« 娘。のまんま | トップページ | こんなところにもAKB48 »

2010年4月18日 (日)

劇場版争奪戦・・・祭の後

全然気がつかなかったよ。
あんなに早く劇場版の当選メールが来ていたなんて。
僕のところには、けっこう多くの迷惑メールが届くので、それらと一緒にゴミ箱行きになっていました(汗)
今回は、限定枚数3枚や人気メンバーの握手の時間を3部制としたりと、いろいろな方策を発表した上での劇場版発売となったわけですけど、皆さんが希望されたメンバーの握手券は手に入れることが出来たんでしょうか?

僕は、まぁ予想通りでしたね。

今回希望したメンバーって言うのは
大島優子、倉持明日香、峯岸みなみ、松井玲奈、高城亜樹、松井玲奈、前田亜美の計7人だったわけですが、その中で残念ながら落選となったのは、大島さんと松井さんでした。

先ほど予想通りだなんて書いちゃいましたけど、あきちゃ(高城亜樹)とみいちゃん(峯岸みなみ)の二人も人気があるメンバーなので、当選するのは厳しいと思っていたんですけど、当選したのは少し意外でしたね。
落選した二人については、当選するのは、実のところ最初から諦めていたので、ある意味「当選したらラッキー」くらいにしか思っていなかったので、あまりショックはありません。
逆に、根拠のない自信があった倉持さんが落選していたら、かなりショックだったと思います。

こんな感じとなった劇場版争奪戦ですけど、当日の握手会が楽しみですね。
特に、あきちゃは初めてだから、とっても期待しています。彼女については、このブログでも、今年ブレイクするに違いないとして、期待しているだけに、どんな女の子なのか?この目で実際に確かめてきたいと思います。
そうそう、なっつみぃ(松原夏海)も初めてなんだよね。彼女は「16人姉妹の歌」で、注目したメンバーなんだけど、普段は、熱い気持ちを持っているわりにはクールな雰囲気で、あんまり前に出てこないタイプのメンバーという事もあって、ミステリアスな部分が多く、彼女についても握手会で確かめてみたかったんですよ。

倉持さんとみいちゃんは、とっても丁寧に対応してくれるメンバーだから、またあの”おもてなし”を受けられると思うと、ホント楽しみだなぁ。

やっぱり握手って言うのは、作られたキャラクターで演出されたライブと違って、メンバーそのものの”素”の人間性が強く感じられる・・・まさにごまかしのきかない”1対1”の真剣勝負。
これを機に、ますますのめりこんでいくファンもいれば、逆に期待はずれとなって去っていくファンもいる。メンバーにとっても、このイベントは今後のAKB48としてだけでなく、個人としての芸能活動をも左右するような一大イベントでしょうから、僕らも楽しむだけでなく、礼節をわきまえて参加したいですね。

|

« 娘。のまんま | トップページ | こんなところにもAKB48 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版争奪戦・・・祭の後:

« 娘。のまんま | トップページ | こんなところにもAKB48 »