« AKB48の人気の秘密 Vol.1 | トップページ | 新旧モーニング娘。がしゃべくり007 »

2009年12月20日 (日)

歓迎される者と歓迎されざる者

AKB48の紅白出場時の歌唱曲が決まりましたね。
その名も「RIVERサプライズ! 紅白Remix」

う~ん、AKB48もリミックスですか。
僕としては、出来る事なら一曲に絞って披露してほしかったんですけど、これもグループ系アイドル、出来るだけ多くのメンバーにスポットライトを浴びさせてあげたいって言うスタッフサイドの考えなのでしょうかね。

とりあえず表題どおりならば、オリコン1位を獲得した「RIVER」とバースデーソングの「涙サプライズ」のリミックスとなるのでしょうが、おそらく「涙サプライズ」ついては今回が60回目という節目の開催となる紅白歌合戦に絡めての演出があるんでしょうね。
他にもAKB48といったら、SKE48やSDN48といったグループも合わせて総勢100名以上という今までの芸能界の常識では計り知れない規模の大集団を形成できるので、この点を利用しない手はないでしょう。
NHKホールがいくら広いと言っても、さすがに、これだけの人数が入りきらないだろうから、そうなったら思い切って、客席も使っちゃえばいいでしょう。たしか、けっこう広い通路も各階にあったと思うし、意外といけちゃうんじゃないかな?

あと、楽しみというか期待しているのが、RIVERのオープニングにあるストンプ。
まだサルオバサン祭りや運動会の映像の時くらいでしかテレビで披露されていない、この秘密兵器を披露してくれるんじゃないかってこと。
これならば、AKB48のメンバー全員が、この高度なダンスを全員が踊ることが出来ると言う事で、ダンスのスキルの高さを見せつけられますからね。それには、この紅白は絶好の機会だと思うんだよね。
本番まで、あと11日。紅白の番組プロデューサーもAKB48を、今回の目玉アーティストの一つだと考えてくれているみたいだし、ホント楽しみですね。

話は変わって・・・今朝も、いつもの日曜日と同じように『ONE PIECE』を見ていたんですよね。
しばらく前からオープニングが変わったなぁって思っていたんですけど、今回のは、今までの”やってやろうぜ!!”的な雰囲気とは違って、どちらかと言えば”おとなしい”感じだったので、あまり気にも留めていなかったんですよ。
ですが・・・今日テレビの画面を見ていてビックリ、この歌って元モーニング娘。の矢口真里さんが歌っているんですね。
しかも作詞はカシアス島田、作曲は高原兄というヘキサゴンコンビなんですね。

いやぁビックリですよ。おそらくモーニング娘。を卒業して、ソロとなってから、ここまでクローズアップされたメンバーっていないんじゃないですか?
ホント、島田紳助に気に入られて良かったね。

ただね「ワンピース 矢口」って検索すると”批判殺到”や”掲示板炎上”って言葉が乱舞しているんですよ。
僕的には、そこまで酷い楽曲だとは思わなかったんですけどね。やはり『ONE PIECE』が好きな人から見たら、ダメなのかなぁ。
そういう濃いファンの皆さんからすると、もしかしてアニソンだから、フツーのポップスを歌っている有名人が歌うってことに嫌悪感があるのかと思いきや、前曲の東方神起に対しては、カッコイイといった感じで好意的なんですよね。

ちなみに僕もコミックスは全巻持っているので、今回の映画を見てコミックスを集め始めたようなファンよりは十分に濃いと思うんですけどね。

そんな僕が思うに、おそらく今回の一件は、単に今調子がいい(調子に乗ってる?)”ヘキサゴンファミリー”に対するアンチテーゼが根幹にあるのは間違いないと思うんだけど、それと同様に、前から言っている”元モーニング娘”っていう冠が邪魔していると思うんだよね。
もう、いいかげんテレビなんかに登場する時には、こういう冠は外してあげてもいいと思うんだけど・・・アップフロントに所属している間は無理なのかな?

|

« AKB48の人気の秘密 Vol.1 | トップページ | 新旧モーニング娘。がしゃべくり007 »

AKB48」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歓迎される者と歓迎されざる者:

« AKB48の人気の秘密 Vol.1 | トップページ | 新旧モーニング娘。がしゃべくり007 »