« チャンピオンの最大の使命はチャンピオンであり続けること。 | トップページ | MIXの功罪 »

2010年2月 5日 (金)

”マジすか学園”の狙いって

久しぶりに連続ドラマを欠かさずに見ているんですよね。
そう、今夜も放送される”マジすか学園”です。
ところで・・・この番組の視聴率的には、どうなんだろ?
まぁ、時間帯を考えれば、3%くらいだったら上出来だと思うけどね。

さて先週は、また新しい展開がありましたね。それまでは水戸黄門のように終盤になったら、前田敦子がメガネを取って、それまで言いたい事を言ってきた奴らをボコボコに倒すって言うストーリーだったんですけど・・・。
今回は、水戸黄門というよりもウルトラマンですね。
相手は”言いたい事を言ってきた奴ら”ではなくて”やりたい事をやってきた奴ら”に変わったんですよね。正直な話、前田敦子は全編を通して顔に傷なんて作らないと思っていたんですけど、今回は”わざと”とは言え、ボコボコにされちゃいましたからね。
最終的には、お決まりのように勝利したわけですけど、今回はホント良い意味で予測を裏切ってくれたので、ドキドキしましたよ。

前回登場の山椒姉妹ですけど、僕的にはみゃお(宮崎美穂)よりも、らぶたん(多田愛佳)や、まなまな(奥真奈美)の方が怖かったな。
みゃおの場合は、殴ったりするシーンでは実際に怒っている表情なんだけど、らぶたんとかは笑顔で殴ったりしているんだよね。ホント人を殴ったりするのを楽しんでいるって感じがして、そのあたりが、よりいっそう怖さを倍増させていた感じがしました。

先々週の学ランもよかったけど・・・先週は出てこなかったね。
それこそ、前田敦子がピンチの時に一度くらいは登場するかな?って思ったんだけど、残念。
今週は、ついに新キャラクターであるチョウコク(秋元才加)が登場。前のエンディングで歌舞伎シスターズを制圧して、最後に百人一首の歌を詠みながら、札を置いていくあたりがカッコイイですね。
ネズミ女(渡辺麻友)も前回は少しだけ登場しただけにとどまりましたが、今週はたくさん出演しそうですね。予告だけ見たけど、このネズミ女って、今までのキャラクターと違って、頭脳戦で攻めてくるタイプみたいだね。いいなぁ、いかにも、まゆゆ(渡辺麻友)らしいね。
あとは、そう熱血生徒会長(峯岸みなみ)が登場!!全然どんなキャラなのか?わからなかったけど・・・あの鋭い眼光は期待できそうだね。
そう見ると、今夜は新しいタイプのキャラクターのオンパレードだね。

話は変わって、タイトルにもある”マジすか学園”の狙いですけど・・・。
今回、エンディングの桜の栞が終わった後に、あっちゃん(前田敦子)がモバイルコンテンツの紹介をしているのを見た時に「これだ!」って思ったんですよ。
つまり、このドラマでは、メンバーのネガの部分を見せているんですよ。ネガっていうのは、ネガフィルムの事で、被写体の明暗や色が反転した画像がつくられる写真フィルム(Wikipediaより)の事なんだけど・・・つまり、普段多くのファンから愛されているAKB48ではなく、どちらかと言えば、ファンが見たくない部分、こんな事をしたり、言ったら嫌いになるだろう負の部分を大幅にクローズアップしたドラマだと思うんです。

だからこそ、汚いヤンキー言葉を使ったり、人を殴ったり蹴ったりするシーンが多いのだと思うのです。そして、このドラマが終わった時、それでもファンでいる人って言うのは、AKB48に対して受け入れられる許容範囲が、それまでの倍近くにまで広がっており、秋元氏が考えるAKB48の次なる一手の選択肢を増やす事ができる。

前回も書かせていただいたメンバーの自信になるといった効果も期待できる等、このドラマって言うのは、単純に人気が出てきたから・・・ていう理由ではなく、一石二鳥どころか三鳥も四鳥も見込める企画だったんですね。
う~ん・・・さすがだね、秋元氏。

P.S.
なんか書くタイミングを逃しちゃったので、ここに書くけど。
前回の放送でのムクチ(小森美果)面白かったね。なんか言おうとするんだけど、先に言われてしまって、言い出せないって感じで・・・。
僕が大好きな小説「銀河英雄伝説」に登場する沈黙提督と呼ばれるアイゼナッハでさえ、一言だけですけど話したのですが、はたしてムクチは、このまま無口で終わってしまうのでしょうかねぇ・・・?

|

« チャンピオンの最大の使命はチャンピオンであり続けること。 | トップページ | MIXの功罪 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

前田敦子かわいい!!

投稿: 前田敦子 | 2010年2月 6日 (土) 12時02分

こんにちは

『マジすか学園』最高ですね。
以前、youtubeで見た記者会見では篠田さんが 私の名前はサドです。どちらかといえばマゾなのですが 
と言っていたのはそういう事なんですね。
僕はこのヤンキー物で正解だと思いますね。でなければ探偵物か。
色んな意味で『マジすか?』『マジだよ』なんでしょうね。

投稿: ひとなり | 2010年2月 6日 (土) 22時50分

ひとなりさんも楽しんでいらっしゃるようで・・・やはりAKB48が好きならば、ぜったいに面白いと思うんですよね。

篠田さんは、たしかRIVERの特典映像で「うち来る」っていうのがあったと思うんだけど・・・あのあたりでマゾっぽさを感じましたね。
押されると弱いんじゃないかな?

そういう弱い篠田さんもホント魅力的ですけどね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年2月 8日 (月) 22時29分

マジすか学園をみて銀河英雄伝説を連想した方はやはりいたんですね。
小森はアイゼナッハもモデルにしたのかと同感した方がいてニヤニヤしてます。

他にも似てる配役が多いと感じたので
馬路須加の配役を変えてみた★

前田敦子 ヤンウェンリー(最強)
大島優子 ラインハルト(病死)
高橋みなみキルヒアイス(早い時期に戦死)
篠田麻里子ロイエンタール(反抗)
板野友美 ミッターマイヤー(多くの舎弟)
トリゴヤ オーベルシュタイン(鶏肉関係)
ブラック メックルンガー(詩人)
松井玲奈 オフレッサー(凶暴)
指原莉乃 ビッテンフェルト
北原里英 ミューラー
仁藤萌乃 ワーレン
高城亜樹 ケスラー
小森美果 アイゼナッハ(ムクチ)
矢神久美 バイエルライン
山椒姉妹 ビューロー、ジンツァー、ドロイゼン
あじゃ  ブラウンシュヴァイク
秋元才加 メルカッツ
なちゅ  ユリアンか?
宮澤佐江 アッテンボロー
大小歌舞伎シェーンコップ、ポプラン
峯岸みなみトリューニヒト
渡辺麻友 ルビンスキー

投稿: 森けん | 2010年6月 5日 (土) 13時10分

森けんさん、こんにちは。

いやぁ、嬉しいですね。
思わずニヤニヤしながら読み入ってしまいましたよ。AKB48だけでなく、銀英伝の話も出来るなんて・・・いいキャスティングですね。

特に、まゆゆのルビンスキーは、僕も少なからず感じていたところですね。

僕の意見を少し言えば、
大小歌舞伎は、シェーンコップとリンツじゃないですかね。
秋元さんのメルカッツは、上手いですね。
なちゅは「なるほど提督」のパトリチェフかな?

また、こういう事で楽しみたいですね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年6月 6日 (日) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”マジすか学園”の狙いって:

« チャンピオンの最大の使命はチャンピオンであり続けること。 | トップページ | MIXの功罪 »