« 正月映画もAKB48 | トップページ | 厳しさの中に生まれる優しさ »

2010年10月16日 (土)

キャプテン辞任

秋元才加さんが、キャプテンを辞任しちゃいましたね。

なぁ~んか残念な話ですけど、アイドルにとって男性がらみの話題と言うか、スキャンダルって言うのは、致命的な話題ですからね。
仕方ないと言えば、仕方ないんでしょうけど・・・。
それに、彼女の性格を考えると、やはり筋を通したかったんでしょう。チームKのキャプテンと言う立場を誰よりも理解している彼女としては辞任しなければ、自分自身が納得できなかったんでしょうね。
まだしっかりと聞いてはいないんですけど、オールナイトニッポンでも、いろいろと説明をしていたみたいだし、なによりも全国ネットのこの番組にて、謝罪したと言うことで、ホント彼女らしいなって思いましたね。

今回の一件は、僕から見ても、やはり軽率だったとしか思えないわけで。
AKB48といえば、それこそドル箱ですからね。ちょっと話題にすれば儲かるし、何よりも、これだけ一人勝ちとなれば、敵も増えてくるのは当然の事。
だから”火のないところにも煙が立つ”わけですよ。

秋元さんは、しっかりしているから大丈夫とは思ってましたけど、そうは言っても、まだまだ22歳なんですよね。
今のAKB48は、どこへ行ってもチヤホヤされて、自分の足元を見失ってしまうような危険がたくさんあると思うんですけど・・・やはり秋元さんも人の子だったと言うわけですよ。

でもね、彼女のすごいところと言うのは、やはり世間から見たら茶番劇のように見えるかもしれないけど、キャプテンを辞任したってことじゃなくて、しっかりと自分の口で説明したことなんですよ。
これを、どのように受け止められるのか?わかりませんけど、こういうところにもガチなんですよね。
この姿勢って言うのが、AKB48というグループを応援しようっていう気持ちにさせるんですよ。

何か問題が起きても、隠したり、事務所主導でシナリオを作るのではなく、ホントに何もないというならば、もちろんのこと、もし主要なメンバーだから辞めさせるわけにはいかないという理由だとしても、逆に前面に押し出して、言い方は悪いかもしれないけど、一つのイベントとして扱っちゃうところは、本当にウマイですね。
今回もオールナイトニッポンにチームKのメンバーが、たくさん集まったりして、ファンから見れば、この一件で、改めてチームKのメンバー同士の結束を見ることが出来たということで、嬉しく思っている人も少なくないと思いますよ。

なぁんて、ちょっと邪推しちゃいましたけど、僕は秋元さんには、ぜひともキャプテンに戻って欲しいと思ってますし、きっと戻ると思いますよ。
なぜなら、AKB48っていうのは、どんな事でもリベンジの機会があるのが魅力ですから。

|

« 正月映画もAKB48 | トップページ | 厳しさの中に生まれる優しさ »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

全然、話違うんですけど、いいとも増刊号で淳、香取、ひとり、秋元が即興でタモリさんの絵を描いてたんですが、その描いた絵がめちゃくちゃ広井王子に似ていたので自分的にツボでした。笑

投稿: フェンシング | 2010年10月17日 (日) 11時46分

 全ては、泊まらせてないという嘘から始まっていることが問題。嘘が露見し、その後いくら取り繕っても狼少年であるし、矛盾点を挙げればキリがない。もちろん真実は当人にしかわからないが、この件を報じたワイドショー出演者たちの薄笑いこそが世間一般の常識的な反応。
 先日のANNはさながら小沢一郎と一新会の会合といったところか。普段どんなに立派なことを語っていてもピンチに陥った時にその人間の本質が見えてしまうもの。文春がフェアーなことに同居人としか書いてないのにもかかわらず、自己弁護のためにそのメンの名前を出してしまうことは、強く気高く美しくからは程遠い。
 仮に自分の推しが同様の顛末を起こしても徹底的に批判する。AKBに多少なりとも金を落としているのでそれくらいの権利はあるし、自分はヲタであって信者ではないので。

投稿: AKB在宅ヲタ | 2010年10月17日 (日) 14時39分

管理人さんこんばんは。
今回の騒動なのですが、正直言ってどういっていいのかよくわからないです。ただ責任の取り方とはいえなにもキャプテンを辞める必要があったのでしょうか。確かに今回の騒動は優子さんの騒動の時とは違って、確たる証拠(写真を撮られた)があったので才加さんの落ち度はないとは言えません。ただそこまでして責任を取る必要なないような気がします。辞めるのは簡単です。悪い言い方をすれば放棄する事ですよ。でも辞める事が責任の取り方ではないような気がします。キャプテンとしての責任を全うすること。そしてチームKのメンバーの意思を統一させて活動することがキャプテンとしての責任ではないでしょうか。もう少し慎重に決断すべき事だったのではと思います。
今回の騒動の相手広井氏は才加さんの足を引っ張ってしまったとコメントの中にありました。まさにその通りになってしまいました。彼に対しての怒りはありませんが、彼女が重大な決断をせざろう得ない事態の重みを感じてほしいと思います。

投稿: JUN | 2010年10月17日 (日) 21時32分

管理者サマ、おひさしぶりです☆

今回の恋愛(枕営業?)騒動
正直な感想は・・・「アイドルって大変だな」というところです。
優ちゃんの時も思いましたが。。。

優ちゃんの件も総選挙1位で注目された時
才加しゃんの件も「いいとも」が決まった時。
マスコミって仕事は、視聴率重視なんだって再確認します。
無名アイドルのスキャンダルなんて注目されないですもんね。
卑怯だなって思います。
火の無いところからも煙を出そうとするのは、憤りです。。。

ほんと。恋愛は罪ではないのに謝罪を強要されるなんて
なんだかバカバカしいというか、腑に落ちない話です。

才加ちゃんも、お年頃なんで。
恋愛はいいと思いますし、事実でも変わらず応援します☆

ただ「アイドル」の宿命ですよね。
「アイドル」する以上、疑われても弁解できない行動は
気をつけなくちゃならないと思うんです。

今回の件の教訓は
「疑わしき行動(あくまでもマスコミ視点で!!)は
潔癖なくらい避ける!男性と2人きりの行動は、【絶対に】避ける!!!」

「アイドル」として夢を与えようとする【仕事】するならば。。。
悪意のマスコミにも、どう頑張っても突っ込まれないように
もう、うまく付き合っていくしかないかと思いました。

それにしても、このマスコミたち。自分たちに利益しか考えてない。
もっと大事な話題があるんじゃないですかね。
「古き良き時代の日本人の清さはどこへやら。
自己中心的な日本の社会問題かもしれないなぁ。」
なんてゆうスケールのでっかい事も、ちょっぴり考えてしまいました。

ともあれチームKの絆を垣間見た一件でもありました。
この件で、さらに結束が深まったのではないでしょうか。
これからの更なる活躍を楽しみにしてます☆☆☆

ともっこ

投稿: ともっこ | 2010年10月19日 (火) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャプテン辞任:

« 正月映画もAKB48 | トップページ | 厳しさの中に生まれる優しさ »