が出てきたのか?
今回の公演では、ホントよく頑張ってましたよ。
特にチームBの”みなさんもご一緒に”では間奏のナレーションを務めるなど、今までは、どちらかと言えば、全体からは一歩引いた位置に立っていた柏木さんが、どんどん前に出てきて、ホント頼もしく見えましたよ。
チームBだけでなく、他のチームのメンバーからもバックアップしてもらっている感じでしたが、これも柏木さんの人望の賜物ですからね。どうでもいいようなメンバーだったら、どうなろうと知ったことではない・・・って雰囲気で、ほったらかしでしょうから。
これから、ますます”ゆきりんワールド”は注目ですよ。

さて、最後は増田有華さんです。
彼女の存在は、随分前から実際にAKB48の中では歌唱力が№1だと言う事で耳にしていていましたが、今回のコンサートで、ようやく彼女の存在って言うものを実感する事ができましたよ。
その素晴らしい歌唱力については、今回のコンサートではチーム別の楽曲だったので、わかりませんでしたが、ダンスやパフォーマンス、そして笑顔だけでも、思わず目を惹かれてしまうほど、彼女の魅力が伝わってきましたよ。
ホント歌っているときの表情は、なんで今まで気が付かなかったのか?と自分自身の目に疑いを持ってしまうくらい素敵でしたよ。

ホント・・・これで、噂の歌唱力がプラスされるとなったら、かなりの実力者だと思いますよ。来月から、増田さんはチームKから新チームBへと移籍するわけですが、そこでも大黒柱となるのは間違いないでしょうね。

他にも大島さん(大島優子)のトサカヘアーがよかったですね。
もう気合はいりまくり・・・って感じで、今回のイベントに賭ける意気込みが、ガンガン伝わってきて、改めて大島さんの事が大好きになりましたよ。
彼女って、こういう気持ちを前面に出した時って、良い表情をするんだよね。

今回のサルオバサン祭りって、この前の武道館で新体制が発表されたわけですけど・・・その体制が施工される前、最後の大きなコンサートだと思うんですよ。
つまり旧体制として、各チームが一堂に会する最後の機会ですからね。だから、僕は、正式な発表はないかもしれませんが、おそらく各チームにおける合同卒業式、解散式だったと思うんですよね。

そんなふうに思いながら、ステージを見ていたから、あの力強い新曲を歌い終わった後、本当に最後の曲となった「桜の花びらたち」を聴いた時に、その温度差のギャップに、思わず涙がこぼれそうになりましたよ。

いやぁ、ホント たかみな のコメントじゃないけど歌で泣けるって素晴らしいなって思いました。

|

« 大島優子ブログスタート&モーニング娘。新曲宇宙初オンエアー | トップページ | 「気まぐれプリンセス」も、い~んじゃなぁい?+ヲタ活予定 »

AKB48」カテゴリの記事

ヲタ活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48”サルオバサン祭り”の感想:

« 大島優子ブログスタート&モーニング娘。新曲宇宙初オンエアー | トップページ | 「気まぐれプリンセス」も、い~んじゃなぁい?+ヲタ活予定 »