« アイドルがする話なんて・・・?? | トップページ | AKB48から義捐金 »

2011年3月13日 (日)

何が出来るのか・・・

東北地方太平洋沖地震が起きて3日になりますけど、M9.0の地震そのものは、もちろんのこと、津波、火事、原子力災害と次々に災害が連鎖的に起こって、僕なんかはテレビで報道を見るくらいしかできないんですけど、ホント自然に対して人間の力なんて無力だなって思います。

AKB48のメンバーの多くは、海外にいて、今回の震災にあわなかったみたいですけど、それでもやはり、家族をはじめとする関係者だけでなく、彼女たちのホームタウンである劇場は日本に存在するのですから、とても心配だったと思います。
彼女たちのブログを見れば、どの記事にも”心配”だという言葉、そして”自分たちに何ができるのか?”という言葉を見ることが出来て、ファンとしても嬉しく思います。

さて、昨日、今日と僕が注目しているのは、福島にある原発の事故なんです。
というのも、僕の暮らす町から25kmくらいのところに原発があるんですね。だから、今回の地震だけでなく事故についても他人事じゃないんですね。
昨日来、セシウムやヨウ素という放射線物質が外部に漏れ出したという報告があったり、水素爆発の発生、ついに避難途中でしたが被爆された方が現れたりと気になることばかりです。
先程も地震や津波といった自然災害については予想がつかなかったために災害が起きてしまったというのは理解できるんですけど、原子力については”こんなに大きな地震や津波が起きることは想定外だった”というのは、理由にならないと思ってます。
今までも、電力会社は原子力発電は安全だと声高らかに主張していましたが、これで安全神話も崩壊したわけです。僕は原子力発電反対派ではありませんが、そんなに安全だというのであれば、国会議事堂の横にでも原子力発電所を作ればいいんですよ。僕の好きなラグビーの聖地、秩父宮競技場を改修するならば、そこに原子力発電所を作ればいいんですよ。
今、こんな状況になって、はたして原子力発電推進派の方々は、東京23区内に原子力発電所を作ることが出来るんでしょうか?
僕は、前々から地方の沿岸に原子力発電所を作るのが疑問だったんですよね。

テレビの原子力関係の解説者の中にも、今回の原子炉の冷却に海水を使ったことで、この原子炉の今後における使用が難しくなったので、今後の電力供給が心配だというコメントをしている方がいます。
ホントがっかりですね。そんな電力供給よりも人命を守ることの方が大切じゃないんですかね。

おそらく、この震災から数日経過すれば、マスコミの多くが、政府をはじめ、多くの地震関係者を批判しはじめると思うのです。
たしかにジャーナリストの本質は大勢批判だという言葉がありますけど、結果を見て批判するなんて事は、僕でもすることが出来ます。どんなことでもリアルタイムで判断することは、本当に難しいものです。
僕は単に批判だけでなく、評価というものも同じように大きく取り上げて欲しいと思います。

ただ、原子力関係者もマスコミも、そんな偉そうな事を言いながらも、結局のところ、そんな人っていうのは、キレイな服を着て、スポットライトを浴びて、安全なところにいる人であり、批判される人っていうのは、実際に大きな被害を受けたり、寝食を惜しんで救助、復旧に尽力した方なんですよね。
その事実だけは知っていて欲しいと思います。

話が、このブログとは関係ないところに行ってしまいましたが、このブログも多くの方にご覧頂いています。
おそらく今回の被災地にも見ていただいた方がいると思います。
僕も皆さんの無事を願うと共に、何が出来るのか?考えてみたいと思います。

|

« アイドルがする話なんて・・・?? | トップページ | AKB48から義捐金 »

その他」カテゴリの記事

コメント

管理人さんこんばんは。
今回の震災私達がかつて経験したことのない状況に直面しています。
私が住む関東も当日は激しい揺れでした。私は当日室内にいたのですが、突然の大きな揺れに驚き危険を感じたため慌てて外に飛び出しました。周りの人も慌てて飛び出る人も多く走行中の車や自転車は立ち往生、住宅の屋根瓦は崩れる瞬間も見ました。実際どれぐらい揺れていたのか分かりませんが5分ぐらい揺れていたと思います。室内に戻っても停電が発生、情報を得ようとしてもテレビは付かず、駐車場に停めていた車のラジオから信じる事を受け止める事ができない様な情報が流れ何が起きたのか分からなくなりました。
停電で電気の復旧が見込めない事から仕事は打ち切り自宅に帰宅するも信号は停止、普通に走行するのもままならない状況、ようやく自宅に戻って来てまずは家族の無事を確認、自宅の周辺を確認し近所の無事を確認、しかし自宅は停電、中に入ると落ちた物が散乱していました。ラジオを流し懐中電灯を照らしながらパンやラーメンなどで食事をとってもいつ余震がくるのかわからない不安に食べた気になれず。
真っ暗な居間にいながらラジオから流れる情報を聞いていても、被害の情報に漠然と耳に入れる事しかできません。とりあえずボーッとしていても仕方ないので少し眠る事に。しかし余震や寒さでなかなか寝つけず、時よりサイレンを鳴らした緊急車両が走るなどどうなってしまうのかと不安でいっぱいでした。
ようやく寝つこうとした時急に光が、夜中1時に停電が復旧、テレビを見ると…流れる映像は管理人さんも目にしたである光景でした。結局その日は一睡もできず一夜を明かす事になりました。
翌日以降は親戚の家に行き崩れた屋根瓦を片付けに行ったりと、計画停電の為の準備をしたりと、慌ただしく過ぎた日々でした。
以上、私が遭遇した発災当日の状況でした。
私もなかなか起きた現実を受け止める事なかなかできないのですが、被災された方々の事を考えると、なんとも言えなくなります。
コメントが長くなりまた記事の異なる内容で大変申し訳ありません。
何卒ご容赦ください。

投稿: JUN | 2011年3月16日 (水) 23時12分

JUNさんへ

お返事が遅くなって、申し訳ありません。

大変怖い思いをされ、また復興に向けてご苦労をされており、改めて自分の無力さを実感しております。
僕の住んでいる地域でも、一昨年になりますが、やはり大きな地震があって、瓦が落ちたり、液状化現象が起きたりと、JUNさんがおっしゃるように、自分の目の前で起きていることが信じられないという状態でした。

ホント、文章を読むにつけ、またテレビ等の被災地の映像を見て、JUNさんが無事で何よりだったと思います。

ただ、このように恐怖の時間を過ごしたわけですが、今回の震災からも、やはり僕達は対岸の火事という考えではなく、何かを学び、今後に生かすべきだと思うのです。

JUNさんには、その実感した感触や、その後に経験したことを今後に生かして欲しいと思います。

この度は、貴重な経験を教えてくださりありがとうございました。

投稿: かめさん@管理人 | 2011年3月22日 (火) 21時40分

いや関東地方もまさかこんな強い揺れになるとは思いませんでした。相変わらず関東はこうした災害による影響に弱いなとつくづく思いました。
余震にも依然警戒しなければいけないのですがあの緊急地震速報には本当に肝を冷やします。
あとどれぐらい気を付けていれはいいのか…
そういや5日と6日にAKBがスーパーアリーナで握手会がありました。
それから数日、今度は被災された方が一時的な避難所になるとは。
まさに先のわからない世の中になってしまいました。

投稿: JUN | 2011年3月23日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何が出来るのか・・・:

« アイドルがする話なんて・・・?? | トップページ | AKB48から義捐金 »