« Beginnerだからこそ | トップページ | センターの話 »

2010年10月 3日 (日)

コメントのお返事です(9月23日~10月2日+α日)

9/23「ラストコンサートは横アリなんだけど・・・」

☆JUNさんへ
今回の亀井さんの卒業コンサートが、平日って言うのは、ホント驚きましたよ。
記事内にも書きましたけど、やはりモーニング娘。の伝統として、土日祭日にコンサートを開催するって言うのが基本であり、また、このような配慮をされているからこそ、全国にファンがいるという現実があるのに。
AKB48っていうのは、元々劇場があるので、平日開催というのは、そんなに意識していないと思うし、以前の横アリだって平日でしたからね。まぁこの時は春休みって言うのもあったんですけど・・・。
ただ、今回の卒業コンサートは完全に平日ですからね。

ただでさえ、押され気味なんですから、こういうところだけでもファンを大事にしているってことろを見せてほしかったですね。

☆しっちいさんへ
僕の考えでは、AKB48はローカルアイドルですよ。
そう、おっしゃるとおり関東のアイドルファンを相手にしているローカルのアイドルですから、ほぼ毎日のように、今でも劇場公演が行われていますよね。

だからマスコミの言う国民的アイドルっていうのは、間違ってると思いますよ。
でも呼んでしまっているんですから・・・僕の力では如何ともしがたいんですがね。

今は、人気も出ているし、SKE48やSDN48、NMB48といったグループがAKB48の姉妹グループとして見られているために、AKB48が、フラッグシップとして、とりあえず全国を回ってますけど・・・基本的に関東ローカルですから、夏休みに各グループがちょっと開催するだけですがね・・・本来は間違っていると思いますよ。
彼女たちの活動の拠点は劇場なんですから。

もしかしたら、AKB48も横アリで平日開催しているのにモーニング娘。が平日開催することで、文句を言われるのは侵害だと思われる方もいるかもしれませんけど、モーニング娘。はデビュー当時から全国のファンを相手に活動をしてきたアイドルなんですから、当然ですよ。

僕が思うに秋元康氏の考えるモーニング娘。に対抗するために作るだろう全国区のアイドルは、各グループから選抜して作り上げた、いわば「JPN48」(仮称)だと思いますよ。

9/24「モーニング娘。オーディションへの期待と不安」

☆すしさんへ
へぇ~そうなんですか?
HEY!×3は、そういう話になっているんですか?
たしかに今の現役メンバーと比べてみても、卒業メンバーの方が、明らかに粒が大きいなって思いますからね。きっとダウンタウンも絡みやすいのかもしれませんね。

おっしゃるとおり、今、アイドルを目指している女の子って言うのは、彼女たちの全盛期を知らない子がほとんどでしょうね。それでありながら、モーニング娘。を目指す女の子って、どんな子なんでしょうかね?

☆JUNさんへ
やっぱり、そう思われましたか?
あの映像を見てしまったら、往年のモーニング娘。を知っている人ならば、少なからず感じる事だと思ったんですけどね。
よく”山高ければ、谷深し”って言葉がありますが、そういう言葉を思わず頭に浮かべてしまうような放送でしたね。
グループ系アイドルって言うのは、卒業と新加入を繰り返していくと次第に痩せ細って行くのが通常なんですけど、やはり10年と言う月日は、その流れを如実に表していましたね。

あの放送を見て「私、モーニング娘。に入りたい」なんて思う女の子って、ホントいるのかなぁ?って思っちゃいますよね。さらに言えば、あの映像を見て、応募する人が増えるだろうと思ってしまう つんく♂氏の発想というか、考え方みたいなものも世間とはズレているような気がしましたね。

9/26「”無名のメンバーがセンターに立つ”意義」

AKB在宅ヲタさんへ
う~ん、なかなか鋭いところを突いてきますね。
さすがですね。
Mステのセンターは、政治的に決まる公算が高いでしょうね。
おそらく間違いないと思いますよ。
やはり歌番組にも”格”がありますからね。MJあたりに現在のAKB48が推していきたいメンバーを持ってくるんじゃないですかね。
あとは、深夜の音楽番組になるんでしょうけど・・・意外と年末に向けての歌謡祭的なものでも序列が見えてきそうですね。

たかみな本・・・やっぱり良いですか?
まだ購入していなかったので、早速注文しましたよ。
感想は後日・・・ありがとうございました。

9/27「アイドル外交問題」

☆さっささんへ
ライトな皆さんは、そうでしょうね。
僕なんかも、そう思ってしまいそうですけど・・・ライトですから。

やっている本人達は大変かもしれないけど、こうやって競争してくれて、よりよいものを見せてくれたりするようになれば、僕らはもっともっと楽しめるわけですからね。
やはりドラマが盛り上がるためには、ライバルの存在が重要ですからね。

ただ、やっぱり最後は応援しているグループがハッピーエンドで終わってくれないとなぁ・・・って思うのは僕だけかな?

10/2「Beginnerだからこそ」

☆さっささんへ
たしかに今回の楽曲については、メッセージ性が強いって事や音楽的にも今までのAKB48には無いような感じに仕上がっていますからね。さらに、今のAKB48のファンと言うのは、それこそ彼女たちの明るく楽しい雰囲気の元に歌われている”お祭りソング”的な面しか見ていない人が多数を占めているので、こういった現実を突きつけられるような社会派ソングに対して、どのような反応及び評価を下すのか?興味がありますね。

☆JUNさんへ
僕も全てを見たわけではありませんが、あのくらいでも最近は放送コードに抵触してしまうのでしょうか?
たしかに、こじはるのシーンなんかは、かなりショッキングな映像であることは認めますけど、この映像によって、視聴者に悪影響を及ぼすとは思えないんですよね。
AKB48の人気が全国規模になったことで、それまでとは違った良い面と悪い面が見えてきた感じですね。一度に多くの人にメッセージを発することができ、影響力も大きくなった反面、いろいろな方面に気を配らなくてはならなくなり、表現の範囲が狭められた・・・という感じですね。

JUNさんのおっしゃるように、今の世の中に限らず、世間と言うのは常に刺激を求めています。そして、新しいこと、他がやっていないことをすれば、非難されるのも世の常。
やはり問題は、おっしゃっている事なかれ主義を作り、そして、ゆとり教育に代表されるような自分の考えや信念で行動できない人を作り出した社会構造や人だと思いますね。
まぁ、そういう純粋培養で育ったような人間ばかりだと権力者も人心を操作しやすいんですけどね。

8/30「男と女・・・ヲタ違い」

☆narumiさんへ
貴重なお話ありがとうございます。
こんな偏狭にある小さなブログが、ほんの少しでもnarumiさんが楽しい生活を送るきっかけになったと思うと、ホント嬉しいです。

へぇ~そういう雰囲気なんですね。K-POPについては、ホント全く知らないといってもいいくらいのレベルなので、いったいどんな雰囲気なのか?とっても興味がありました。

たしかに彼らや彼女たちのステージを見ていると、歌、ダンス、そしてトークと言うアイドルにおける3要素が完璧なんですよね。
その中でも僕が注目しているのは、トークなんですよ。しっかりと日本語を覚えてきているじゃないですか?これが、スゴイと思うんです。しかも、しっかりと笑いを取れる。
僕は、このブログを見てもわかるように、あまり面白い文章は書けませんし、人間が他人に対して行うことで一番難しいのが、笑わせることだとも聞いたことがあります。
それを彼らは見事に実践しているのですから、たいしたものですよ。
やはり彼らは、日本に対して簡単な気持ちで来ているのではないという事が、これだけでもよくわかりますよね。

これからは、ちょっとK-POPにも注目していきたいと思います。
またいろいろと教えてくださいね。
ありがとうございました。

9/4「大握手会の思い出(ヘビロテ)」

☆takoさんへ

嬉しいですね。
こうやって握手会の楽しさを共有できる方からもコメントをいただけると。
そうなんですよ。テレビとかで見ている本人・・・っていうか、それよりも、何倍もカワイイ本人が目の前にいて、しかも握手が出来るなんていうのは、ホント感動しますよね。
実を言うと、毎回握手の瞬間はテンパっているので、話したことは覚えているんですけど、知らず知らずの内に握手の時に力が入り過ぎているんじゃないかと心配になるんですよね(汗)

倉持さんは、ホント普通にいい子でしてね。
何度行っても嫌な気分にならないんですよ。ファン一人を本当に大切にしてくれる素敵な女の子ですよ。
そうは言っても、他のメンバーがダメなのか?と言ったら、そんな事は全然なくて・・・僕も今まで何度となく握手会には参加させてもらいました。もちろんAKB48以外にも行ったことがあります。しかし、AKB48に関しては、握手をして、そのメンバーの評価が下がったと言う子が一人もいないんですよ。
みんな、僕が想像してくれた以上のリアクションをしてくれるんですよね。むしろ、こっちがそこまでしてもらって恐縮してしまうくらいなんですよね。

涙のシーソーゲーム、いいですよね。
あいかわらずAKB48のPVは凝っていて、推しとか関係なく見ているだけでも十分に楽しめる作品ですよね。
たしかに倉持さんのショットは最高でしたね。ホント、おいしいところをいただいちゃいました。
でも、やはりセンターはらぶたんですからね。ヘアースタイルの似合っていて、可愛かったですね。く~みんは、時間こそ短かったけど、いいところで写ってましたよね。数少ない全身でのソロショットを採用されたのも、く~みんの実力が買われた結果でしょう。

個人的には、はーちゃんと、すーちゃんが印象に残りましたね。
すーちゃんは、笑顔が印象的でしたけど、はーちゃんはヘアースタイルが・・・(笑)

ブログ楽しませてもらってますよ。
ホント、毎回深い考察ばかりで、読んでいて感心してしまいますよ。
あれだけ書くのに、どのくらい時間がかかるんですか?週に一回の更新でも、大変だと思うんですけど・・・。時事ネタも入っていたりして、こういう”もの言うブログ”大好きです。
これらかもよろしくお願いしますね。

|

« Beginnerだからこそ | トップページ | センターの話 »

コメントへのお返事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメントのお返事です(9月23日~10月2日+α日):

« Beginnerだからこそ | トップページ | センターの話 »