« 久しぶりにモーニング娘。の話題だけど・・・ | トップページ | AKB48は芸能界の育成枠? »

2009年12月17日 (木)

アイドルグッズは不況知らず?

AKB48の私物オークションでの収益が総額1161万円にまで達したそうで、その収益を「NHK歳末たすけあい」「NHK海外たすけあい」に寄付されたそうです。
スゴイですね。彼女たちの人気もそうですけど、ここまで出費するファンの皆さんもたいしたものです。この不況下で、これだけ出せるんですから、もう少し景気が良くなってもいいようなものですが・・・。

さてこのオークション総勢55人から出品されたようで、単純計算でも一人当たり20万円ですよ。
ここまでくると「AKB48」っていうのも一つのブランドですよね。

さらに落札された商品のランキングを見ると、けっこう面白い結果が見えますね。
1位は、たかみな(高橋みなみ)のピンクのマフラーだそうです。たかみなの商品は、他にも3位や10位になっていたりするので、もしかしたら一番人気かも?
一方、前回の総選挙で1位に輝いたあっちゃん(前田敦子)は、2位と4位にランクイン。
相変わらずの高い人気を誇っているのがわかりますね。
その他には5位と7位に篠田麻里子さん、6位に大島優子さん、9位にまゆゆ(渡辺麻友)とファン投票で上位を占めたメンバーが、予想通りの人気となりました。
そんな中、唯一とも言える健闘を見せたのが8位にランクインしたあきちゃ(高城亜樹)ですよ。
総選挙では23位でしたが、このオークションでは8位ですからね。やはりアンダーガールズでセンターを獲得した「君のことが好きだから」効果が出ているのかな?

それにしても、ここまでくるとファンにとってはもちろんだけど、そうでない人も「AKB48」だって言えば、少しは気に留めてくれる割合が、僕なんかが想像するよりも爆発的に増えているんだろうね。
まぁ年末に紅白がありますからね。年々視聴率が下がっており、今年は目玉がないとか言ってますけど、なんだかんだ言っても年末のトリを飾る看板番組ですからね。さらに言えば、この紅白って、世界中に配信されているんですよ。
・・・と言う事は、今年AKB48が進出したパリやカンヌそしてニューヨークでも見ている人がいるかもしれないんですよ。つまり「あの時に見たジャパニーズガールがテレビに出演しているよ」と驚く人がいるかもしれないってことですね。

さてさてグッズと言えば、アイドルにとっては、重要な収入源。
おそらくコンサートだけだったら、どんなアイドルでも収支は赤字になるでしょう。しかし、このグッズにおける収益によって、その赤字を補い、うまくいけばトントンくらいまで稼げるんですよね。

モーニング娘。をはじめとするハロプロ関連のコンサートでは、日替わり限定商品や個人ごとのグッズを集めた”全部セット”というものが売り出され、消費者の購買意欲を駆り立てています。さらに、こういったグッズにはファンのコレクションアイテムの代表格ともいえる”限定版のL版の公式写真”が付いていて、ますます購入したくなるように、うまく商売をやっています。

一方のAKB48っていうのは、前々から言っているようにグッズを売り込もうと言う意欲がいま一つ感じられないんですよね。
種類も少ないし、あんまり”限定”っていう商品もない。
でも、そんな感じのグッズですけど、一つ言えるのは、とにかくセンスがいいよね。
コンサートのツアーTシャツなんて、ハロプロだったらコンサート会場でしか着る事ができないようなデザインなんだけど、AKB48の場合は、普段着にも使えそうなくらいAKB48って文字を変に目立つようにデザインせず、でも、どこかしらにセンス良くプリントされているんですよね。
きっとこういうのも秋元氏が副学長を務める京都造形芸術大学の生徒さんなんかがデザインしているんだろうな。やっぱり学生と言えども、この大学の皆さんはアーティストであり、デザイナーですからね。
あんまりヲタヲタしいのは作りませんよね。
学生にとっては、自分がデザインしたTシャツが販売される事で自信となるし、AKB48サイドとしてはデザイン料が大幅に抑えられるし・・・とにかく秋元氏的には、良い事づくめなんですよね。

コンサート以外のアイドルグッズと言えば、やはりDVDが代表格ですよね。
この点については、価格だけ見れば圧倒的にハロプロ系の方が安価です。一般的なコンサートのDVDが3980円ですからね。正月と夏に開催するハロコンのDVDが特別仕様だったりして5000円くらいになったりしますが、これでも、かなり安いと思いますよ。
一方、AKB48は、一概には言えませんけど、DVDの価格は比較的高価なものとなっています。
ただ中身を見れば、コンサート本編以外にもメイキングがあったり、公演ごと披露する楽曲が違うために、結局公演数と同じだけのDVDが同梱され、ほとんどが複数枚でのセット販売となっています。
だから、価格的にも1万円を超える商品が多いのが特徴ですね。

でも、どうだろう?
AKB48のDVDって言うのは、その価格に見合うだけのクオリティがあるように思うんだけど、どうですかね?
特にシングルの初版にも付いており、コンサートではメイキング等が収録される特典ディスクの充実度合いは特筆ものですよね。

こんな感じだから、他で儲けていない分、たぶんDVDで儲けていると思っていたんだけど、この感じだと、DVDでも、あまり儲けていない感じですね。
う~ん、いったいAKB48って言うのは、どこで収益を上げているのかなぁ?

|

« 久しぶりにモーニング娘。の話題だけど・・・ | トップページ | AKB48は芸能界の育成枠? »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

かめさんの言われる通り
AKBの収益ってベールの部分ですよね。
ビジネスである限り収益はあるはずなんですがAKBって勢いのある今ぐらいで
トントンのように思います。

投稿: ひとなり | 2009年12月19日 (土) 10時39分

僕が思うに普通の経営だったら、明らかに支出超過だと思うんです。
でも秋元氏をはじめとしたAKB48関連以外でも一定の収入があるスタッフは、給料等を貰ってないと思うんですよ。

メンバーにしたって、AKB48での活動しか収入がないメンバーもいるでしょうから、彼女たちが生活できる程度の給料を払わないといけないですからね。

少なく見積もっても出演料だけで100人×20万円=2000万円ですからね。
けっこうギリギリだと思いますから、単に通り一遍のファンならばかまわないけど、本気だったら、そのあたりもありがたいと思わないといけませんよね。

投稿: かめさん@管理人 | 2009年12月20日 (日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドルグッズは不況知らず?:

« 久しぶりにモーニング娘。の話題だけど・・・ | トップページ | AKB48は芸能界の育成枠? »