« ハロプロとAKB48の進む道 | トップページ | AKB48の"RIVER”で、今までの流れが変わる »

2009年9月13日 (日)

アイドル遊び

今日は富士急ハイランドで「サルオバサン祭り」を開催したんですけど、こういうアイドルのイベントって、年がら年中、本当にたくさん開催しているじゃないですか?
もちろんアイドルだって、誰もが知っている全国区のアイドルから、ごく一部でしか知られていない地下アイドルまで入れたら、それこそ1000の桁まで行くんじゃないのかな?

ところで、こんな感じで、数多く存在するアイドルですけど、彼女達とファンの関わり方って、人によって、すごくレベルの差があると思うんですよ。

たとえば、一番ライトな関係は、単なる”好き”ってレベル。もちろん”LIKE”な方ですよ。
これは、テレビなんかで見て「ちょっとカワイイなぁ」と思う程度か、あとは名前を覚えて、ネットで少し調べたくらいのレベルですね。

ここから一歩進むと、テレビの出演番組をチェックしたり、雑誌の記事を見つけては読んだりするようになります。
だいたいアイドル好きではないフツーの人は、これくらいが限界レベルです。

さらに、ここから進むと、コンサートやイベントに行くようになるんですけど・・・。
これって大都市近郊の人にとっては、さほど大きなハードルにはならないんですが、地方の・・・それも片田舎に住んでいる人にとっては、かなり高いハードルになります。
そもそも、そのアイドルを生で見るためには、コンサートのチケットを手に入れなければならず。
最近はネットで買うことが出来るようになりましたが、それでも、入手するのは、かなり手間がかかるんですよね。

ただ・・・これでハードルがクリアーできたと思ったら大間違い。
今度はチケット代よりも高いとされる交通費という大きな壁があるわけですよ。
大都市圏ならば、どんなアイドルでも”来てくれる"から、おそらく何百円単位の出資で済んでしまうと思いますが、地方では”会いに行かなければならない”立場のために、それこそ何千円から何万円もの出資となってしまうわけですよ。

もっとレベルが上がると、今度はコンサートやイベントに連続していくようになります。
これが”おっかけ”と呼ばれるアイドル好き特有の行為ですね。

ここまでいくと、普段の生活がアイドル中心となり、無駄な出費を抑えるようになります。
昼食代を節約して、チケット代に回す等・・・。

さらに交通費なども、だんだん上手に節約できるようになります。
例えば新幹線ではなく青春18切符を使うとか、宿泊も車中泊にするといったような感じで・・・。

このレベルの上級者になると、コンサート会場やネットで仲間を作るようになります。
最近は、それこそネットの普及で、その仲間も全国的に作る事が出来るようになったのが、この”おっかけ”に大きな影響を与えたと思います。
実際、このくらいになると、この交通費や宿泊費を大幅に節約出来る上に、さらに快適さが格段によくなります。
例えば、一つの自動車に相乗りしてコンサートに行くとか、宿泊は仲間の家に泊めてもらうといった感じですね。

さて、一般的なアイドル好きが上り詰めた最高位は、こんなところが限界なんですけど、この上って言うのがあるんですよね。
ただ、ここから先は、生半可な本人の努力だけでは、かなり難しいレベルになります。

そのレベルとは「認識される」
つまりアイドルに自分の事を認識してもらうというレベルです。
もちろんコンサートやイベントに何度も足を運んで、その度に印象に残るような言動をして、自分の顔を覚えてもらうという・・・いろんな意味で過酷なレベルです。
これが、地下アイドルだったら、比較的簡単なんだと思うんですけど、それこそモーニング娘。などのハロプロ系は、本当に難しい。
なぜなら彼女達の活動の主なものはホールでのコンサートですからね。
少なくとも何千人の中にいる自分を覚えてもらうというのは、至難の業です。

このためにはオークションで良席を買い続けたり、数少ないイベントに行ってアピールするのが必要なんだと思うんですけど、メンバーによっては、たとえ覚えてくれたとしても、コンサート中などにリアクションをしてくれない子もいるので・・・そのレベルに到達しているのか?確認するのが、とても難しいです。

一方AKB48は、このあたりは活動の基本がAKB48シアター等の小さな会場であるために、直接メンバーに確認的行為をすることが可能ですから、わかりやすいですよね。

その上って言うと・・・どうだろ「最強」になるのかな?
これはファンの中で「一番のファン」だと認められた人が手にできる称号みたいなものですね。
これは、アイドル本人の意思とは、かけ離れたところで認められるものなんですけど、ここまで到達するには、競争社会の”アイドルヲタ業界”で、誰からも認められなければならないのですから、全国区であろうと地価であろうと、本当に大変だと思いますよ。
ただ最近は”自称・最強”みたいなヤツが増えているから、少し権威が下がっているかも?

さらに上は「神」ってヤツだね。
このレベルは、もうファンとかアイドルヲタとかいう次元を超えています。
もう直接、アイドルとコンタクトが取れたり、プライベートで会ったり・・・といったステージ外でアイドルとの関係が出来上がっている人のことを言います。
一番代表的なのは、アイドルの家族や友人ですね。あとは関係者とかかな?単なるファンが、このレベルまで行くのは、無理とは言わないけど、ほぼ不可能じゃないかなぁ?

皆さんが、どこまでのレベルを求めているか?はわかりませんけど、やはり楽しむのが一番の目的ですからね。
無理をせず、楽しい時間を過ごしたいですね。

|

« ハロプロとAKB48の進む道 | トップページ | AKB48の"RIVER”で、今までの流れが変わる »

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドル遊び:

« ハロプロとAKB48の進む道 | トップページ | AKB48の"RIVER”で、今までの流れが変わる »