« 桜の栞 | トップページ | 「AKB48は過剰競争なのか?」 »

2010年1月 8日 (金)

正月ハロプロに急遽参戦して見えたもの 番外編

他にも少し気になった点があったので、書かせてもらいます。

ハロプロのコンサートって言うのは、AKB48に比べたら、本当に豪華だよね。
セットはもちろん、衣装にしたってラメがいっぱい入って、キラキラしてるもん。
今回のコンサートなんかも、幕開けからそれぞれが所定の立ち居地に立って、ポーズをとっている・・・まるで宝塚とかのレビューショーを見ているかのようなステージだったからね。
ホント、まさにショータイム!!って感じでしたよ。

だから、年齢的には10代そこそこのメンバーがオトナっぽく見えて、このあたりはAKB48とは、逆の路線なんだなって思いました。
最近再結成したSPEED(スピード)のプロデューサーである伊秩弘将氏は、彼女たちにオトナっぽい歌詞の楽曲を提供し続けた理由として「普通の子供と同じ扱いをされるのがイヤだった」みたいなコメントを出していたけど、アップフロントも同じような考え方なのかな?

ステージの内容的には、終盤は各グループが登場しながらも、それぞれの代表曲をメドレー形式で歌いまくると言う、今までにはない形態のメドレーだったんだけど、これは楽しかったね。ほんの短い時間だけど、おいしいところだけを聴くことが出来て、それもオリジナルメンバーだから、さらに盛り上がったね。

あと最後の楽曲の時、人数の関係もあるんだろうけど、ステージ最前列のセンターに真野ちゃん(真野恵里菜)が立っていたのは、正直言って驚きだったね。
たしかにアップフロントが力を入れているのは、露骨過ぎるほどのプロモーションを見ているので、気がついてはいたけど、そこまで力が入っているとは。
先日の真野ちゃんのことについて書いたけど、今のままでは、ちょっとブレイクは難しいかな?って思うよ。とにかく今の真野ちゃんにはインパクトがないんだよね。
出演しても、印象に残らないんだよ。
実際にファンを大切に思っている事は、この短い時間の中だけでなく、ブログの更新もマメにしているって事からも伝わってくるし、ホント素直で良い子だと思うから、ハロプロが好きな人で、真野ちゃんの事を嫌いだなんていう人は、変な妬みを持っている人を除いたら、一人もいないと思うんだ。
実際に、誰が見たって「可愛いなあ」とは思うんだろうけど、そっていうのは、その時限りであって、結局のところ数日経てば忘れてしまう・・・その程度のレベルなんだよね。
なんか一つでも、印象に残るような”ウリ”を作らないと、いけないと思うんだよ。

どんなに事務所が頑張って仕事を取ってきても、そこをやっとかないと次に続かないんだよね。

他に気づいたのは、そうだね。
キレイな子ばかりになっちゃったね。ホント容姿端麗で笑顔の可愛い子ばかり。
たしかにタイプはいろいろなんだろうけど、クセのあるメンバーって言うのが、一人もいないよね。
だから、年齢くらいしかマイナス気味のパスを出せないのが、フリートークがつまらない原因なんじゃないかな?以前だったら、ぽっちゃり体系の子や、お笑い担当の子がいたから、そういうのをネタに盛り上がったりしていたんだけど・・・そういう自虐ネタの標的になるようなメンバーがいないのは、正直厳しいよね。

あと・・・モーニング娘。の新曲「女が目立って なぜイケナイ」って。
また同じような曲だったね。スマイレージで、あれだけ楽しそう曲が、つんく♂氏は書けるのにモーニング娘。に提供する曲は、相変わらず。
自立した強い女性を主人公とした歌詞に、マイナー調の盛り上がりにくい曲。
これじゃあ、楽しめないよ。

最後に、新年一発目のコンサートで、オーディションや新加入等の新しい展開を発表しなかったと言う事は、昨年の卒業メンバーは単なるリストラだったようだね。
あくまでも僕の偏見だけど・・・やはり黄金時代を経験しているが故の問題が、いろんな面で出てきたりして、事務所の経済状態も、かなり厳しい状態なんじゃないかなぁ?

一方のAKB48は、新年元旦に発売されるショップの福袋を目当てに並んだファンに、メンバーがカイロを差し入れしたり、元旦ライブに招待したり、もうそれこそ、ハロプロファンには考えられない事ばかりしてるんだよね。
僕も、ハロショ(Hello! Projectオフィシャルショップ)の福袋写真を買うために並んだ事があるけど、メンバーどころか、スタッフからも、そんな優しい事をしてもらったことはなかったよ。ファンクラブにも約10年入っているけど、イベントにも招待してもらえないし・・・。

これって、ファンにとっても嬉しい事だけど、AKB48にとっても実際に並んでいるファンを見ることで、自分達のおかれた立場といったものを実感できるんだよね。
だから、彼女たちは、こんなに人気が出てきても、あんなに腰が低いんだね。

う~ん、ここまでやるAKB48に対して、母体がこんな状態のハロプロ。このままでは、ちょっと巻き返しは厳しいかな?

|

« 桜の栞 | トップページ | 「AKB48は過剰競争なのか?」 »

ハロプロ」カテゴリの記事

ヲタ活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月ハロプロに急遽参戦して見えたもの 番外編:

« 桜の栞 | トップページ | 「AKB48は過剰競争なのか?」 »