« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月 2日 (木)

ブログについて

すみません。
しばらくの間、プライベートな理由で申し訳ありませんが、今までのように更新できなくなります。
いつも読んでくださっている方はもちろんのこと、何かの縁で今回初めて、このブログをご覧になった方も、身勝手なお願いで申し訳ありませんが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

P.S.
この間のコメントについては、特に記事と関連してない内容でも書いていただければ、出来るだけ早くお返事させていただきますので、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

「コメントのお返事です(11月21日~11月24日)」

11/21「モーニング娘。の秋ツアー参戦(前編)」

JUNさんへ
3年前くらいまでなら、まだまだコンサートが楽しかった時代ですね。
僕も圭ちゃんの卒業コンサートをはじめSSAには何度も行ったし、思い出深い場所の一つですよ。圭ちゃんの卒コンでの赤サイリウムは今でも最高の思い出ですね。
SSAは敷地が広いから、集団でヲタ芸をやっている人がいると思えば、木陰で休んでいる人がいたりと、ホントバラエティに富んでましたね。

いまさらだなんて、とんでもない。
僕のほうこそ何も知らないので・・・ところでMIXに意味があるんですか?
僕的には、あの意味不明な英単語の羅列は、単なる雑音にしか聞こえないので、完全に反対派なんですけどね。
そうは言っても、このMIXも含めてAKB48のパフォーマンスなわけですから仕方ないんですけどね。

11/22「モーニング娘。の秋ツアー参戦(後編)」

AKB48ファンさんへ

大島さんが、そのような聞き方をしていたんですか。
申し訳ありませんが、知りませんでした。

でも、大島さんについては別にハナにつくことはないですね。
それは別に僕が大島さんのことが好きだからというわけではなく、根本的に違う点があるからなんですよ。
それはAKB48ファンさんが、いつからモーニング娘。を見ているのか?わかりませんけど、僕は新垣さんが加入した当時から見ているので、どうしても、当時の印象のままなんですよ。当時はたぶん12、3歳かな?そんな小さな女の子に、そういう態度で言われているようで違和感を感じるんです。一方、大島さんは、知ったのが20歳ですからね。もう自立した大人の女性という事で、そんなに違和感を感じないわけです。

11/23「僕がスマイレージを取り上げない理由」

おぉ・・・僕も同じことを思いました。あの一万枚の笑顔の写真って、何を目的にしているのか?全然わかりませんよね。
僕が、この記事を書いたときには、少しばかり反論を頂いたわけですけど、やはり今となっても、あんな企画をやったところで、何の意味があったのか?全然わかりませんね。

それこそ、モーニング娘。がデビューの際に行った5万人握手会の方が、本当に意味があることだと思いますよ。自分達を応援してくれる人の顔を見る・・・これは大切だと思うからです。
しかし、この笑顔の写真って言うのは、別にファンでなくても言い訳で・・・なんだそりゃ?って感じでしたよね。

まぁこんな感じでデビューしてきたグループですから、僕が好きになることは、たぶん無いでしょうね。

11/24「11月24日の光と影」

AKB48ファンさんへ
AKB48ファンさんの意見は、わかりませんけど、僕は、AKB48っていうグループは握手会ありきのグループだと思いますよ。
その理由としては、やはりAKB48っていうのは、握手会と言うものを実に効率的に利用しているわけです。ファンに対しては親近感を感じさせ、メンバーに対しては応援してくる人と直に接することで高いレベルのモチベーションを持続させるという二つの効用があるわけですね。
実際、AKB48だってハロプロのような戦略を取っていたら、ここまで人気が出たか?と問われたら疑問ですからね。
そりゃあ、他にもAKB48が人気が出たのには理由はありますけど、この握手会の効用というのは、現状に対して、かなり大きなウェイトをしめているのは事実だと思います。

それに、AKB48が大きな事故も無く握手会を続けていると言うのは、実は凄いことなんだと思うのです。糞運営と言われながらも、何万人も集まる握手会を成功させているわけですからね。
ハロプロだって、これだけ効果があるのだったら、きっと握手会をやりたいんだと思いますけど、諸事情で、できないのが現状だと思いますよ。

他にも、どんな批判があるのか?わかりませんけど、僕もハロプロの批判を書いてますからね。五十歩百歩ですよ。

JUNさんへ
そうだね、やはりって感じの結果になっちゃったよね。
ここまで大きな差ができてしまうと、それこそ一時は頂点を極めたモーニング娘。ですからね。相撲で言ったら横綱が負け越したのと同じようなものですから、精神的に厳しいですよね。
ホント、こういう感じで、人気の下落をいやというほど、見せ付けられてしまうと、彼女たちのモチベーションを向上させると言うか、維持するのも難しいように思えてきますね。
それでもコンサートでは、ファンの声援が見えたり聞こえたりするので、大丈夫でしょうけど、スタジオでのレッスンや、個人個人が自宅に帰った時なんかは、考えてしまうと思いますよ。

こんな状態で新メンバーを迎えて、本当に大丈夫なのか?ちょっと心配になっちゃいますね。
そして、新しいメンバーについては、どんな子が来るのか?わかりませんけど、過剰な期待を無理やり背負わされてしまいそうで、潰されてしまわないか?とても心配ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »