« 300回記念「好きなアイドルランキング」 | トップページ | 勉強アイドル »

2010年3月 2日 (火)

アイドルコンサートにおける黒一点

僕らがアイドルのコンサートに足を運ぶ理由は、いろいろあるかもしれないけど、集約すれば・・・可愛い女の子の笑顔を見たい・・・って事だと思うんです。

そんな最高のひと時を過ごしているのに、何故かAKB48にしても、ハロプロにしても、まったく興味のない”男”が、しばしば登場する。

ハロプロならば”まこと氏”であり、AKB48ならば”戸賀崎氏”である。

なのに、二人に対する印象は、まるで違う。
僕にとって”まこと”は邪魔なだけ、”戸賀崎氏”は仲間なのである。

この違いは、どこから生まれるんだろう?
ちょっと考えてみた。

そして出た結論は、これだ。
他の活動は別として、ハロプロにおける”まこと氏”の仕事はアマチュアであり、AKB48における”戸賀崎氏”の仕事はプロなのである。

順序が逆になっちゃうけど、戸賀崎氏について言えば。
いつもAKB48に対して過酷な宣告する、そういう役目をこなしている彼を、僕は嫌いにはなれない。きっと彼も辛いんだろうな。でも、それが彼の役割であり、仕事だから・・・って思うんだよね。
たしかに”糞運営”の象徴的な存在の彼ではあるが、彼個人の仕事を見れば、けっして”糞”ではないことが、すぐにわかる。
彼がステージの上に立って話をした時に、言葉がたどたどしくなったり、不手際な面を見せたりしたことがありますか?
きっと、無いと思うのです。たかが数分間の出演に対しても、常に準備や練習をして、最高のパフォーマンスを見せる。
おそらく、こういう姿を見せるのもAKB48には、よい影響を与えていると思うのです。

一方の”まこと氏”ですけど、僕が彼を”毒キノコ”と呼ぶのは、どう見てもハロプロ、とくに正月と夏休みに行われるハロプロのコンサート、通称”ハロコン”の質を落としているのは、彼だと思うのです。
だから、彼はハロコンの毒なのです。

言葉はつっかえながらの棒読み、それまでの流れを無視した台本通りの言葉。
特に卒業コンサートでの彼の司会っぷりは、怒りを通り越して呆れますね。
彼の感情の無い言葉で、それまでの雰囲気は、まったく無となるわけです。これが、僕には、耐えられないのです。
通常のハロコンにしたって、メンバー達は、徐々に自分達の言葉でMCをするよう努力しているのに、彼だけは、そういう努力が全く見えない。
もう何年、ハロコンの司会をやってきているんですかね?
今でも遅いくらいですけど、そろそろ自分の言葉で司会をしてもいいんじゃないですかね?
こんな何年も同じようなレベルであるにもかかわらず起用され続けている彼を見ていたら、ハロプロのメンバーに良い影響が出るわけがないのです。

僕は、こういう考えなので、彼が司会をするハロコンには、チケットをタダでもらえるのであれば付き合おうと思いますけど、自分の考えで行こうとは思っていません。

僕は、こういう思いなんですけど、皆さんはどうなんですかね?

|

« 300回記念「好きなアイドルランキング」 | トップページ | 勉強アイドル »

AKB48」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

今のハロプロコンサートを見たことがありません。といって昔のもテレビでしか見たことがありません。昔のに、まことが出てきたときはいい味出してるなと思ってました。ただこの時にまことが1人で出てなかったような?つまりツッコミ役の人がいたような気がします。(薄ーい記憶・・・)今はどうなんだろう?
たどたどしいのは、それがまことだからでしょう。司会は矢口さんでいいでしょう。

戸賀崎氏は役者ですね。本当のところも悪者を演じているだけかもしれません。

投稿: マサ | 2010年3月 3日 (水) 02時19分

マサさん、コメントありがとうございます。
そうですね。戸賀崎氏は、マサさんのおっしゃるとおりですね。

そうなんですよ。今は、彼が一人でやっているんですけどね。
これが、悲しいほど、初登場の頃と変わらないレベルなんですよ。
ハロプロのメンバーは成長していくのに、彼だけが、何も成長しない・・・この状態が腹立たしいのです。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年3月 8日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイドルコンサートにおける黒一点:

« 300回記念「好きなアイドルランキング」 | トップページ | 勉強アイドル »