« AKB48の人気の秘密 Vol.4 | トップページ | サインは特別 »

2009年12月29日 (火)

NY公演も横アリも・・・AKB48には通過点

遅くなりましたが・・・AKB48が3月24日・25日と横浜アリーナでコンサートをやる事が発表されましたね。
いやぁ久しぶりに”横浜アリーナ”って言葉を聞きましたよ。
モーヲタ時代には、たぶん最多参戦数を誇った会場が、この横浜アリーナ・・・通称”横アリ”だったと思うんですよね。
あの大きな会場を使えるくらいの人気は、今のAKBならば、正直言って十分あると思っていたので、むしろ遅いくらいだと思ったりもしているんですけど、いったいどんなライブになるんですかね。
やはり、ハロプロみたいに周回路とか作ったりして、やるんだろうな。
AKB48の場合は、とにかく人数がいるからね。この周回路だって埋め尽くしてしまうような迫力満点の演出に期待したいですね。

横アリの次は、埼玉スーパーアリーナ、そして東京ドームへ。
着実に夢へ近づいていますね。

話は変わって・・・今日から、ようやく正月休みとなって、先日ファミリー劇場で放送されたニューヨーク公演の模様を見ました。

スタートから、かなりドキュメンタリー的な放送で、ライブ前のリハーサルや、ライブ中の舞台裏、ライブ後の楽屋での様子だけでなく、各メンバーに対して「アイドルとは?」とか「あなたにとってのAKB48とは?」みたいな、けっこうシビアな質問を投げかけたりして、ふだんはあまり見ることの出来ない真剣な表情で答えるメンバーを見ることが出来て、とても満足度の高い放送でしたね。

この放送を見てわかった事は、とにかくAKB48っていうのは、ここまで大きくなったけど、未だにチャレンジャー精神を持ち続けているだけでなく、さらに個人ごとを見ても、「いつまでもAKB48にはいられない」と言う事を自覚しており、卒業後の進路について、しっかりと考えているってこと。
100メートル走で良いタイムを出すためには、110メートルを走るきるなんて言います。マラソンランナーは練習で42.195を走るのではなく、60キロや70キロといった距離を走りきります。
これはアイドルも一緒。卒業後のビジョンをしっかり持っているメンバーっていうのは、やはり何事に対しても決して後ろ向きの発言なんかはしない、とにかく努力する。結果的に、その気持ちがAKB48における該当メンバーのパフォーマンスの高さにも繋がっているものだと思うんですよ。

今回はニューヨークそれもブロードウェイというショービジネスのメッカとも言える場所で、睡眠時間を削ってリハーサルをおこない、初めての公演を完成させる。
AKB48といえば、今までにだって何度も”むちゃぶり”に対して応えてきたのは事実なんですけど、それにしたって、ここまでの極限状態って言うのは、なかったと思うんですよ。
でも、彼女たちは、みごとにニューヨーク公演を完成させた。
これが自信となったのか?それとも本場の空気に感化されたのか?
大島優子さんやたかみな(高橋みなみ)、あっちゃん(前田敦子)なんかは、卒業後の進みたい道(女優・歌手)を思いっきり断言しているし、えれぴょん(小野恵令奈)も将来について真剣に考えているみたいだし、とにかく一つ一つのコメントが、普段の彼女たちとはまったく違っているんだよね。
そうそう、亜美菜ちゃんも、総選挙の結果やCMへの出演が自信になったのか?あの総選挙の時に感じた弱々しさを微塵も感じさせず、ホント目に力があって、言葉だって「もっともっと上を目指します」と・・・ホント強さを感じましたね。

さぁ今年の締めくくり・・・紅白歌合戦が近づいてきましたね。
歌うのは紅組の2番手ですけど、ドーンと派手にAKB48だけでなくSKE48、SDN48も呼んで、NHKホールのステージをメンバーで埋め尽くしてしまって欲しいですね。

|

« AKB48の人気の秘密 Vol.4 | トップページ | サインは特別 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NY公演も横アリも・・・AKB48には通過点:

« AKB48の人気の秘密 Vol.4 | トップページ | サインは特別 »