« AKB48の人気の秘密 Vol.10 | トップページ | 夢の階段の上り方 »

2011年5月 7日 (土)

絶好調AKB48を見て、ふと・・・

AKB48は、マスメディアに多く露出する選抜メンバーを作るために、多くの女の子を犠牲にしています。オーディションを受け、研究生としてのセレクションを突破し、さらに活動を認めてもらい正規メンバー、そしてファンからの人気を得て選抜に入る。言葉だけ見れば、研究生となった時点でAKB48のメンバーと言えるんですけど、世間一般から見た場合は、やはり選抜メンバー入りしなければ認められないんですよね。

だから、そのような選抜メンバーが一人選ばれる裏には、多くの敗北して夢を捨てた名もなき女の子が数多く存在するのは事実です。

さらに僕なんかはズルイ人間だから、他人が苦労をしていても、自分は楽をしたいと思っている。
おそらく、このブログを読んでくれている人の多くも、この意見に同意してくれると思うんだけど・・・。

こういう気持ちが多くの人の根底にあるからこそ、AKB48っていうのは、楽しいのだと思う。
前々から書いているように、AKB48っていうのは、とにかく個人であり、チームであり、ユニットであり、事務所であり、そしてAKB48そのものでも、日夜競争が行われており、勝ち残った人だけがスポットライトを浴びているようなグループです。
こんな過酷な状態に自分が放り込まれたら大変なことですが、他人が苦労するのを見たり、その様子を見て応援するのは、とっても気持ちがいいものなんですよね。

なぜなら、僕らは、そういうった環境で磨きぬかれた、選び抜かれた果実だけを愛でていればよく、例え彼女たちが、失敗したり、負けてしまったとしても、応援しているだけならば、まったくの実害がないんですからね。

もちろん応援している人が勝てば最高ですけど、例え負けても、自分というものが負けたのではないし、もし勝ちたければ、応援する人を変えればいい・・・それだけのことですからね。

僕のようなローリスクローリターンな生活を送っている大多数の人たちが、応援をしたりすることによってハイリスクハイリターンな生活をしている人の気持ちのほんの一部だけ享受する。
これだけでも、こんなに楽しいのですから、当の本人達の楽しさというのは、いかばかりなものでしょう?ホント想像がつきませんよね。

しかし楽しんでばかりいるのではなく、時には夢半ばで諦めた女の子の気持ちにも気持ちを寄せてみるのも必要なのかもしれませんね。

|

« AKB48の人気の秘密 Vol.10 | トップページ | 夢の階段の上り方 »

AKB48」カテゴリの記事

アイドル論」カテゴリの記事

コメント

管理人さんこんばんは。
そうですよね。彼女達は常にそうした戦いを日々繰り広げているのですよね。
オーディションに合格したはいいものの、そこから本当の厳しさが待っているから、本当にシビアな世界だなと思いますよ。
研究生のなかには様々な事情でやむなく現場から去ってしまう女の子も中にはいると思います。そんな子の姿を見て残った彼女達は果たしてどう思うのですかね。でも少なくとも自分の夢を叶える為にも日々必死になっているのですから、決して後ろは振り返らないとは思います。
今度正式メンバーに昇格する研究生メンバーをテレビで見る機会も増えました。そんな彼女達を見て私は絶対に大きくなるメンバーだなとそう期待しています。夢半ばで去ってしまった彼女達の為にもそしてAKBのメンバーになりたいと思っている女の子の為にも、是非AKBを更に大きくしてくれる原動力になって欲しいと切に願います。

投稿: JUN | 2011年5月 8日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶好調AKB48を見て、ふと・・・:

« AKB48の人気の秘密 Vol.10 | トップページ | 夢の階段の上り方 »