« AKB48=お笑い芸人? | トップページ | キャプテン辞任 »

2010年10月14日 (木)

正月映画もAKB48

AKB48の活動が、来年の正月に、ドキュメンタリー映画として公開されることが、先日の秋祭りで発表されたそうで。
もっと詳しく言えば、来年1月22日に「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」というタイトルで、映画館にて公開されるそうです。

たしかにAKB48の歴史と言うのは、笑いだけでなく、涙もたくさんあるだけに、きっと見る人に何かしら訴える内容となるものだと思うので、間違いなく僕も見に行くことになると思うんですが・・・。
記事によると、ホント秘蔵映像が満載で、それこそメンバー間でも知らないような素顔をたくさん見ることの出来る内容となるそうです。

秋元氏と言えば、毎回AKB48と比較対象となる”おニャン子クラブ”でも映画を作っていたんですよね。
タイトルは「おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!」っていうもので、たしか内容的には、おニャン子クラブのコンサートを見に行こうとする、様々な人たちを描いた映画だったと思います。まぁそんな中には盗撮目的でカメラを分解して、コンサート会場内に持ち込み、トイレで組み立てるなんてシーンもあったりして・・・秋元氏らしいキレイなだけでない映画となっていました。
ただ、この映画って言うのは、肝心のおニャン子クラブのメンバーは、単に映画の中でコンサートをやっているだけで、特に演技らしいシーンはなかったように記憶しています。
ようするにライブ映像に、ちょっとファンを演じる人たちの演技が入ってくる・・・そんな内容だったんですよね。
とりあえず、ドキュメンタリー的な内容もあったんですけど、きっと今回のAKB48の映画には、こういう余計な・・・と言ったら失礼だけど、演技の部分はないんでしょうね。

前述したように、AKB48は、おニャン子クラブのように放課後に女の子がクラブ活動のノリで楽しくワイワイやっている雰囲気ではなくて、一人の女の子が人生を賭けて勝負している場所って感じですから、その様子を映し出すだけでも十分過ぎるほど、ストーリとして成り立つんですよね。
まぁ事実は小説よりも奇なりって言葉があるように、事実に勝るドラマはないんですよ。
来年のセットリストベスト100は、AXも生中継の映画館も激しい争奪戦が予想されるけど、これなら時間的な制約もないし、変な争奪戦もないでしょうから、ゆっくり楽しめそうですね。

|

« AKB48=お笑い芸人? | トップページ | キャプテン辞任 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

管理人さんこんばんは。
この映画ってありのままの彼女達の姿が見る事ができる事ですよね。ならば見てみたいですよね。
ドキュメンタリー映画というと、世の中に真実を訴えるとイメージが強いですよね。作品の中にはインパクトがあまりに強すぎて物議をかもした作品も少なくはないですよね。
でもAKBの作品だと、どうでしょうね。彼女達の成長などを追った作品だからおそらくですが見やすい作品ではないでしょうかね。ただドキュメンタリー映画って上映する場所が限られているのでどこで見る事ができるか、探すところから始まりますね。

投稿: JUN | 2010年10月15日 (金) 21時27分

かめさん、こんにちは~(^-^)。改名しました、「みうね」です(^-^)。ご挨拶がてらお邪魔します♪
さて、こういう映画を企画できるというのはAKB48もノっている証拠ですよね(笑)。楽しみです。AKBらしく涙あり笑いありのドキュメント映画もオツかと思いますし、加えて、次は、昔ながらのベタなアイドル映画も見てみたい気もしますね(笑)。秋元さんも、どっかで「やりたい」みたいなこと仰ってましたし。私、小さい頃、たのきんファンだったり、菊池桃子ちゃんファンだったりで、映画見た記憶があるのですが(テレビで・笑)、ああゆうのが普通の映画館で上映される、ざっくばらんでおおらかな、楽しいアイドルブームの再来に期待ですね♪

投稿: みうね | 2010年10月16日 (土) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月映画もAKB48:

« AKB48=お笑い芸人? | トップページ | キャプテン辞任 »