« アナウンサーになっても完璧です!! | トップページ | AKB48の天下布武 »

2010年10月 6日 (水)

たかみな本

今更ながら、たかみな(高橋みなみ)の1stフォトブック「たかみな」を読みました。

基本的に写真集というのは、一度見たら満足してしまうので、あまり買うことはないのですが、本ブログでのコメントで勧めていただいたので、早速購入してみましたが、とってもいい内容の本でしたね。
もちろん、たかみな推しの方にとっては、どのページを開いても”たかみな”が登場するので十分過ぎるほど楽しめると思うんですけど、それこそ、違う推しの方でも、メンバーがたかみなの事のをどのように思っているのか?というアンケート結果が掲載されていたり、才加(秋元才加)ゆきりん(柏木由紀)といった各チームのキャプテンの対談、プロデューサー秋元康との対談etc.とにかく写真だけでなく、読み物としても、大変興味のある内容ばかりで、十分過ぎるほど楽しめましたね。

帯で秋元氏が書いているように「AKB48とは高橋みなみのことである」という事は、AKB48を知れば知るほど実感できることで、きっとAKB48のファンだったら、たかみなの事を嫌いなんていう人はいないと思うんですよね。

アイドルと言うか、芸能界なんていうのは、それこそ売れている時というのは、誰からもチヤホヤされて、自分の足元が見えなくなってしまうような業界だと思うんですけど、たかみなのような社会人として、責任ある立場にいる人間として、当然の常識と言うものを持っているメンバーと言うのは、とても貴重だと思うんですよね。
得てして、そういうメンバーと言うのは、グループの中でも”怒り役”となってしまい、メンバーから煙たがられて浮いてしまうものなんですけど、彼女の場合は、それがない。
この点については、やはりAKB48って言うのは、年齢こそ若いけど、精神的に大人の集団の集まりなんだと思うんですよね。

だからファンに対する姿勢と言うのも、こんなに人気が出たとしても謙虚な感じは変わらず、とにかくファンの事を大切に考え、ファンの意見や声に耳を傾けると言う気持ちが、今でも変わらず続いているんだと思います。

この本を読んで、あらためて”高橋みなみ”という女の子を知り、そしてAKB48にとって、どれだけ大切なメンバーであるかという事を実感しました。
皆さんも、もしよろしければ読んでみてくださいね。

|

« アナウンサーになっても完璧です!! | トップページ | AKB48の天下布武 »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

 煙たがられないのは、オカロが言うように背中で手本を見せてるというのも、もちろんあるが、それよりもメンバーに対する視点が鋭く理解が深いからだろう(たかみなが撮ったAKB48から)。それは本書にあるように、メンバー一人一人とたくさんコミュニケーションをとっている証拠。自分のことをわかってくれてる人は信頼するし、そんな人から叱られても反省するのが自明の理(まぁ反省せずプロフに悪口書き込んだ元研究生もいたが)。
 ただ、『AKB48が突き放してくれないと、自分のことは考えられない』と某誌で語っており、それが何とも切ない。
 それにしてもFRIDAY編集部は、ただAKBを消費し尽くしている他社と違って、選挙本といい本書といい良書ばかりで好感がもてる。

投稿: AKB在宅ヲタ | 2010年10月 7日 (木) 02時17分

管理人さんこんばんは。
本の表紙を見ると購買意欲がそそられますよね。
といいつつ私は未だに手にしていませんが…
以前から思っていましたがAKBの他のメンバーは写真集やDVDとか出しているのに、なぜ彼女だけが出していなかったのか不思議に思っていましたのでいつ出してくれるのか首を長くして待っていました。
まだ手にしていないので内容はわかりませんが早く購入したいですね。
そして改めて彼女の魅力を見て感じ取りたいと思います。

投稿: JUN | 2010年10月 7日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかみな本:

« アナウンサーになっても完璧です!! | トップページ | AKB48の天下布武 »