« 「コメントのお返事です(11月8日~11月10日)」 | トップページ | 『1、2、3、4、ヨロシク! 勝負は、これからだ』観戦記(後編) »

2010年11月28日 (日)

『1、2、3、4、ヨロシク! 勝負は、これからだ』観戦記(前編)

芸術劇場でのSKE48のコンサート 『1、2、3、4、ヨロシク! 勝負は、これからだ』に行ってきたんですけど、かなり楽しいコンサートでしたね。

オープニングからSKE48の顔とも言うべき二人・・・松井珠理奈と松井玲奈のツートップがチームキネクトとして登場して、会場も盛り上がりました。
ちなみに僕が見た席は、かなり後方だったんですけど、その分、いつものようにジャンプしたり、手を振ったりなんて事はせず、完全に野鳥の会状態でコンサート見ることが出来たので、新鮮でした。

珠理奈については、相変わらずのレベルの高さに驚きましたね。やはり、あの13歳は只者ではないですよ。とにかく、どんなに大人っぽい衣装を着ても、アメリカの子役みたいな着させられている感がない。ホント全然違和感がないんですよね。でも話をすると、ほんの少しだけ幼さを感じたりして。これが魅力ですよね。
玲奈ちゃんについては、細いね。白いね。・・・これだけ書くと、ホントもやしみたいなイメージになっちゃうんだけど、なんだろフリートークや客席へのあおりなんかを聞いていると、その端々に玲奈ちゃんの魅力の一つでもある”気の強さ”が感じられて、とってもいいなぁと感じました。

こんな感じでスタートしたコンサートですが、やはり僕の勉強不足で、まだまだ知らないメンバーも多く、見ていても「あの子、誰?」と何度も思ってしまいましたが、楽曲については「となりのばなな」や「おしめし」「Bird」といったAKB48の楽曲を歌ってくれたので、かなりついていくことができたわけですけど、本当に笑顔が素敵な女の子がいっぱいで、いいステージでしたね。

その中でも印象に残ったメンバーについて書きますね。
まず一番最初は、もちろん僕が大好きなまさにゃこと大矢真那さんです。
彼女も、とっても細くて、白くて・・・もやしみたいな子なんですけど、玲奈ちゃんと違って、言葉を発しても熱さってものを感じない。いつも涼しげな笑顔を浮かべながら、少し後方からメンバー達を見ている。なんだかSKE48のお母さんのような優しさを感じましたね。
ですが各楽曲のフォーメーションでは、彼女の立ち位置って言うのが、センターのJRに近い位置に立たせてもらうことが多く、また楽曲の途中で彼女自身がセンターに立つようなシーンもあったりして、嬉しかったですね。
まぁ僕なんてSKE48の公演を見た事がないので、普段と言うか、それこそ総選挙前の彼女の扱いみたいなものが、どんなものだったのか?全然わからないんですけど、こうやってセンターに立っている彼女の姿を見ることが出来て、かげながら応援してきて、よかったなぁと改めて感じましたね。

次はやっぱり平松可奈子ちゃんだね。
なんていうのかな?体は小さいし、そんなに目立つタイプではないんだけど、とにかく言葉を発したときの存在感って言うのは、大きいと言うか、大き過ぎるね。
もう一声聞いただけで、あっ平松さんだ!って思うもんね。
それに、あの笑顔も素敵だね。まぁ個人的には、彼女が言う「もきゅもきゅ」っていう表現と言うか、語感が好きなので・・・なんだか話が合いそうな気がするよ。

まだ他にも気になったメンバーがいたので、明日も続きを書きたいと思います。

|

« 「コメントのお返事です(11月8日~11月10日)」 | トップページ | 『1、2、3、4、ヨロシク! 勝負は、これからだ』観戦記(後編) »

AKB48」カテゴリの記事

ヲタ活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『1、2、3、4、ヨロシク! 勝負は、これからだ』観戦記(前編):

« 「コメントのお返事です(11月8日~11月10日)」 | トップページ | 『1、2、3、4、ヨロシク! 勝負は、これからだ』観戦記(後編) »