« 小ネタ集だよ~ん | トップページ | AKB48への逆風・・・ところによって、やや強いでしょう。 »

2010年2月10日 (水)

PVの話をしようじゃないか

新曲が発売するとなると、その楽曲と同じくらい気になるのがPVなんですね。
まぁ、そういう人は、別に珍しいことではなくて、おそらく、このブログを読んでくれている人も同じような感じだと思うんですけど。

今日、友人と話をしていて、AKB48とハロプロ特にモーニング娘。のPVについて話していたんですよ。
まぁ映像なんてものは、楽曲と同じく”好み”があるので、好きなPVと言うのは、人それぞれだと思うんですけど、完全に僕目線で書かせてもらいますね。

これらのグループのPVを見てみると、明らかな違いがあるんですよね。
もちろん出演者が違うとか、人数が違うなんていうものではありませんよ。

それは、モーニング娘。のPVのほとんどがスタジオで撮影されているのに対して、AKB48は、スタジオではなく野外などの屋外で撮影されたものが多いって事なんです。
これって、別に全てに当てはまるものではないんですけどね。モーニング娘。だって”ふるさと””サマーナイトタウン””愛の種”そして”歩いてる”等と言った作品はスタジオを飛び出して屋外で撮影されています。
ただ、AKB48に関してみてみると・・・たぶん、全ての楽曲じゃないかな?って感じがするんですけど。

これって気にしなければ、別にたいした差ではないのかもしれないけど、僕から見ると大きな差だと思うんですよ。
やはり屋外で撮影するとなれば、天候等によって撮影のスケジュールに影響が出たり、その他にも思いがけないハプニングみたいなものが起きたりして、本当に大変だと思うんです。
一方、スタジオでの撮影であるならば、それこそ箱の中で撮影するわけですから、天候と言った予測不可能な事象によってスケジュールが乱されることはありません。

でも、やはり、そこに当たる日光だとか、屋外であるから思いっきりパフォーマンスできるという開放感っていうのが、それこそ背景はもちろん、出演しているメンバーにも、とってもイイ影響を与えていると思うんですよ。
もちろん監督さんが素晴らしいと言うのは、当然の事であり、誰も異論はないと思うのですが、こういう環境で撮影されていると言うのも、AKB48のPVが、高いクオリティだという理由だと思うんですよね。

特に最近のモーニング娘。のPVっていうのは、なぁ~んか暗い感じのところで撮影なんかしていて、楽曲も含め国民的アイドルグループって呼ばれていた頃の明るさを全然感じないんですよね。
それこそ、こんな不景気のご時勢ですからね。空元気でもいいから、モーニング娘。には、思わず笑顔になるような曲を歌い続けていってほしかったんですけど、それこそ”大阪恋の歌”くらいから、なんか方向転換してきて、景気と同じく湿っぽい歌ばかりになってしまったんですよ。

たしかにメンバーの平均年齢も上がり、この年齢でお祭り騒ぎ的な歌なんて歌えない・・・なんて言うのかもしれませんけど、世間一般がモーニング娘。に求めているのは、そのポジションなんですよ。
それこそキャリアウーマンやウーマンリブを唱えるような・・・いわゆる”強い女性””肉食系女子”が共感するような歌なんて、求めていないんですよ。

たしかに現代において、多くの市場に共通するキーワードは「女性が注目すればヒットする」というものですが、今さら、どんなにモーニング娘。が、前述したような楽曲を歌おうとも、それまでのイメージがあるんですから、そういった大人の女性が注目する事はありません。
たしかに、女性アイドルが好きな女性と言うのは増えていると思うんですけど、そういう人って言うのは、もう幼い頃からアイドルが好きなのであって、年頃になってからアイドルが好きになった・・・っていう人は皆無だと思うんですよ。
つまりモーニング娘。がやっている戦略は、まったくの的外れなんですよ。

でも、まだ間に合います。
せめてPVを野外で撮影してくれたら、モーニング娘。も少しは雰囲気が変わってくると思うんですけど、どうですかね?

|

« 小ネタ集だよ~ん | トップページ | AKB48への逆風・・・ところによって、やや強いでしょう。 »

AKB48」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PVの話をしようじゃないか:

« 小ネタ集だよ~ん | トップページ | AKB48への逆風・・・ところによって、やや強いでしょう。 »