« あけおめ:今年注目のAKB48メンバーはコレだ!! | トップページ | AKB48の人気の秘密 Vol.5 »

2010年1月 2日 (土)

AKB48への苦言2010-1

ここ最近はAKB48の躍進がすさまじく、一方ハロプロの減退も目に余るものがあり、思わずAKB48マンセーな内容ばかりになってしまいましたが、正直言うとAKB48にも言いたいことはあるんです。

まず言えるのは先日の大量解雇にも見えた新加入メンバーの気持ちについてですね。
やはり今のAKB48の活躍を見れば、研究生とは言え加入できれば、スターへの道が開けたように思ってしまうのか?加入後に頑張る気力が薄れてしまうんですよね。
正規メンバーである各チームに加入すれば、ホリプロや太田プロ、尾木といったAKB48関連ではない事務所に所属して、個人の活動も活発に行っているメンバーがいるので、刺激になるとは思うんですけど、研究生だと、そういうメンバーも身近にいないし、正規メンバーは、ある意味”雲の上的な存在”であって「私達は、まだ入ったばかりだから仕方ないよ」と自分の頑張りに妥協してしまう事が多いと思うんですよね。

彼女たちに大事なのはAKB48に加入したら、研究生といえども、あっちゃん(前田敦子)、たかみな(高橋みなみ)といったフロントメンバーと同じラインに立っているっていう自覚なんですよ。
一般の会社と違って、アイドルって言うのは知識や経験がなければ前線に立てないわけではありませんからね。ようするに自分を如何にに表現するか?っていうのがメインであり、年齢や経験なんて全然関係ないので、加入直後からチャンスがあるんですからね。

正規メンバーに言えるのは、まずトップ7を崩す勢いのあるメンバーがいないって事ですね。
トップ7というのは、僕が勝手に作った言葉なんですけど、あっちゃん、大島優子さん、篠田麻里子さん、まゆゆ(渡辺麻友)、たかみな、はるにゃん(小嶋陽菜)、ともちん(板野友美)の7人の事で、結局総選挙でも、この一角を崩すことはなかったわけです。
対抗馬は、ゆきりん(柏木由紀)や、とも~み(河西智美)といったメンバーがいますけど、正直言って難しいかな?って思うんですよ。
でも、そうは言っても彼女たちは100名以上いる中で上位20位以内を死守しているので、日々努力しているのは認めますけど、最も大きな問題というのは、チームA,K,Bに在籍している事で満足してしまって、トップ7を崩すことどころか、選抜入りさえも口にこそ出したりしませんが、気持ちが冷めてしまっているようなメンバーがいるって事ですね。
僕も四六時中メンバーを見ているわけではないので、軽はずみな事はいえませんけど、コンサートや劇場公演の様子を実際に見たり、映像なんかで見ていると、そのように感じるメンバーがいるのは事実ですね。

AKB48としては、新しいことへのチャレンジが続いており、頑張っているのは十分に認めますし、さらにブログを毎日更新する等、これ以上言う事はないんですよね。
それでもあえて言わせてもらうならば・・・う~ん、なんだろうなぁ。
ホント困るなぁ。
ここまで人気が出ても普通っぽさは変わらないし、頑張ってるからね。強いて言えば、握手会に行ったら待ち時間が長くなったくらいなもので。
それでも握手の時には、まったく嫌な顔一つしていないし。

たしかにね、ダンスはRIVERでスキルアップしたかもしれないけど、そこまで歌は発展の度合いは見えませんね。でも、彼女たちのことだから、努力は続けているんだろうと思うんですよ。

あっそうだ!!
言いたい事を見つけましたよ。
そうです劇場公演ならば毎日あるので仕方ないかもしれませんが、大きな会場で行われるコンサートで、体調不良で欠席するのは、何とかして欲しいな。
やはりプロなんですから体調管理も、しっかりやらなくてはいかんですよね。
まぁ一番悔しい思いをしているのは本人だろうけど、競争率が高いなど、様々な理由で劇場公演には行けない人が満を持してチケットを手に入れて見に行くって人が多いと思うからね。

運営サイドは、まぁこういってはなんですけど、こんなもんでしょ。
たしかに問題は山積みですよ。けっして合格点をあげられるほどの点数はあげられませんが、それでもファンの事を大切にしている気持ちは、どのファンクラブよりも十分過ぎるほど強く感じますよ。はっきり言ってAKB48は急激に大きくなり過ぎて、運営サイドのレベルアップが、その成長についていけてない・・・このギャップが、ファンのイライラを誘発していると思うのです。
アップフロントもモーニング娘。が急激に人気が出てきて同じようなギャップが生まれましたが、結局のところ、ファンの意向よりも運営サイドの意向をファンに強制させる形にしてしまいました。このためにハロプロとファンとの距離は遠くなり、どんどん親近感が薄れてしまう結果となってしまったわけなんです。
AKB48のファンの皆さんは、そんなのイヤでしょ?

さらに言えば、僕は、今、いろいろと言われている運営サイドへの苦情なんかって言うのは、半分以上はファンの過剰な要求だとか、ファンが少し考えて行動すれば解決できるものばかりだと思うんですよ。
はっきり言って「オレはお客さんだ」と思っている内は、本当の意味でのファンではないんですよ。
考えても見てください。オリコン1位を獲得していながら、AKB48ほど、ファンの意向が反映される芸能人はいませんよ。
つまりファンも、ここまでAKB48の人気を築き上げてきた運営サイドの一人なんですよね。
この意識さえあれば、AKB48はもっともっと素晴らしいグループになるだろうし、問題もなくなるはずです。

ファンといえば、そうですね。
絶対に避けて通れない新規と古参の軋轢って言うのが、相変わらず発生してますよね。
古参のファンを言うのは、とにかく「俺が育てた」くらいの勢いですから、少しは優遇して欲しいと思っているし、ファンが増える事によって”推し”との距離が遠くなるので、面白くなくなる。
新規は、それまでの暗黙のルールといったものを知らないために好き放題な言動をして、場の空気を乱している。あと、あまり知らないのに知ったような口をきくっていうのもありますよね。

どちらも言い分はわかるんですけど、古参の皆さんって言うのは、AKB48業界では実績があるのはわかりますけど、その場を離れたら、ただの人だってことを自覚するべきですね。
新規は、とにかく古参の人も認めるくらいの実力でのし上がっていくべきですね。ホント僕も経験があるんですけど、もの凄い偉そうな事を言っている人ほど、ごく最近ファンになったような人だって事がよくあるんですよね。

冒頭で大見得を切ったわりに、なんだか重箱の隅を突くみたいな話ばかりになっちゃったけど・・・ホントこのくらいしか今のAKB48には文句を言えるところがないんですよねぇ(汗)

|

« あけおめ:今年注目のAKB48メンバーはコレだ!! | トップページ | AKB48の人気の秘密 Vol.5 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

確かにAKBに死角なしといったとこですがw  
かめさんの言われる通りメンバーの体調管理はしっかりして欲しいですね。 
AKBシアターの構造も怪我しやすいのか、多いですからね怪我する人。
膨大な人数なんで管理も厳しい面あるんだろうけど 
それは運営サイドの今後の課題でしょうね。 
卒業した美香ちーも公演で足を
怪我して無理して押し倒して 挙句
休業→卒業でしたから。

投稿: ひとなり | 2010年1月 7日 (木) 12時36分

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

たしかに、あの劇場のステージは、完全にフラットではありませんし、継ぎ目があったりして危険ですよね。

メンバー本人の気持ちに関係なく、ケガというのは、彼女達の夢を諦める原因となってしまいますからね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年1月10日 (日) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48への苦言2010-1:

» 大島優子最新DVD『と、ゆうこと。』 | [アマゾン探検隊]
JUGEMテーマ:女性タレント・アイドル・グラドル 大島優子最新DVD『と、ゆうこと。』出演:大島優子ワニブックス発売日 2009-12-06 勿体無い.... 2009-12-09 先にワニブックスより発売された写真集『優子のありえない日常』の、見事なまでに潔いメイキングDVDです。 写真集で出てきた衣装シチュエーションは一通り出て来ます。 ですから、写真集で着ていた小さめビキニも当然着ていますが、如何せんカメラが優子ちゃんの豊満な胸や形の良いお尻を狙ってくれません。(優子ちゃ... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 20時18分

» 大島優子最新DVD『と、ゆうこと。』 | [得アマゾン探検隊]
大島優子最新DVD『と、ゆうこと。』出演:大島優子ワニブックス発売日 2009-... [続きを読む]

受信: 2010年1月 4日 (月) 20時19分

» AKB48総選挙! 水着サプライズ発表 (集英社ムック) | [アマゾン情報局]
AKB48総選挙! 水着サプライズ発表 (集英社ムック)集英社 刊発売日 200... [続きを読む]

受信: 2010年1月 5日 (火) 20時47分

« あけおめ:今年注目のAKB48メンバーはコレだ!! | トップページ | AKB48の人気の秘密 Vol.5 »