« 「Everyday、カチューシャ」劇場版争奪戦・前夜 | トップページ | 正論が総て正しいとは限らない »

2011年4月 7日 (木)

”GIANT KILLING”を見せてくれ!

今更的なところもあるんだけど、僕がすきな漫画に「GIANT KILLING」っていうサッカー漫画があるんだけど・・・皆さん、ご存知ですか?
内容的には、タイトルにもあるように弱小サッカークラブが、一人の監督を招いたことで、変貌を遂げ、競合クラブに対して”GIANT KILLING”を起こしていくっていう話なんだけど・・・。

アイドルを応援する楽しみって言うのも、人それぞれあると思うんだけどね。
単純に自分好みの可愛い女の子を見て楽しむだとか、現場に何度も行って名前を覚えてもらうのが楽しいだとか・・・いろんな楽しみ方があると思うんだけど、僕は、この”GIANT KILLING”を見るのが好きなんだよね。
だから、僕は、こういうAKB48のような集団アイドルが好きなんだと思う。

集団アイドルって言うのは、どうしたって、その内部では競争があったり、連携があったり、友情が芽生えると思えば、嫉妬等から来る不仲も当然生まれたりする。挙句の果てには、派閥なんかも出来ちゃって・・・最後は解散なんてことも、決して無いとは言えない話。

僕は、そういう人間臭い集団の中で、それまで注目されていなかったような女の子が、ある日、何らかのキッカケで急に注目されて、スポットライトを浴びるようになる。
この瞬間がたまらなく好きなんですよ。だから基本的に、センターに立つべくして生まれたような女の子を推すことは少ないんですよ。
むしろ、縁の下の力持ち的な役割を果たしていたり、歌っていても左右の端に立って、一生懸命になって自分を表現している・・・そんな女の子が好きなんです。

こんな感じだから、最近はAKB48だったら横山由依ちゃんが、みょ~に気になるんだろうなって思う。
まぁ確かにゴリ推しっぽく見えるところもある。それは否定しないけど、とにかくインタビュー記事を読んだり、ステージの様子を見ていると、ホント一生懸命だってことが、しっかりと伝わってくる女の子だと思う。
まだまだグラビアでは、どうしたって選抜常連メンバーの方が、表情だけでなく、ポージングなんかも完璧で、思わず目を奪われがちですけど、逆に由依ちゃんは、そういうテクニックを持っていないからこそ目立っているような感じがする。
そんな感じの彼女の魅力は、やはり”純粋さ”かな?って思う。何の色にも染まらず、とにかく夢に向かって進んでいるっていうひたむきな気持ちが、前述した一生懸命さと共に見ている人に伝わるところだと思う。
やはり、どんなに努力しても伝わらない人もいるから、こういう”伝わる”って事も大きな魅力だと思うんだよね。まぁそうは言っても、逆に、そういうものが伝わらなくても、その結果”天才肌”に見えて、それが魅力になるからなぁ・・・魅力なんてものは、どんなきっかけにせよ一人の女の子を好きになって、探してみれば、たくさんあるんでしょうね。

話を由依ちゃんに戻して・・・他のグループだったら、とにかく前に出て目立とうとアピールしまくる女の子が目立つものなんだけど、こういう自然体の姿でも立派な個性として注目されるところが、AKB48のいいところだと改めて思う今日この頃でした。

|

« 「Everyday、カチューシャ」劇場版争奪戦・前夜 | トップページ | 正論が総て正しいとは限らない »

AKB48」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”GIANT KILLING”を見せてくれ!:

« 「Everyday、カチューシャ」劇場版争奪戦・前夜 | トップページ | 正論が総て正しいとは限らない »