« アイドルコンサートにおける黒一点 | トップページ | 今更気づく、めーたんの偉大さ »

2010年3月 3日 (水)

勉強アイドル

アイドル=頭が悪い

いつの頃からか、こんな公式が多くの人の頭の中に定着してしまったように思います。
実際、クイズなんかを見ていても、俗に言う”おバカ解答”がクローズアップされて、ますます、そういうイメージが、ますます強くなっているように思います。

たしかに”頭のいい女性”よりも、少しバカなくらいの女性の方が可愛いと思うのは確かなんですよね。
男って言うのは、なんだかんだ言っても、何か一つくらいはオタク的な趣味を持っているものだと思うで、それについて語りたくてしょうがないと思っているに違いないんですよ。
そうでなくても「しょうがないなぁ、そんな事も知らないのかよ」なんて言いながらも、大好きな女の子に教えてあげるって言う願望があるに違いないのです。

しかし、最近は菊川玲さんや眞鍋かをりさんをはじめ、高学歴芸能人が登場してきて、まさに才色兼備って言う女性が出てきたりしているんですけど・・・。
これで”頭がいい”そして”ちょっとおバカ”の両方が揃ったわけですけど、ここで唯一残っている分野があるんですよね。
そうです。「おバカから頭が良くなっていく」っていう進行形の芸能人なんですよ。

これは、AKB48が、素人から芸能人へと成長していく過程を楽しむアイドルだという事と同じ発想なんですよね。
その過程であるレッスンやオーディションといったものをオープンにする事で、共感を得ていく。
その勉強版が、そう「家庭教師のトライ」が行っている「トライ式高等学院」のCMなんですよね。
しかも起用しているのが、まゆゆ(渡辺麻友)、えれぴょん(小野恵令奈)、すーちゃん(佐藤すみれ)の3人って言うのも、なかなかの人選ですよね。
どのメンバーも、まだ若くてあどけない女の子で、しかもAKB48を支える大手事務所3強(プロダクション尾木、太田プロ、ホリプロ)に所属しているんですからね。

別に、この「トライ式高等学院」に入学したからって、一緒の部屋で勉強が出来るわけじゃないんだろうけど、ちょっと錯覚して入学を希望する人もいるんじゃないかな?って思うし、何よりも、今世間的に注目されているAKB48のメンバーがCMを行うことで、多くのところで取り上げられるだろうから、何らかの事情で、高校に行けなかったり、進路に迷っている子の耳にも入りやすくなるというメリットがあると思うよ。

このCMで、一人でも多くの子が、自分らしい高校生活を送ってもらって、将来「AKB48のCMを見たから、今の自分がある」なんて思ってくれたら、嬉しいですよね。

|

« アイドルコンサートにおける黒一点 | トップページ | 今更気づく、めーたんの偉大さ »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勉強アイドル:

« アイドルコンサートにおける黒一点 | トップページ | 今更気づく、めーたんの偉大さ »