« アイドルからの贈り物 | トップページ | 300回記念「好きなアイドルランキング」 »

2010年2月28日 (日)

フラットに考えてみよう

この頃、どう見ても、AKB48よりの発言が多かったので、今回は、そういう視点を変えて、フラットに見てみようと思う。

フラットに見て、今のAKB48は、ハロプロは、どうなんだろう?

こんな事を書いては、元も子もないのかもしれないが、しょうがない。
これが僕のブログだからね。

そんな僕が思うに、AKB48は、本人達の頑張りは、もちろんだが、スタッフの頑張りが、本当にすごいと感じる。
たしかに素材的にはいいものを持っているけど、まだ個人の知名度は低いと思う。
一番人気のあっちゃん(前田敦子)にしたって、まだ知名度は低いと思う。おそらくモーニング娘。でいったら、5期メンバーと変わらないくらいじゃないだろうか?
当然の事ながら、なっち(安倍なつみ)や加護ちゃん(加護亜依)辻ちゃん(辻希美)に比べたら、全然低いと思う。

そんな彼女たちが、音楽番組だけでなく、バラエティ番組やCMといった番組に数多く出演している。テレビをはじめとするマスメディアって言うのは、新しいもの好きなので、最近人気が急上昇している彼女たちを起用するのは、当然の事なのかもしれないが、現在は100年に1度の大不況。
視聴率が取れなければ、スポンサーもつかなくなってしまうので、彼女たちを起用する理由は、それだけの少なからず逸材だと認めているからなのだと思う。

ただAKB48だって、最初からプロな分けではないので、きっと彼女たちを導いた人たちがいるに違いないわけで・・・それが、スタッフなのだと思う。
しかし、先ほども書いたように、ここまで頑張っても、まだAKB48が、彼女たちのキャラクターだけで仕事を取るのは、なかなか難しいことでしょう。
そんな状態でも仕事をとってこれるのも、スタッフの力だと思うのです。

言うなれば、AKB48の今の活動って言うのは、スタッフによって作られた道を、スタッフに先導されながら、前に進んでいるっていう状態なんだと思うんです。

でもね、これで彼女たちが、過剰評価されているとは思わないんですよ。
スタッフが準備し、引っ張っている道は、他のアイドルだったら、絶対に値を上げてしまうだろうと考えられる、とてつもなく困難なものばかり、それを立派にクリアーしているんですからね。

一方のハロプロは?と言いますと。
以前に比べて個人の知名度は下がってしまいましたが、AKB48よりも、断然知名度があるのは、誰の目にも明らかでしょう。
モーニング娘。と言えば、国民の半数以上は知っているでしょうし、他のユニットだって、名前くらいは聞いたことがあるというものが、ほとんどでしょう。
さらに個人についても、おそらくモーニング娘。野4期メンバーまでは、多くの人に記憶されているでしょう。
ホント、ソロで活動しているアイドルよりもグループの中の一個人で知名度があるなんて事は、本当に凄い事なんですよ。

ただ残念なのは、そのハロプロやモーニング娘。という名前を世間の人が聞いた時「なつかしいな」と思われてしまうこと。
まだ活動しているのに懐かしいなんて思われちゃったら、こんなに寂しいことはありませんよ。
僕はね、ハロプロのメンバーは、けっこう頑張っていると思うんですよ。
ただ、今の中心メンバーが、加入したばかりのころって言うのは、キャラの強い先輩方が多くて、あまり前に出る必要が無かったために、勉強不足なんですよね。それが、最近は行ったメンバーって言うのは、ハロプロの現状を、第三者的に見ているから、まだ実力が伴っていなくても、けっこう前に出て行こうとしているんですよ。
これが、ホント悲しいことなんですけど、こういう頑張ろうとしている気持ちはあるのに、それを表現する場がないんですよ。
だから、新規のファンだって獲得できない状況が続き、ハロプロが、どんどん世間から薄れていっていると思うんです。

僕は、この元凶は、やはりスタッフだと思うんです。
今は改善されつつありますけど、少し前までのハロプロのスタッフは、それこそ国民的アイドルと呼ばれていた頃と変わらない運営を、ずーっと続けていたんですよね。
所属アイドルは、自分達のものであり、ファンのものではない。ファンは、彼女たちに会いたければ、自分達が統制しているフィールドに来て、自分達の言う事を聞かなければ、あわせることは出来ない。
そういう考えの下に活動をしていたため、ファンは自分の好きなアイドルとの距離を感じ、
より身近な地下アイドルや、AKB48へと移っていってしまったのだと思うのです。

このために、人気が下がってしまい、国民的アイドルの称号も失ってしまったわけですが、僕が、本当にイヤなのが、今のハロプロのスタッフが、ちょっと開き直っていることなんです。
別に国民的な人気は得られなくても、今、ハロプロが好きで、付いてきてくれる人だけがふぁんでいてくれればいい・・・的な考えを持っているように、凄く感じるんです。

先ほどのような言い方をすれば、スタッフが作ったテーマパークの中で楽しめる人だけが来て、楽しんでもらえばいい。気に入らなければ、他に行ってもらえればけっこう。
そんな感じですかね。

これでは、ハロプロも終わりますよ。
最近は、他のアイドルの活動を見たりして、この運営人も、だいぶ考え方も換わってきたように見える部分もあるので、ちょっとはマシになりそうですけど、はたしてどうなりますやら。

|

« アイドルからの贈り物 | トップページ | 300回記念「好きなアイドルランキング」 »

AKB48」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラットに考えてみよう:

« アイドルからの贈り物 | トップページ | 300回記念「好きなアイドルランキング」 »