« AKB48紅白出場おめでとう | トップページ | 今のハロプロの光と影 »

2009年11月24日 (火)

いざ東京ビッグサイト大握手会へ

先週の話で申し訳ないんですけど、実は念願の大握手会に行って来ました。
そうビッグサイトでやった握手会ですよ。

全国握手会と違って、個人なので、どういうふうにやるのか?全然予想が出来なかったんですけど、とりあえずお気に入りの倉持さんと、これから期待している前田亜美ちゃんの握手券を手にビッグサイトへ。

ゆりかもめに乗った時から、すでに車内にはファンらしき人が数多く降り、案の定、会場であるビッグサイトの最寄り駅である「国際展示場正門前」では、ゾロゾロと多くの人が降りていきました。
まぁビッグサイトには、過去に何度も来たことがあるので、場所はもちろん、中の構造にしてもわかっていたので、一路西ホールへ。

西ホールに着いて、入口に行くためにエスカレータに乗ろうと下を覗いたら、まだ9:15だというのに、もの凄い人の数。
まだスタートしてから15分くらいしかたっていないのに・・・。
たしかに、その日の握手会は、9時から、あっちゃん(前田敦子)や、はるにゃん(小嶋陽菜)、篠田麻里子さん等々・・・主力メンバーがやっていたので、当然なのかもしれないけど、それにしても、スゴイ人でした。

そんな多数の人に圧倒されながらも、入口に行って見ると、中では巨大スクリーンで「RIVER」や「君のことが好きだから」のPVが流れ、横ではDVDやCDの物販が行われていました。
ハローだったら、限定グッズとか売りそうなものですけど、あいかわらずAKB48は、そういうイベントグッズ的なものには力を入れないんですね。

さらに歩を進めていくと、広い会場を縦割りにしてフェンスで列が作られており、その先には長机、そしてカーテンで仕切られた簡単な部屋のようなものが・・・。
「えっ、まさか個室で握手するの?」と思い、いきなり緊張度UP。

気分を落ち着かせるために、さらに先へ歩いていくと、17番のところに”前田亜美”の文字。
「おいおい、まだ心の準備ができてないよ」と、ここはひとまずUターンして、先程のところに戻ってくる途中、少し落ち着いてきたので、途中で、もう一度、列の先頭の方を覗いてみたら・・・あれ?机のところに誰かいる?さらに列の表示板を見ると「8 大島優子」の文字。

「えっ、もしかして、机のところで握手してるの?」
そうなんです、僕が今まで見に行っていた握手会やイベント、コンサートでは、メンバーは全員”衣装”だったんですけど、この握手会って言うのは”私服”なんですね。
だから、少し距離があったのもあって、全然気がつかなかったんですよ(汗)

それがわかってから、各メンバーを見て回ったんですけど、やはり各メンバー私服って事で、個性が出ますよね。
まゆゆ(渡辺麻友)やとも~み(河西智美)は、それぞれピンクと白のワンピース、そして頭にはリボンをつけて、ホントかわいかったね。
麻里子さんは、帽子を被っていたのかな?はるにゃん白いコートにチェックのミニスカートだったかな?あっちゃんは、やはりボーイッシュな感じだったよ。あと、たかみな(高橋みなみ)の頭がでっかかった(笑)
大島さんは赤と黒のチェックのジャケット?だったと思う。

そーんな感じで楽しんでいると、だいぶ握手にも行けそうな気分になってきたので、さっそく先程の17列へ。
係員の人に握手券を裏表見せて、中へ。
いざ握手するとなると、やっぱり緊張しちゃいますね。個人なので、いつもの全国握手会よりも長い時間できそうだけど、何を話そうと考えていると・・・どんどん列は進んで、いよいよ僕の番です。

僕「この前、劇場公演を見に行って、亜美ちゃんが一番輝いていたよ」
亜「ホントですか、ありがとうございます」
僕「また見に行くから頑張ってね」
亜「はい、頑張ります」
僕「じゃあね」
亜「バイバイ」

最後は、両手で手を振ってくれて、お別れ。
う~ん、やっぱ亜美ちゃんはいい子だったよ。ホント、目が大きくてきれいな女の子でした。話もしっかり聞いてくれたし、楽しかった。
特に最後の「両手で手を振ってくれた」のは、他のほとんどのメンバーが、お見送りの時にやっていたし、亜美ちゃんも僕よりも前の人に対して、やったりしていたから、特別にやってくれたわけじゃないんだけど・・・やっぱり、やってもらえると嬉しいよね。

亜美ちゃんの手は、本当にツルツルで、若いって素晴らしいですね。
やっぱ14歳だもんね。ふだん14歳の女の子の手なんて触ったら、逮捕されかねないのに・・・感動です。

亜美ちゃんの握手で、コツがつかめたので、その後は、他のメンバーを見たり、外に出たりして、次の倉持さんの握手会の時間まで暇つぶし。
16時になって、倉持さんの握手会がスタートすると言う事で、再び会場に行って見ると、先程よりも断然多い人が・・・その中でも倉持さんの列には多くの人がならなんでいて、彼女の人気の高さを思い知らされました。

とりあえず倉持さんの握手券は2枚持っていたので、あまり遅くなって握手が出来ないと泣くに泣けないので、とりあえず一回目の握手へ。
先程と同様の手順で列に並び、倉持さんのいる方を覗いてみると・・・白いセーターに、ベージュのスカート、温かそうなブーツ・・・いやぁホントに可愛かったね。
先程の亜美ちゃんも頭にちょこんとかぶった黒のベレー帽みたいなのが、可愛かったけど、倉持さんの私服は、ホント僕の好きなコーディネートだったから、たまらんんかったね。

さらに倉持さん、握手の時に、しっかりと身を乗り出したり、少しかがんでくれたりして、お客さんの話を聴こうとしてくれているんだよね。
ホント、スゴイなぁ・・・。なんて感心していると、隣の増田有華ちゃんや、みゃお(宮崎美穂)も同じだったんだよね。
握手会なんて、ただ握手して、「がんばってね」「ありがとうございます」程度の話をして終わるものだと思っていたんだけど、AKB48のイベントに来るようになって、その考えは変わりましたね。
少なくともAKB48の握手会って言うのは、ほんの少しの時間だけど、メンバーと会話させてくれます。そして、メンバーも、その短い時間に発せられるファンの話を聞こうとしてくれています。
この気持ちが嬉しいんですよね。

さて、倉持さんとの握手会ですけど・・・そこでの会話は、こんな感じ。

僕「倉持さんのために、なんとか仕事を終わらせて来たよ』
倉「え~ホントに。すみません、大丈夫なんですか?」
僕「大丈夫、大丈夫。でもホント今日は握手会に来てよかったよ」
倉「ありがとうございます」
僕「頑張って」
倉「はい、バイバイ」(両手で)

最後は、係員の人のハガシに少し耐えながらでしたが、言いたい事は言えてよかった。
実際、金曜日の夜は、仕事を残さないように必死でやってきたので、かなり気持ちが篭っていたかも?
倉持さんも優しくていい子だね。
手は、多くの人と握手をしていたからなのでしょう。温かかったよ。

一回目の握手が終わり、あまりにも言いたい事が全て言えてしまったので、次に話すことが思いつかず、少しフリースペースで大型スクリーンに映る告知を見ながら作戦会議。
すると、ゆかりん(佐藤由加理)が大型スクリーンに出てきて「20番レーンで握手会やりまーす、みなさん来て下さいねぇ」とのこと。その後も、CinDy(浦野一美)や佐藤すみれちゃん、小森美果ちゃんが出てきて、握手会の告知。
しかも生だからね。これは嬉しいでしょ。こういうところも、AKB48はファンの気持ちがわかっているよ。

このとき、知り合いから電話があって、時間があったら、会う事になってしまったので、いま一つ話す内容も決まらないまま再び倉持さんの列へ。
時間を見れば、もうすぐ20時。そんな感じだったので、こんな会話を。

僕「もうすぐ8時(20時)だけど、お腹空かない」
倉「うん、大丈夫です。さっきここ(隣の部屋を指差して)で卵のサンドイッチ食べたから」
僕「あと、もう少しだけど、頑張ってね」
倉「ハイ頑張ります。ありがとうございます」
僕「じゃあね」
倉「バイバイ」(両手で)

思いっきり日常会話で終わってしまいました(汗)
でも、そんな意味無しトークも、倉持さんとだったから楽しかったんだよね。
あいかわらず、倉持さんの手は温かくて、笑顔は可愛くて、いい思い出が出来ました。

全国握手会とは、やっぱ違いますね。
大握手会、個人との握手会ということで、緊張しますけど、その分得るものも大きな握手会でした。
私服を見ることも出来たし、なんかいつも以上にAKB48が近くに感じることが出来る素晴らしいイベントでした。
メンバーも、いつもよりリラックスしている感じがして、どのレーンも楽しそうでした。

また行きたいなっていうのが、素直な感想。
今度の新曲発売日は2月17日。
今度は寒そうだけど、そんな事は関係なしに行っちゃうんだろうな。

P.S.
ちなみに、その他のメンバーの衣装で覚えているのは・・・隣のレーンにいた増田有華ちゃんの私服は、ピンクと黒のチェックのワンピース。さすが大阪って感じでした(笑)
みゃおは、黒一色でコーディネートされてましたね。佐藤亜美菜ちゃんは白のブラウスにメガネをかけていたのかな?秋元才加さんは、イメージどおりBlue roseの衣装みたいな感じでした。

|

« AKB48紅白出場おめでとう | トップページ | 今のハロプロの光と影 »

AKB48」カテゴリの記事

ヲタ活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ東京ビッグサイト大握手会へ:

« AKB48紅白出場おめでとう | トップページ | 今のハロプロの光と影 »