« これからはヘビロテをヘビロテな毎日 | トップページ | AKB48の強力プロモーションを見て、徒然と »

2010年8月19日 (木)

船長たるもの

またハロプロのファンの方々に怒られちゃいそうだけど・・・ホントつんく♂氏って、なんとかならないかね。
秋元氏のようにAKB48が順調過ぎるほど順調だったり、以前のようにモーニング娘。だけでなくハロプロ全体が上り調子ならば、他に手を出しても言いと思うけど、今のハロプロの現状で、名前を貸しているだけだとしても、まだ他の事に対してプロデュースをしていこうとする考えがわからない。

船舶が沈没する時に、最後の最後に脱出するのが船長だそうです。
つんく♂氏、秋元氏、この二人だって、ハロプロ、そしてAKB48が船だとしたら、間違いなく船長だと思うんですよ。
船長の最大の任務というのは、乗員の無事であり、そのためには前述したとおり、たとえ沈没するとなっても、最後の最後まで乗員の無事を確認するほどの強い愛情が必要だと思うんですよ。もっと言えば、とにかく沈没をさせないための努力を最大限する・・・それが船長たるものだと思うんですよね。

こう考えると、この二人の船長の違いってものが、僕には一つ見えてきました。
この二人の共通点といえば、何度も書いているようにアイドルをプロデュースしていることなんですけど。
秋元氏の場合は、メインであるAKB48を中心にして、それを取り巻くような形で、新しいグループや芸能人をプロデュースして、出来るだけ互いの活動において衝突しないような形で進めている。
つまり「Win-Winの関係」です。

一方、つんく♂氏と言うのは、ハロプロという大きなグループがあるにもかかわらず、同じくらいの年代の女の子だけでなく、同様な感じの年代の女の子を集めたグループををプロデュースしたりしている。
これって、どうなんだろう?そんなに個人が思いつく発想の幅って言うのは、広くないと思うから、どうしても重なってくる部分が出てくると思うんだよね。そうなってくれば、グループの持つ個性というものは、オリジナリティがなくなってくるし、結局「つぶし合いの関係」になってしまうと思うんだよね。
そうなってくると、どんなに彼女たちが、つんく♂氏の指示に従って頑張ろうとしても、必ず、本当に近くの位置に似たような私事をもらった敵がいるので・・・まさに内輪での競争に終始してしまい、他のグループとの競争にまで気持ちが及ばないんじゃないかな?って思うんだよね。

こんな感じだからさ、ホント彼に今後のハロプロをどうするつもりなのか?一度聞いてみたいものですね。

|

« これからはヘビロテをヘビロテな毎日 | トップページ | AKB48の強力プロモーションを見て、徒然と »

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

かめさん こんばんわ
以前もコメントしました酒の肴です。

私はアイドルについてそんなに詳しくはないですが、
実は最近「モー娘のOGで卒業後に大きく活動を広げている人が少ないな~」と考えていたところでした。
最近活躍が目立つのは、矢口辻藤本の3人ですが、この3人はテレビ業界内のバイプレーヤーとしての活動はしていますが、唯一無二の存在とはなっていません。
おにゃんこから大スターになった工藤静香のように、1人位は唯一無二のタレントが出るじゃないかな?と勝手に予想していたのですが。

その時の結論は、「同一事務所にいることで知らず知らずの内に、足の引っ張り合い状態になっているのでは?」ということでした。
同一事務所にいることで、仕事方法、営業方法、プロデュース方法が似てくるため、知らず知らずの内に同じような仕事しかできず、それぞれの活動範囲や可能性を狭めてしまっているということです。

クイックジャパンのAKB特集の時に、戸賀崎氏が「AKBとして出口をきちんと作らなければいけない」「例えば前田が国民的女優となるような」と言っていましたので、ちょっと考えていたところでした。

酒の肴にどうぞ。。。。。

投稿: 酒の肴 | 2010年8月20日 (金) 00時58分

管理人さんこんばんは。
最近って程でもないですけど本当につんく氏の行動そのものがわからなくなってきましたよ。彼の場合ハロプロだけじゃなくほかにもアイドルをプロデュースしていますよね。なんでハロプロひとつに集中できないのですかね。
あと最近は彼の発言にも説得力や内容があまりにブレまくっているようにも思えませんか。特にAKBをあまりに意識した発言だったりAKB似たプロジェクトの構想(ENK48)だったりとはたから見ていて本当に呆れるものばかりしか思い付いたりと本当にに疑問に思うものばかりですよ。こんな事だからAKBにダブルスコア以上の人気の差を付けられたりアイドル戦国時代に着いていけなくなっちゃったりと厳しい状況に追い込まれる訳です。もう彼に対して長い目で見守ろうというレベルはとうに越えてしまっています。彼に対してハロプロを含むプロジェクトをどうするのかを厳しく問わなければならない時期に来ていると思います。もう周りの目をごまかす構想を許すことは正直いってできませんね。

投稿: JUN | 2010年8月20日 (金) 22時03分

酒の肴さんへ

僕も、そのあたりは常々思っているところでした。
やはり同一の事務所が全てを担当していることで、結局のところ本人はそう思っていなくても、足の引っ張り合いという形になっていると思うんですよね。

その点、AKB48の場合は、グループとしてのプロモーションと個人としてのプロモーションが、全く違うために、いろんな分野に進出したりして、足の引っ張り合いという形にはなっていないと思うんですよ。
やはり10人が考えることよりも、100人が考えることの方がバリエーションが豊富になるのは、当然ですからね。

ハロプロも、あれだけの人気を誇ったのですから、一人くらいは、ピンでも十分にやっていけるメンバーが出てくると思ったんですけど・・・難しいですかね?

投稿: かめさん@管理人 | 2010年8月22日 (日) 08時32分

JUNさんへ

そうだよね。
まぁね、つんく♂氏っていうのは、以前から”流行もの”っていうのを、自分の作品やプロデュースに取り入れて、人気を得ていった経緯があるので、これが彼のスタイルといえば、そうなんですけどね。

それでも、やはり今みたいにAKB48をはじめとして、いろんなアイドルグループが出てきて、いくらそれが流行っているからといって、それも”流行の一つ”として取り入れてしまう(取り入れようとする?)のは、節操が内容に思いますよね。

彼は、結局、自分から顧客に対して、流行を作ってあげるよりも、その流行を、より顧客に好かれるようにアレンジするのが得意なんですよね。
だから、先頭に立ってしまうと、自分の力が発揮できず、こうやって何か出てくると、力を発揮し始める?って感じかな。

まぁ僕的には、最近は彼の”どや顔”の方がイラっとくるんですけどね(笑)

投稿: かめさん@管理人 | 2010年8月22日 (日) 08時38分

確かにそうですね。いくら世間で流行っている物を取り入れようとしても、他のアイドルグループから持って来てしまうのはないですよ。こんな事すれば各方面から批判が起きるのは当然ですからね。
まさに管理人さんがおっしゃる節操がない、その通りだと思います。
私は彼がCD発売の時やオーディション開催なとに発するコメントが嫌いですね。あれはファンをやっている時からそうでした。なんか能書き言っているみたいでどうしても気に入りませんでした。

投稿: JUN | 2010年8月23日 (月) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船長たるもの:

« これからはヘビロテをヘビロテな毎日 | トップページ | AKB48の強力プロモーションを見て、徒然と »