« いざ東京ビッグサイト大握手会へ | トップページ | 朝から夜までAKB48三昧 »

2009年11月25日 (水)

今のハロプロの光と影

Manoerina01 真野恵里菜さんの5thシングル「Love&Peace=パラダイス」が、ノースリーブスの新曲「キスの流星」と同じ、本日11月25日に発売されるという事で、とりあえずPVを見せてもらいました。
いやぁ、それにしても、真野ちゃんって、もの凄い早いペースでリリースしてますね。

さて今回のシングルは、彼女のイメージそのまんまって感じだね。
PVもピンクを基調とした感じで、可愛らしく作ってあるんだけど、それよりも彼女の表情がいいね。
笑っているのもいいんだけど、中盤で見せてくれる少し拗ねたような表情が、これまたイイ!!
今回のPVを見て彼女は口をあけて笑っている表情よりも、口を閉じて微笑んでいる表情の方が、断然可愛いと思ったんだけど、どうなのかな?僕的には断然閉じているほうが、ハニカミスマイルになって、お好みなんですけどね。

歌詞は、もう定番とも言うべき”真野恵里菜ワールド”が全開ですよ。
その代名詞とも呼べるだろう擬音が今回も満載。そう”パラピプルルルラララ~♪”とかね。一見すると、何を意味しているのか?わからないんだけど、曲を聴いていると・・・あぁ嬉しいときの感情を意味しているんだな。って理解できてしまう。
これも彼女の歌の面白いところだよね。

こんな真野恵里菜こと”まのえり”ちゃんは、もう非の打ち所がないくらい完璧な美少女で、アップフロントが力を入れるのもわかるんですけど、ここまでリリースペースが速いとファンの方がついていけないんじゃないかな?

やはり年間3~4枚って言うのが理想的なペースだと思うんだけど、今年の3月にメジャーデビューしてから、約2ヶ月に1枚のペースですからね。
たくさん枚数を出す事で、年間売り上げ枚数を伸ばそうとしているのか?それとも話題づくりをして、テレビ等のメディア出演回数を稼ごうとしているのか?いまいち事務所の狙いが見えないけど、デビューしたばかりなのに、こんな曲を使い捨てのような扱いを覚えさせるのは、教育的にもどうかな?って思うよ。

これも別に真野ちゃんが悪いってわけじゃなくて、やっぱり事務所の問題なんだけど、このアップフロントって言う事務所は、とにかく育てると言う事を、ほとんどしないで、ちょっと輝きを見せるような原石を見つけると、事務所全体で一点集中してプロモーションを仕掛ける。
とにかくAKB48やアイドリング!!!に比べると、早急に結果を求め過ぎなんだよね。
真野ちゃん程の逸材であれば、もう少し育てながらの芸能活動でも将来的には十分回収できるだけの計算が立つと思うんだけど、そのあたりはハロプロという大所帯を単独の事務所で抱え込んでいるからゆえの問題なのかな?

以前までは、モーニング娘。を筆頭として、抱えているメンバーのほとんどが採算が取れた黒字経営だったのに、今となっては・・・そうですね。里田さん、道重さん、矢口さん、辻ちゃんといったところが黒字、その他は、おそらく真野ちゃんあたりでも経費超過の状態だと思うから、やはり厳しいんだろうね。
先日も長年ハロプロを支えてきた稲葉さんがタレント契約を打ち切られたり、その前だって久住さんの電撃的な卒業発表があったり、先月は℃-uteもオリジナルメンバーであった梅田えりかさんも卒業。
ハッキリ言ってリストラの嵐ですよ。今のアップフロントは。

そうそう久住さんといえば、先日のインタビュー記事で「今後の事は一切決まっていないから不安だ」なんていうのが掲載されていましたけど・・・正直なところ「やっぱりなぁ」って感じですよ。
あの事務所が、先を見据えて、久住さんの卒業を決定したはずがないですからね。
僕が書いた記事だと、事務所サイドからの一方的な解雇のように見えてしまったかもしれませんが、もっと厳密に言えば、たぶん”卒業"の二文字を最初に口にしたのは久住さんだと思うんです。
でも、そこで事務所サイドとしては、それを止めるなんて事はせずに、先日も書いた理由もあって、どんどん加速させていき、公式に発表して、もう後戻りできない状況にまで持っていってしまったのではないでしょうか?

記事では、さらりと書いて真相を濁しているけど、卒業の理由として挙げられていた「モデルになりたい」という発言も実際にあったのか?微妙な感じです。
さらに最後は「”お笑い”でもやりたいという久住さんには無限の可能性がある。そして、周りにいたメンバーもM-1とかに出演したほうがいいと同調していたのが印象的だった」と締めているけど、いったい記者は、どんな印象を持ったんだろうね。メンバーが久住さんの持っている大きな可能性を応援しているとでも思ったんだろうかね?

皆さんが、どんな感想を持ったのか?知らないけど、僕の感想は、この記者とは少し違うんだよね。
僕が、この文章を読んで思ったのは、メンバーの無関心。
実際にコンサートとかイベントを見に行った方ならばわかると思うんだけど、久住さんに”お笑い芸人”としてのセンスがあると思いますか?
たしかにラッキーパンチ的な天然の面白さはあると思いますけど、それだってコンスタントに出ているわけでないのが事実。

ホント事実が、これですからね。
そんなメンバーからのコメントは、深い意味や気持ちなんて全くない、その場限りのテキトーに言っただけなんですよ。

こんなのを見ていると、今のモーニング娘。っていうのは、長期間に渡り同一メンバーで活動しているだけで、実際のところ、チームワークはガタガタなのかもしれませんね。

|

« いざ東京ビッグサイト大握手会へ | トップページ | 朝から夜までAKB48三昧 »

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今のハロプロの光と影:

« いざ東京ビッグサイト大握手会へ | トップページ | 朝から夜までAKB48三昧 »