« こういうのに弱いんだよね・・・ | トップページ | AKB48で、おべんきょう vol.2 »

2010年8月 1日 (日)

AKB48で、おべんきょう vol.1

毎日暑い日が続いてますね。
学生さんは、夏休みでホントうらやましいです。僕みたいな社会人は、夏なんて疲れるばっかりで・・・(泣)
とまぁこんな泣き言を書くようなブログではないので、今日もアイドルについて。

前述した夏休みだからって言うわけではないんだけど、今日は少し知的?な話題を。
こういうの好きな人は好きだと思うんだけど・・・。

皆さんは「2・6・2の法則」って知ってますか?
どんな組織でも、本当に頑張っている人が2割、普通レベルの人が6割、全然頑張ってないのが2割っていうものなんですけどね。
これって、数字だけ見ると2割の全然頑張ってない人を排除すれば、全員が普通以上に頑張る人の集団になるように思うじゃないですか?でも不思議な事に、排除しても、結局は残った人の2割は、全然頑張らなくなっちゃうんですよ。
つまり、どんな事をしても、組織における割合って言うのは、変化しないって事なんですよね。

これをね、そうアイドルに当てはめてみるんだけど・・・。
そうすると、AKB48だったら、今何人いるのかな?それでも正規メンバーだけだったら、48人なのかな?そういう事にしておきましょう(笑)
そうすると頑張っているのが10人で、フツーレベルが28人、頑張ってないのが10人って結果になるんだけど。これを見て、何か感じませんかね。
そうです、いわゆるメディア班の人数が、頑張っているメンバーの人数とほぼ一致するんですよね。
結局、AKB48っていうのは、一番良いところをテレビをはじめとするマスメディアに露出させているってことなんですよ。
さらに、これを前回の総選挙の人数に当てはめると、22:64:22となります。
これもまた22という数字は選抜メンバーの人数と、ほぼ一致するわけで・・・。
そう考えると、この選抜メンバーの枠と言うのは、フォーメーションがキレイにできるとか、そういうものではなくて、もっと本質的なもので決められた数のような感じがしますね。

それにしても、この法則を見て、僕はAKB48のうまさを再認識したわけですよ。
やはり、この法則からすれば、どんなに優秀な人を集めたとしても、言い方は悪いけど、2割はモノにならず、6割はソコソコで終わってしまう。本当に輝くのは残った2割しかいないわけで・・・。そうなってくると、やはり、相当数のメンバーを抱えなければ、クオリティーの高いアイドルグループは維持できないって事なんですよね。
だからこそ、AKB48ってグループは強いわけですよ。

また比べちゃって申し訳ないんだけど、ハロプロの場合は、そんなに各グループ間での融合が無く、完全に区別されちゃっているから、どうしても、この法則に当てはめると、モーニング娘なら2:5:2って感じになっちゃうんだよね。
しかもモーニング娘。となったら、出演時は全員で登場となるから、頑張っている人、フツーの人、そうでない人・・・その全てがステージ上に立ってしまうわけで、そのあたりが、特にAKB48みたいな”イイトコ取り”のグループが出現して、比較されるため、今一つ弱く感じるんじゃないかな?

これが、もしハロプロ全体が、もっと一つになったような状態になれば、たしか60人くらいいると思うので、12:36:12となり、かなり強力なグループが出来ると思うんだけど・・・どうですかね?

|

« こういうのに弱いんだよね・・・ | トップページ | AKB48で、おべんきょう vol.2 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

だとすると選抜でないメンバーは必然的に頑張っていないとなっちゃうのでしょうか?
僕はそうは思いたくありません。選抜でないなっちゃんはファンレターをしっかり読んでますし、れいにゃんに関してはブログで1人1人に返信してます。
何が足りないのでしょうか?

投稿: AKB48ファン | 2010年8月 2日 (月) 01時17分

AKB48ファンさんへ

まぁ僕の書き方が悪かったのかもしれませんが・・・別に彼女達が頑張っていないとは言ってませんよ。だって、藤江さんにしても、平嶋さんにしても、そんなに順位が下じゃないでしょ。

彼女達も頑張っているとは思いますよ。
ただ頑張っているからって成功するとは限らないと思いません。そもそも頑張っている方向が違っていたら、無ですからね。

テスト勉強だってそうでしょ。
テストで全然違うところが出たら、どんなに努力しても点数は取れないでしょ?
努力が点数に結びつかないこともあるのです。

それに、厳しいことを言わせてもらえば、そんな返事を書くとか、ファンレターを読む事も大切だとは思いますけど、それって”努力している”って事なんですかね?
これってファンを獲得するための手段であって、将来、歌手になるとか、女優になるとかって言う各自の夢に対しては、直接関係ないと思うんですけどね。

これらの事から、僕が彼女達に足りないと思う事は「自分の夢を実現するための貪欲さ」だと思いますよ。

それでは逆に質問です。
AKB48ファンさんが言うように、藤江さんや、平嶋さんは努力してますけど、どうして、選抜に入れないと思いますか?

投稿: かめさん@管理人 | 2010年8月 2日 (月) 23時03分

管理者サマ☆

私のツボな話題が多くて、いつも楽しく読んでいます♪
前の話題もメガネフェチの私は、うんうんって読みました☆
メガネみいちゃん、女の私からしても可愛すぎですっ♪

コメントあんまり得意ではないので
時差コメントでごめんなさい。。。

今回は知的な話の2連ちゃん
実は、こうゆうの大好きです(笑)☆☆☆
なるほどなぁって思うんですよね。
クラスも、こんな感じだったような。。。

AKBの場合・・・
選抜以外の子が頑張ってないわけではないと思いますが
(オーディション受かるのだから
多くの落選している子よりも頑張ってるのでしょうね。)

芸能界というところは、キラリと光る才能は必須だと思うと
【自身の持つ才能・魅力を開花させるための努力】が的確だったのが
まさに選抜に選ばれる子たちなんでしょうね☆☆☆

やっている努力が、自分の才能や魅力とかけはなれちゃうと
頑張っても難しいと思うんです。
セクシー系ではない子が、そう見えるための努力を頑張っても
ファンが望んでいるものとずれていたらダメなわけで。。。

選抜の子は、その辺が分かってるのかなと思います。


それにしても・・・
その法則を知ってAKBを運営しているとすると
すごい人ですね。。。驚愕です。

今後の展開が本当に楽しみです(p’v`q*★)゜+

ともっこ

投稿: ともっこ | 2010年8月 3日 (火) 10時06分

・秋Pが選抜を固定しているため
・金持ちのファンをもっていないから

かなと思います。歌劇団や劇場公演のユニットなどを見ますと選抜じゃない子には有能な子がたくさんいました。
管理人様がプロデューサーだったら選抜は固定しますか?
僕だったら固定しません。それだと選抜という意味が通じませんし。

投稿: AKB48ファン | 2010年8月 3日 (火) 23時18分

AKB48ファンさんへ

なるほど。
でも、その意見は賛同できませんね。
秋元氏が選抜を固定化しているという意見ですが、そもそもAKB48の総合プロデューサーは、彼なのですから、彼の目に止まらない限りは活躍できないのは、当然です。
先に書いた、努力の方向が間違っているとしか言いようが無いと思います。
僕から言わせれば、秋元氏に気に入られない彼女達の方が問題だと思いますよ。

次の金持ちのファンがいないって事ですけど。選抜に入ったメンバーって言うのは、金持ちのファンがいるんですかね?
ちょっとわからないので”いる”と仮定するならば、どうして彼女達には、いないんでしょうか?
返事を書き、手紙を読んでくれているのに、なぜ、そういうファンがいないんでしょうか?

AKB48には、AKB48ファンさんが言うように有能な女の子が沢山いるのは認めます。
でも、いくら歌が上手いからといって、人気が出るとは限らないように、有能だから、選抜に選ばれるとは限らないと思うのです。
とにかく、AKB48のメンバーになって、第一にやらなければならないのは秋元氏に気に入られることなんですよ。

僕がプロデューサーならば、半分は固定しますね。やはり人気メンバーがいないと売上に直接関わってきますからね。
AKB48ファンさんみたいに”固定しません”とは、AKB48という大所帯を背負っていく立場だったら、絶対に言えませんね。

選抜・・・多数の中から基準・目的に合ったものを選び抜くこと。
今の常連メンバーも、秋元氏に選び抜かれているので、とりあえず意味は通じますよね?
どうですか?

投稿: かめさん@管理人 | 2010年8月 3日 (火) 23時41分

ともっこさんへ

コメントありがとう。
そういう事は、気にしないでかまいませんよ。

僕的には、みいちゃんのメガネも好きなんだけど、あのPVでは、ホントは泣き顔が一番好きなんだよね。
どうですかね?

今回の新企画「AKB48で、おべんきょう」は、一ヶ月くらい前から考えていた企画だったんですけど、なかなか文章がまとまらなくて、記事にするまでに時間がかかってしまいました(汗)
だから、ホントともっこさんに喜んでもらえて嬉しいです。

やはりビジネスの世界で言われているような法則とかは、アイドルの世界も一種のビジネスなので、通用することが多いと思うんですよね。
それに、こうやって書くと、アイドルが好きな人も、いろいろ考えているんだな?って思ってもらえるんじゃないかと思ってね。
そう、アイドルファン地位向上プロジェクトの一環です(笑)

それにしても、ともっこさんの

【自身の持つ才能・魅力を開花させるための努力】が的確だったのが
まさに選抜に選ばれる子たちなんでしょうね☆☆☆

この言葉、素晴らしいですね。
ホント納得の文章でした。こういう考え方が共感できる方と会えるのが、こうやってブログを続けている中で、本当に嬉しい瞬間です。
ありがとうございます。

また、こういう企画もやっていこうとおもっているので、よろしくお願いしますね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年8月 3日 (火) 23時55分

僕が言いたいのはは学生よりも高収入なサラリーマンのファンを獲得しないとダメってことです。
CDを何枚も買って投票してくれるわけですから。

気に入られないのはプロデューサーの好き嫌いがあるからだと。各チームのアンダーであれだけ努力した亜美菜が全然気に入られないのは不可解です。
選抜については半分を固定し、半分を入れ替える。そうしようと僕は考えます。さすがに総入れ替えはきついので。
最近は選抜しか興味ない人が多く、じゃんけん選抜で買わなくなるファンが出てきそうです。

投稿: AKB48ファン | 2010年8月 4日 (水) 00時40分

AKB48ファンさんへ

そうですね。
たしかに学生さんに比べたら、社会人の方が資金力がありますからね。
しっかり、そういう人をファンに出来るような魅力を磨かないといけませんよね。

亜美菜ちゃんが、選抜に選ばれないのは、秋元氏に気に入られてないからだけという理由では無いと思いますよ。
もしかしたら、わざと、アンダーガールズに模範となってもらうように入れているのかもしれません。ただ、今回の総選挙でランキングが下がってしまった事から見れば、彼女自身の努力の方向がズレてしまったのかもしれませんね。

選抜に関しては、僕と同意見にしてくれるんですね。
まぁプロデューサーという立場を考えたら、当然だと思いますけどね。

新曲ですが、とりあえず、どうですかね?
選抜メンバーが、いつもと違っても、とりあえず今のシングルを見てもわかるように、正規メンバーは何かしらの楽曲に参加していますし、大握手会は個別ですからね。
ホント、面白い試みですよね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年8月 4日 (水) 22時57分

管理者サマ☆
お返事ありがとうございます*゜(●>ω
みいちゃん、可愛くてスキです☆たしかにっ!!
あの泣き顔は、なんだかセクシーだしいいですよね(○ノ 3`○)

アイドルファン地位向上プロジェクト(笑)いいですね☆
私は、ミーハー根性で騒ぐのはスキだけど、絶対に深入りしないタイプだったんです。
実はアイドルファンにプラスのイメージがなかったのです。。。感情的にぶつかっている感じが怖くて・・・
感情論になると平行線なので、そういうやり取りは苦手だったんですよね|||((- -;)コワイ・・・|||||||
ミーハー根性はありましたが、完全に傍観者でした(#・д・)。・

けど「感情的になってる人だけじゃないんだ☆」って思ったので、今はこうして安心してコメントしてます。
このブログを見つけてよかったです☆ありがとうございます☆☆☆

今は「ゆとり教育」で、競争を避けていく教育方針だと思うので(社会に出ると、そうも行きませんが)、世代が違うとコメントも温度差があるので大変そうですね。(ちなみに私は26歳のOLです☆)
でもいつも鋭い切り替えしに感激してます☆
いろんな方がいるんだなぁって楽しみながら読んでいます(●*vU0)b・°:$

これからも楽しみにしています☆☆☆

ともっこ

投稿: ともっこ | 2010年8月 5日 (木) 13時50分

ともっこさんへ

そうですね。アイドルファンというと、どうしたって世間一般からは理解されがたいイメージがありますよね。
それに、テレビとかで紹介される、こういった人たちって言うのは、ちょっとイっちゃってる人が多くて、もし身近にいたら怖いと思ってしまいますよね。ましてや、ともっこさんくらいの年代で、しかも女性だったら、当然ですよ。

実際は、こういった人って言うのは、ごく少数なんですけど、それでも全くいないというわけではないので、安全だとも言いにくいのが実情っていうのが困ったことなんですがね。

正直な話、僕も、アイドルを好きになって、しばらくは傍観者でしたよ。
ただ”お神輿って言うのは、担いでみないと面白さはわからない”っていう言葉を聞いて、思い切って、飛び込んでみたんですよね。
まぁ今となっては、思いっきりが良過ぎて、戻れなくなっちゃいましたが・・・(汗)

とりあえず今は、自分のアイドル好きとしての活動は小康状態となっており、こうやって以前やっていたホームページの名残で、ブログをやっているわけですけど、ともっこさんみたいな方に出会えて、ホント嬉しいですよ。

僕が、こうやってインターネット上にブログを開設したのは、これが二回目なんですが、一貫して続けているのは、コメントについては”言論の自由を守る”って事なんですよ。
だから、ホントよほどのことが無い限りは削除もしませんし、誠意と熱意を持って、返事を書かせてもらっているつもりです。

まぁ時には、ちょっと(かなり?)感情的になってしまう時もありますけどね(汗)
これも人間がやっていることですから・・・勘弁してください。

おっしゃるとおり、このブログにも、いろんな方がいらっしゃるので、それこそ、いろんな意見を聞くことが出来るので、毎回、刺激があって嬉しく思ってますよ。
賛同してくれるのはもちろんの事、批判・反論も大歓迎ですよ。ただ、僕としても、思いっきり反論返ししますけどね(笑)

ただ約一年三ヶ月前に、個のブログを始めたばかりの頃といえば、一日に3人くらいしかアクセスがなかったので、ホント今のように、ともっこさんをはじめ多くの人がアクセスしてくれて、コメントをくれるって言うのは、感謝しているんですよ。
なんかAKB48の劇場がスタートした頃の話みたいですけど・・・。

これからも、どうぞ暇つぶしに来てくださいね。

P.S.
みいちゃんへのコメントありがとうございます。やっぱり賛同してくれると嬉しいですね。

投稿: かめさん@管理人 | 2010年8月 5日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKB48で、おべんきょう vol.1:

« こういうのに弱いんだよね・・・ | トップページ | AKB48で、おべんきょう vol.2 »