« Diva降臨 | トップページ | そうだ!名古屋へ行こう・・・ »

2011年4月21日 (木)

ファンとアンチの話

あっちゃん(前田敦子)が6月にソロデビューする?とか、今年のa-nationにAKB48が出演するとか、ホントAKB48っていうグループは、話題が尽きませんね。
さらに今夜から、AKB48のゴールデンタイムレギュラー番組「なるほどハイスクール」も満を持してのスタートでしたね。

こんな感じで、テレビの露出や、本人たちが登場していなくても話題が毎日ように上がっていると、どうしてもアンチが増えてくるんですよね。
やはり、本当に好きならば、毎日だろうが、ずーっとAKB48の話題を聞いていたいくらいなんでしょうけど、そんなに興味がないだとか、そもそもアイドルが嫌いなんていっているような人から見たら、こういう状態は、それまで嫌いでなかったとしても、嫌いになってしまう環境なんですよね。

どうなんでしょう?
今やAKB48に限らず、SKE48やSDN48も、オリコンにおけるランキングで、ベスト5にランクインするだけでなく、たとえ1日でもデイリーで1位を獲得できるような人気グループとなったことで、ますます、前述したような風潮は助長されていくように思いますね。

以前は、アルファベット3文字と”48”という数字の組み合わせで作られたアイドルらしくない記号のようなグループ名が、とっても斬新で、かっこよく見えたものですが、最近は、グループ名に限らず、いろいろな集団において、このような組み合わせで表記されることが多くなってしまい、以前ほどクールに感じなくなってしまったのは事実。
以前モーニング娘。が大活躍していた頃は、それこそ最後に「娘。」をつけた表記が増えたのと一緒の現象ですね。

それでも、AKB48、モーニング娘。共に、そういう表記ブームの発生源ですから、それなりの存在感というものは維持できていると思うんですが、日本人って言うのは、ホントに熱しやすく、冷めやすい民族ですから、常に刺激を与えていかないといけないんですけど、AKB48は、総選挙をやったり、ジャンケン選抜をやったりと、とにかくファンをの目をAKB48から外させないようにして、身内の如く囲い込んでしまう作戦が上手くいっているように思います。
ただ、総選挙については、何度やったとしても、それなりの緊張感のあるイベントなので、飽きることはないと思うんですけど、その他のジャンケン選抜や秋祭りとかは、二度目ともなれば、やはり刺激が弱くなると思うので、新たな一手というものに期待したいですね。

|

« Diva降臨 | トップページ | そうだ!名古屋へ行こう・・・ »

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

管理人さんこんばんは。
あっちゃんってソロデビューするのですか?
もしそうだとしたら非常に楽しみですね。
AKBもいろいろ話題を提供してくれてファンだけじゃなくいろんな人を喜ばせてくれていますよね。
でも、やはりと言うか当然と言うかアンチとは無縁ではない訳でもありますね。AKBのシングルがミリオン達成した時もそうだし、義援金寄付の時や握手会など何かに付けては批判しているんですよね。
そんなに彼女達の事が気に入らないのならば話題を見たり聞いたりしなきゃいいのにと思うんですよね。
でも、何か言わないと気が済まないのから仕方ないのかなとも思いますけどね。こんな想いを抱いていますけど私もハロプロに関しては厳しい事をここで書いている以上管理人さんをはじめいろんな人にお前だってハロプロアンチだろと言われても仕方ない立場なんですけどね。
なるハイ見ました。私は録画して見ました。メンバーひとりひとりがいきいきとしていて楽しかったです。まだ一回目ですけど長く続けてほしいと思う一方、以前にも書きましたが私があまり好きではないMCや共演しているお笑いコンビの色に彼女達が絶対染まってほしくないという強い想いが交差した記念すべき第一回目の放送を見た感想でした。

投稿: JUN | 2011年4月22日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンとアンチの話:

« Diva降臨 | トップページ | そうだ!名古屋へ行こう・・・ »