« いざAKB歌劇団へ・・・そして・・・ | トップページ | AKB歌劇団「∞・infinity」を見てきたよ。(11/7) »

2009年11月 7日 (土)

アイドルを応援するファンとして・・・

僕は、このようなブログを書いている事からもわかるように、当然の事ながらアイドルが好きで、イベントやコンサートに行くのが好きな人間です。
特にアイドルでも、どちらかと言えば個人よりもグループとかユニットと呼ばれる集団が特に好きなんですよね。
僕は、彼女たちの活躍はもちろんの事、こういう集団の中での友情や絆、師弟関係といった総合的な人間関係を観察するのも楽しみの一つとなっています。

このため一度好きになってしまうと、最初は見た目といったわかりやすい部分に惹かれていたのに、いつの間にか優しさや面倒見のよさといった人間くさいところに惹かれているので、けっこう簡単にポイっと捨てる事ができない。
彼女たちが引退して、僕的に消息不明になってしまうまでは、心のどこかで彼女たちを応援し、心配したりしているわけです。
こんな感じだから、ネットとかで、久しぶりに見る名前に一喜一憂する事も、よくあることです。

まぁ端から見れば、どうでもいいことなんでしょうけど、こんな感じで感情移入してしまうので、僕は簡単に好きなアイドルって言うのを作らないようにしているわけなんですけど、やはり元々現場系の人間ですから、一度気になるアイドルを見つけたら、とにかく現物を見ないことには納得できない性格のため、とにかく一度は生で見るために会場へ足を運ぶわけです。

だって一度も生で見たことの無いのに、何がわかるって言うんですか?
テレビカメラや雑誌の一眼レフカメラ、たしかに高価で高性能のカメラかもしれませんけど”人間の目”という、この地球上で最高のカメラで、他人ではなく自分自身がアングルを決めて見ることで、彼女たちについて得られる情報は、おそらく100倍や1000倍程度ではないでしょう。
もの凄い量の情報が、一気に手に入ります。その中には、当然ですが、彼女たちの魅力というものもあるので・・・そこで見る彼女たちというのは、ハッキリ言って100%、それまでよりも好印象を持つ事が出来ます。ただ、家に帰り、冷静になって考えてみて、もしこのまま応援し続ける覚悟があるか?というのを考えた上で、その後も行き続けるかどうかを決めます。

なぜなら、たしかに彼女たちから見れば単なるファンの一人かもしれないけど、現場に行き続ければ、そこでの知り合いもできるだろうし、もしかしたら本人にも覚えられるかもしれない。そうなった時に、途中で興味がなくなったからと言って辞めてしまうのは、たとえ趣味だから強要されたわけではないとは言え、本人並びに本気で応援している人たちに失礼ではないか?と思うわけです。
具体的に言えば、イベントに足繁く通い、握手会などでアピールして覚えてもらい、ファンの中でも人脈を作ったあげくに、例えば、そのアイドルが人気が出てきて、自分に対する扱いが悪くなったといった理由で「あんなのダメだ」と言ってやめてしまうっていうのは、なんだか僕の物差しから言えば、納得が出来ないのです。

そうは言っても、本気で好きでなければ、イベントに行かないのか?と問われたら、それはNOです。本気とまではいかなくても、興味を持っているアイドルであれば、当然イベントだって、コンサートだって行きますよ。本気ではなくても”嫌い”ではないのですからね。
でも、そこで本気で好きなアイドルと違うところは”目立つような行動はしない”ってこと。
あくまでも一般人レベルでの楽しみをするって事なんです。

いつだって、どんな時でも”カワイイ女の子”を見るって言うのは、実に楽しいです。
ホント何時間見ていても飽きないんじゃないかな?
盆栽や鉄道、自動車だけでなく、今が季節の紅葉を見るのが好きって言う人がいるでしょ。
彼らとは、たしかに見ている対象は違いますけど、おそらく気持ちは同じなんだと思いますよ。
そして、その姿を見て、非難する人がいたとしても、彼らも僕と同じように言うでしょう。”いいんですよ。わかる人だけがわかれば・・・”ってね。

|

« いざAKB歌劇団へ・・・そして・・・ | トップページ | AKB歌劇団「∞・infinity」を見てきたよ。(11/7) »

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドルを応援するファンとして・・・:

« いざAKB歌劇団へ・・・そして・・・ | トップページ | AKB歌劇団「∞・infinity」を見てきたよ。(11/7) »