« 有吉ジャンケン特番 | トップページ | ねぇ「Beginner」って、見ちゃダメなの? »

2010年10月24日 (日)

やっぱり僕は”MADE IN JAPAN”が好き

こんな事を書いたら「このグローバルな時代において、何を言っているんだ」と言われるかもしれませんが、やはり僕は日本製品が好きなんですよね。
今、僕が、このブログを掲載するために使用しているパソコンは、自作機なので、どこの国の製品なんていう区別ができない、いわば多国籍軍みたいなパソコンになっちゃってますけど、横に置いてあるSONYのラジオは立派な純国産モデル。そして最近ブログを休載する理由の一つとなっている偏頭痛を伴う肩凝りを解消するために購入したマッサージ器は中国製ですが、しっかりと国内メーカーのものだと明記されたいます。
こんな感じで、見ていくと純粋な外国製品というのは、僕の部屋にはないようで・・・。
まぁたしかにパソコンのCPUやメモリ、マザーボードなんかは台湾とかのメーカーですけど、組み立ては僕がやったので、一応国産だということで?

まぁこんな感じで今のアイドルシーンを見てみると、やはり僕は日本のアイドルが好きというより、日本のアイドルとして育てられた女の子が好きなんですよね。
やはり、どんなに口下手でも自分の言葉で、しっかりと通じる日本語を使用して話してくれる女の子と言うのは、どんなに饒舌で美辞麗句を並べ立てても日本語を使用せず、通訳を通して話している女の子よりもぜったに好きになると思うよ。

だから僕は、AKB48とかハロプロが好きなんだと思う。
彼女達が、もし帰国子女で英語しか話さないグループだとしたら、他が全く同じでも興味を持つことはなかったと思うのです。
そして最近来日があいついでいるK-POPアイドルについても、たどたどしいけど、一生懸命”日本語”で挨拶したりしている姿を見ると、やはり親近感が沸きますし、同時に魅力的に感じますね。

こういう点から見ても、やはり”郷に入ったら郷に従え”と言うことわざがあるように、とにかく自分の考えが正しいのだと盲信していたら、どんなにステージの上で高いパフォーマンスを見せたとしても、一時的な、その場限りのファンは増えるかもしれませんが、熱狂的なファンと言うのは獲得できないと思うんですよね。
やはり人の気持ちを掴み取るためには”言葉”と言うのは最重要アイテムだと思います。

昨年AKB48は、NYで公演を行った時には、秋元才加さんが見事な英語でMCをつとめ、先日の韓国での公演では、Nなっち(佐藤夏希)が韓国語で挨拶していたり、モーニング娘。についても、今度卒業しちゃいますけど中国人メンバーを加入させたり、新垣さんが韓国語を勉強している等、この”言葉”の持つ力を重要視している事が見えますよね。

さすが、日本を代表するアイドルだけあって、他とは違うなと改めて実感しましたよ。

|

« 有吉ジャンケン特番 | トップページ | ねぇ「Beginner」って、見ちゃダメなの? »

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

 2010アジア・ソング・フェスティバルについて、ネット上では韓国・日本両国のネットウヨが、非難・中傷・誇大妄想など相変わらず無意味なコメントをあげている。
 You Tubeでポニシュシュとヘビロテと客席の様子の3種類の動画を見たところ、AKBコールやメンバー個人名の声援があったりと、物凄く盛り上がっており(さすがにMIXはなかったが)、安心した。
 実は、いいともの客なんかより、よっぽどAKBに偏見ないんじゃないの。

投稿: AKB在宅ヲタ | 2010年10月25日 (月) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり僕は”MADE IN JAPAN”が好き:

« 有吉ジャンケン特番 | トップページ | ねぇ「Beginner」って、見ちゃダメなの? »