« 東京モンのアイドルには負けねぇだ!! | トップページ | もう僕達の総選挙は終わってる »

2010年7月 9日 (金)

コンビにでも会えるアイドル

AKB48が7&iホールディングスと、この夏、ガッチリと手を結んで様々な商品を発売することになりましたね。
すでに、ともちん(板野友美)が「いってみヨーカドー」のキャッチフレーズで”恋水着”と”恋ゆかた”のCMに出演していますし、セブンイレブンではメンバーが企画したパンが、そしてイトーヨーカドーではチーム毎にデザインされた粒ガム(ボトルタイプ)が発売中です。

こういう芸能人と小売店のコラボって言うのは、前々から良くある戦略なんですけど、多くの場合はグループではなく、どちらかと言えば、番組とのコラボと言うのが主流だったと思います。
コラボの限定商品を作って、番組内で宣伝してもらって、売上を伸ばす。これは実にわかりやすい販売促進戦略だと思います。
ただアイドルの場合だと、どうなんでしょうかね?まぁCMに出演するくらいで、ふだんのキャンペーンとは、そんなに影響力は変わらないと思うんですけどね。
そういえば以前、モーニング娘。も、コンビニと手を結んで展開しましたけど、それはファミリーマートで買い物した場合のレシートを送るとイベントの参加券が当たるというものだったので、今回のAKB48の展開とは少し違うんですよね。

こういう点を見てくると、もしかしたら、また、このオリジナル商品も競争なのかな?なんて思ってしまうわけですよ。
なぜなら、AKB48のメンバーが企画した商品として売り出した場合、コンビニのPOSシステムを使えば、簡単に売上数量というものが、選挙並みに明確に数字として出されるんですよね。

これを企画として公表するかどうか?は、わからないけど、常に競争の中にいるAKB48が、今回に限って、こんなに笑顔を振りまくだけで終わるような仕事では終わらないような気がするんですけど・・・考え過ぎですかね?

というわけで、今日になって、ようやくメロンパンを食べてきましたよ。
とりあえずチームAのあっちゃん(前田敦子)が「わたしのオススメ」って書いてあったメロンパンにホイップクリームとイチゴジャムがかかったカロリーが高そうな一品を。
感想としては、本当においしかったよ。
一口食べてみて、思ったよりも違和感を感じることもなく、またイチゴジャムの酸味がメロンパンの甘さを、程よくしてくれた上に、クリームが味そのものをマイルドにしてくれていて・・・かなり絶妙なバランスの味でしたね。
さて、明日はチームKのマンゴーメロンパンでも買ってこようかな?

|

« 東京モンのアイドルには負けねぇだ!! | トップページ | もう僕達の総選挙は終わってる »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

管理人さんおはようございます。
私も早速セブンイレブンに行って来ました。この時買ったのは、チームAのパンでした。しかしよくよく考えるとともちんのあのCMの先には続きがあったんですね。だってセブンイレブンもイトーヨーカドーも同じグループだからね。でもまさか史上最強のアイドルグループがこれまた史上最強のコンビニと組むとは…そういや、5日から始まった渡り廊下走り隊7もそういう意味なんですね。
ただだからって放送時間が約7分は短すぎますね。

投稿: JUN | 2010年7月10日 (土) 10時56分

こんにちは!!

私も、敦子ちゃんの食べましたよ!!
確かにカロリー高そうで、最初は躊躇したんですけど、
誘惑に負けて食べてしまいました;;

最初はくどいかな~なんて思ったりもしましたが、意外とそんなこともなくて。
カロリーさえ無視してしまえば、2個でも3個でも食べたいくらいおいしかったです!!

確かに管理人様が言われるように、ただの宣伝・コラボで終わるような気は私もしません。
ファンにはわからなくても、なんらかの形でメンバーには影響があるのかもな・・・なんて思っています。

本当に常に競争ですからね、AKBって。

1つ管理人様に質問です!!
(質問というものでもない気がしますが)

モーニング娘。の曲で、「GO Girl~恋のビクトリー~」(でしたよね;?)
が好きなんですけど、
あの曲について、パフォーマンス・曲自体も含めなにか感想なんてあったりしますか?

突然すみません;;
ぜひとも、管理人様のご感想が聞きたくて・・・。
お願いします!!

投稿: 澪羅 | 2010年7月10日 (土) 16時41分

JUNさんへ

まさしく最強コンビですね。
過去に、ここまでコンビニというか小売業とコラボしたアイドルっていないんじゃないか?って思うんですよ。

また一つ、AKB48がアイドルの活動の枠を広げた感じがしますね。

これからは、それまで常識だったことを覆したり、打破しないと、大きなヒットは見込めないだけに、この最強小売店と最強アイドルの新たな試みには拍手を送りたいですね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年7月11日 (日) 00時52分

澪羅さんへ

でしょ。見た目は、ホントメロンパンのクッキー生地とたっぷりのクリームにイチゴジャムと、まさにカロリーの塊って感じなんですけど、食べてみると、ホントそれらが絶妙な感じで、美味しかったですよね。

ホント、僕も、これでカロリー0なんて商品だったら、もっと食べたかったです。


AKB48っていうのは、やはり、どんなことでも、しっかりと結果を求め、それに応じて、優劣をはっきりと決めることで、序列ができているグループですからね。
きっと、売上も一つの要因となるのは、確実だと思いますよ。

「Go Girl」は合っているんじゃないかな?もしかするとビクトリーじゃなくて、ヴィクトリーかもしれないけど?

そうですね。
あの当時は、ホント一生懸命応援していた時期だから、この楽曲にも思い入れがありますよ。

ちょうど、この頃っていうのはハロプロがフットサルチーム「ガッタス」を作った頃だったと思うんですけど。とにかく、何か新しいことを始めようとする時っていうのは、勢いがあって、楽しかったですね。

振付なんかも、小川さんのパートだけは完璧に覚えたりして、楽しかったなぁ。
ホント今と違って覚えやすい振付だったから、それこそ友人達とコンサートで連番を組んで、よく踊ったものです。今でも、たぶん半分以上は踊れるんじゃないかな?

この楽曲の振付って言うのは、4チームに分かれたり、前後の2チームに分かれたりと、いろんなフォーメーションがあるのが、新しかったですよね。

PVもメンバーが「好き」って言うんだけど、みんな照れちゃってね。その表情がよかったよ。

この頃のモーニング娘。っていうのは、楽しかったよ。それこそAKB48みたいに、一曲の中に必ず一度はメンバーそれぞれにスポットライトが当たるシーンがあったからね。この時が、たぶん15人だったと思うんだけど、けっして多く感じないんだよね。
これって、おそらく個人、個人のキャラが確立していたからだと思うし、たとえステージの隅っこにいても、応援しがいがあったんだよね。

あと注目だったのが、カップリングの「恋ING」これも、かなり好きな楽曲ですよ。

なんか、取り留めのない文章で、澪羅さんの期待するような内容ではないかもしれませんが、こんな感じで、いかがですか?

投稿: かめさん@管理人 | 2010年7月11日 (日) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビにでも会えるアイドル:

« 東京モンのアイドルには負けねぇだ!! | トップページ | もう僕達の総選挙は終わってる »