« 新旧モーニング娘。がしゃべくり007 | トップページ | AKB48の人気の秘密 Vol.3 »

2009年12月22日 (火)

AKB48の人気の秘密 Vol.2

AKB48とモーニング娘。
この二つは、おそらく、どちらかが解散するまで、常に比較される事になると思うのですが、やはりトップアイドルまで行き着いたアイドルと言うのは、どこかしら共通する点があるものです。

今回僕が注目したのは、チームKです。
チャレンジャー精神旺盛な個性は集団。それがチームKだと思うのです。
苦難の中、荒波を越えてAKB48を軌道に乗せたのがチームAであるならば、AKB48の可能性と活躍の場をを大きく広げたのはチームKでしょう。
どちらも未踏の地を自分達の足で進み、開拓してきたと言う点では同じだと思うのです。

この前の運動会での河西さんの手紙にもありましたが、結成当時は「どうせ二軍でしょ」「あのパートは、あの子じゃダメだ」と、とかくチームAと比較された彼女たちですけど、どうにかして自分達の独自の色を出して、存在感をアピールしていこうと試行錯誤を繰り返す内に結束が強まり、今の体育会系なノリが生まれたのだと思うのです。

これって、モーニング娘。における2期と5期に近い存在だと思いませんか?
どちらもモーニング娘。が順調に成長していて、ファンの心情からすれば「必要ない」と思われる状況で加入してきた彼女たち。
2期メンバーである矢口さん、市井さん、保田さんの加入に対してファンの間で”反対署名”までされた事もありました。
一方5期メンバーっていうのも4期メンバーに後にミニモニ。として活躍する辻さんや加護さん、リーダーとなる吉澤さん、そしてセンターを務める石川さんとスター性のあるメンバーが多く、石川さんはまだだったけど、そのほかのメンバーは加入当時から華やかな活躍をしていただけに、5期の加入というのは時期的にも望まれていなかったんですよね。さらに、オーディション番組で提供会社のCMに新垣さんが出ていたために”コネ疑惑”なんていうのもあって・・・正直言って、今リーダーを務める高橋さん以外は、コンサートでも声援が格段に少なかったんですよね。
だから、チームKじゃないけど、ファンの間でも「あのパートは、なっち(安倍なつみ)じゃなきゃダメだ」なんて言葉が、コンサート終了後は、よく聞かれたものです。

先日のブログで、チームAには、開演の幕が開いた時に客席に数人しかいなかった時代を経験しているメンバーがいるから、ファンのありがたみがわかっているので、ファンを大切にする意識が備わっている。と書きましたが、僕は、このチームKには、ファンからの明らかなブーイングを跳ね返そうとする”負けず根性””雑草魂”みたいなものが備わっていると思うんですよ。

前述した”個性派集団”という言葉。
これだって、最初からチームKが個性派集団だったとは思わないんですよ。
つまり、チームAがフツーのアイドルとして活躍できるポジションを自分のものとして確立していたので、それ以外の場所・・・つまり隙間を探しだして、自分が活躍できる場を見つけた結果が”個性”と呼ばれるようになったと思うのです。

こういう逆境をバネにした経験を持つメンバーって言うのは、とても貴重なんですよね。
言い方を変えれば・・・そうチームAが「お客さんのありがたさを知っているメンバー』であれば、チームKは「お客さんの怖さを知っているメンバー」だと思うんですよ。
だからこそ、彼女たちは、どんな事にでもチャレンジして、自分のポジションを堅持し、さらにファンに自分達の頑張りを認めさせようと常に考えていると思うのです。

再び今のモーニング娘。の話題になっちゃうんですけど、今のモーニング娘。に、この「お客さんの怖さを知っているメンバー」っていうのは、新垣さんだけだと思うのです。
高橋さんも5期ですけど、彼女は加入当時から別格でしたからね。
こんな感じでは、やはりモーニング娘。のメンバー内における危機感と言うのは、知らず知らずの内に希薄となり、AKB48に追い越されてしまったのも当然の結果だと思われます。

そう、このチームKですけど、それこそ、チームAへの「追いつけ、追い越せ』の対抗心がファンにも伝染して、異常な盛り上がりを見せ、チームAが危機感を感じたこともあるって事もあったみたいですから、本当にスゴイ根性だと思いますし、チームAにしても、最初だけでなく今までには多くの葛藤や苦悩があったんだという事がわかり、ちょっと見方が変わりましたね。

いいね、今のAKB48って。
ホント、エピソード一つとってもドラマがあるよ。
(当時の本人達は、そんな悠長な事を言ってる場合じゃなかったと思うけどね)

|

« 新旧モーニング娘。がしゃべくり007 | トップページ | AKB48の人気の秘密 Vol.3 »

AKB48」カテゴリの記事

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48の人気の秘密 Vol.2:

« 新旧モーニング娘。がしゃべくり007 | トップページ | AKB48の人気の秘密 Vol.3 »