« 「生中継セットリストベスト100」最終日観戦記   最終章 | トップページ | ”ゆりはむ”の真相はいかに? »

2010年2月 1日 (月)

1人のファンの行動が・・・

おいおい、またかよ。
ってなわけで、またAKB48の名前に泥が塗られたわけです。
それも、本人達には全く関係のないところで。
そう、AKB48のファンが、追っかけ費用を稼ぐために、窃盗を繰り返していたそうで・・・。

前回の郵便のヤツもそうだったんだけど、ホントどこまで自分の事しか考えていないヤツなんだろうね。
そんな事をして、AKB48に会いに行った所で本人達が喜ぶとでも思っているのかね?
だいたいさぁ、本当にAKB48のことが好きだったら、たとえ、そのことが事実だとしても「AKB48に会いに行くために窃盗を繰り返していてました」なんて供述するなよ。

そんな事を言ったら、どうなるのか?わかってんのかね?
秋元氏をはじめ、多くのスタッフや、彼女たちを応援してくれている人々が、ようやくここまで育て上げたAKB48を一瞬で葬り去る可能性だってあるんだよね。
まぁマスコミなんてものは、センセーショナルな見出しを求めるので、こんなふうな報道になっているんでしょうけど、窃盗して稼いだ金銭が全て”追っかけ費用”に消えているなんて事は、絶対にありえないと思うんだよ。むしろ、そいつの生活費として消えている方が、絶対に多いに決まっている。

ハロプロのファンも、それこそ全盛期の頃は、そういう犯罪まがいな事をやっていた連中もいるけど、こんなふうに「ハロプロ」を貶めるような発言はしなかった。これって、別に褒められた事じゃないけど、いくら悪行に手を染めてもハロプロと言うものを大事にしていた証拠だと思うんだ。
それに、けっこうファン同士の横のつながりも密だったから、迷惑をかけたくないっていう思いもあったのかもしれない。

でも、今のAKB48のファンって言うのは、あまり横の繋がりが蜜じゃないから、どちらかと言え「自分さえよければいい」的な考えの人が多いように思うんだよね。
だから、こんな軽はずみな行動や発言をしてしまうんだよ。
こんな事をする人は、はっきり言って、AKB48のファンの中でも1%にも満たない人なんだろうけど、そこがマスコミによってクローズアップされれば、一般大衆にとっては、「AKB48のファン=悪い人・犯罪者」ってイメージができてしまうんだよ。

イメージっていうのは、一度付いてしまうと、なかなか覆すのは難しいんだよ。
過去にもイメージ(風評)でつぶれた会社って、たくさんあるよね。これと同じ事が、AKB48でも起こる可能性があるって事。
ファンだったら、そういう事も考えて行動したり発言すべきだと思うな。

なんか、こんな事を前も書いたような気がするんだけど・・・これで終わってしまっては、後味が悪過ぎるので、話題を変えて。

「追っかけ」って言うのは、好きな芸能人を追いかけて各地を転戦していくって言う事なんだけど、AKB48っていうのは、その活動のほとんどが東京で行われ、地方に行くのは全国握手会くらいなもの。グッズだって、正直安いものばかりで、あまり経費がかからないと思うんだよね。
劇場のチケットは、あれだけのチェック体制があるから、転売なんて出来るわけも無く・・・。

ハロプロだったら、それこそ休日は2公演ずつ、日本各地でコンサートを開催しているから「追っかけ費用」かかると思うんだけど。
前述したように、AKB48は、それが無いからね。それにチケットが取れなければ、転売とかも無いから、諦めるしかない。しかしハロプロは、なまじっかオークションなんかで購入できたりするので、大変だと思うんだよね。

それでも今は、ハロプロの人気もおさまってきているから、比較的ラクになってきているんだけどね。
僕が夢中になっていた頃は、それこそ約15000人収容の「大阪城ホール」でさえ、ファンクラブの優先予約でさえ落選していましたからね。それに比べたら、今は席さえ贅沢を言わなければ、チケットも取りやすいからね。
さらにハロプロは相変わらずの休日中心の全国行脚がコンサート活動の基本だから、1年に1~2回くらいは、”アリ地獄”方式で地元で待っていても見ることが出来るんだから。

そうは言っても、自分の生活に影響が出るくらい本気で応援するとなったら、全国を追っかけると思うので、ファンとしての活動は、本気になれば、なるほどAKB48の方が、本当にラクだと思うよ。
まぁAKB48の場合は、それこそ東京近郊に住んでいればラクなのは当然ですけど、地方にいても、けっこうラクだと思うんだよね。
つまり東京って言うのは、どんな公共交通機関でも必ず繋がっている要所なんですよ。
例えば札幌と稚内と網走の人が一番ラクに会える場所といったら東京ってことなんです。

昨年はオリコン1位を獲得するなど、AKB48は、たしかに人気が出て、以前に比べたら身近な存在ではなくなってきています。人気が出てくれば、ファンとの距離が遠くなるのは、過去の事例から見ても、明らかな事です。しかし、AKB48は、全国握手会はもちろん、AKB48劇場といった”身近であり続ける”ための活動は変わらず行われているだけでなく、3月の新曲イベントではツーショット撮影会まで開催してくれる予定です。ハロプロだったら、以前に行われていたディナーショーが最も安価でツーショットで撮影してもらえるチャンスだったのですが、それでも約20,000円ですよ。
これを聞いて、それ以前は、ファンクラブのハワイツアーのみでしたから、その10倍である200,000円ですから、安くなったなぁって思ったものです。

それぞれ人によって、満足できるレベルが違うのかもしれませんけど、AKB48のファンは恵まれているという事を自覚すべきだと僕は思いますね。

|

« 「生中継セットリストベスト100」最終日観戦記   最終章 | トップページ | ”ゆりはむ”の真相はいかに? »

AKB48」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

その握手や撮影をたくさんしたい
ために何十枚も買うから
お金が必要なのでは。
劇場行くためにFCに何口も入る
人とかもいますよね。
AKBは「握手」には恵まれて
いますねぇ~ 
新曲出すたびに握手会連発で
「握手会アイドルかよ!」と感じます。
私はあまり「握手」は重要ではないです。

投稿: しっちい | 2010年2月 2日 (火) 00時17分

この馬鹿者のおまけ情報を…(^^;

・こいつは30代(同じ30代として悲しい)
・以前はハロヲタ(^^;;;
・ハロヲタ時代から窃盗金策してた

まあ…ほんとに馬鹿って事ですね

投稿: 名阪 | 2010年2月 2日 (火) 00時37分

同じファンとして残念、怒りという感情より、もう呆れてしまいました…


ちなみに、こいつを逮捕した栃木県警小山署は優子サンの地元のようです。

投稿: シャレス | 2010年2月 2日 (火) 21時57分

しっちいさん、ありがとうございます。
まぁFCの複数登録とかCDの服す上手い購入なんていうのは、ハロプロの悪い風習がAKB48に波及したんですけどね。
実際、僕の友人なんかは、一人でFCに25口加入していたり、CDは握手券欲しさに50枚購入なんていうのがいましたからね。

しっちいさん的には、あまり価値のない握手ですけど、やはりコンサートを見るよりは、大きなインパクトを与え、ファンを増やすには最適な手段なんですよね。
握手会って言うのは、一瞬ですけど文字通り手の届く距離で会えるわけですから。

たぶん、しっちいさんはAKB48のメンバーと握手をした経験があるから、もう価値を見出さないのだと思うのですが・・・?

でも初めての人から見たら、すごいことだと思うんですよ。
だからこそ、アイドルのプロモーションには、随分前から採用されているのだと思います。


名阪さん、ありがとうございます。
まぁ以前から、ハロヲタで、ここまではいかなくても、法ギリギリでやってたヤツはたくさんいますからね。
変わらないって事ですよ。


シャレスさん、ありがとうございます。
そうですね。小山ですもんね。
こんな事で一致してしまうのも寂しいですけど。
栃木ならば、他のファンから比べたら恵まれているほうなのにね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年2月 2日 (火) 23時50分

歌より握手の方が大事ですか。
私と価値観が違うようなので
いろいろ言っても平行線になりそう。

AKB48との握手は一応したことがあります。
たまにはいいと思いますが、握手する時間
があるなら、歌う曲増やせと思う方です。
AKB48には歌>握手を希望したいの
ですけどね。

ちなみに私はハロプロ全般にいろいろ
行っていますが、
「私」は現在はハロプロの方が楽しいと
思います。握手よりコンサートを
しっかりホールでやってくれますので。

あと、例えの方は札幌で集まるのが一番
だと思いますが...

投稿: しっちい | 2010年2月 3日 (水) 22時12分

しっちいさん、こんばんは。

握手の価値というのは、今までのヲタ活動によって違ってくると思いますよ。
僕みたいに、ほとんど握手をするチャンスのなかった人にとっては、コンサートよりも尊いものだと感じてしまうと思うのです。

おそらくAKB48は、まだ新規ファンを獲得することがメインで活動しているので、握手がメインのイベントになっていると思いますよ。
ファンの維持をメインとなったら、イベント内容も変わってくると思います。
先日のサルオバサン祭りのように無料で、コンサート並みのステージを見せてくれるようなイベントが多くなってくると思うよ。
AKB48は、今のところ握手会でうまくいっているから、変えにくいんじゃないかな?

僕と違って、聴くだけでいいとか、ヲタ芸を打てればいいと言う方ならば、そりゃあもちろんハロプロの方が楽しいと思いますよ。
ただ、それだって楽しみ方によって違うと思うのです。特に僕の場合は、フリコピをしたいと思っているので、今のように高度なダンスばかりだと、全部覚えられないので、毎回コンサートで不完全燃焼になってしまい、終了後は敗北感でいっぱいなんですよ。
そうは言っても、前述の歌を聴くことをメインとするのが、コンサートの正しい楽しみ方だと思いますよ。


札幌だと思うでしょ。
でも便数が少なかったり、あっても期間限定だったりして、そうとも言えないのが事実なんですよ。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年2月 3日 (水) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1人のファンの行動が・・・:

« 「生中継セットリストベスト100」最終日観戦記   最終章 | トップページ | ”ゆりはむ”の真相はいかに? »